アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

IMG_20200727_123111


こうして欲しいなって伝えても

彼にその価値観がなければ

出来ないこともあるし


やってみようとしても


まずその別の価値観を


飲み込むのに時間もかかる。



そう、


メジロ君との体の関係のことです 



これはとても難しい。




こういう風に気持ちよくなりたい。

そう伝えても

彼にはなかなか理解が出来ない。

当たり前なんだけどね。




こういう時、つい相手を

コントロールをしがちになってしまう。




私は昨日、危うく彼に対して


セックスの時に


こうしてくれたら

ああしてくれたら



それを押し付けようとするところでした。



要望だけ伝えて


あとはゆっくり待つか


それが

叶えられないこともあることを受容して



彼に何とかしてもらうのではなく


自分で気持ちよさを追求していくか



そのどちらかでしかないんですよね。





だって、


彼は奴隷じゃないもん(笑)




意志と

価値観を持った一人の人間です。





これは


セックスだけの話に限らず


人それぞれに

生活様式や好みがあり


得意、不得意もあり




人それぞれに

「これが普通」があります。




付き合いが長くなってくると



それを自分のやり方でやってほしいとか


普通はこうでしょ?とかになりがち。


耳が痛いですね…






自分だって


相手に合わせられないこともあるんだから


相手だって同じですよね。




その気持ちを忘れずにいたいなって

昨日は一緒にいて思いました。





だってこんなに大好きだから。

(まあ大好きだからこそ
こうして欲しいが発動したりもするんだけどね)





大好きな彼を尊重することは


きっと自分を大切にすることでもある。








メジロ君はそれでも



彼なりにやってみようとしてくれる。


不器用ながらも


その気持ちに応えようとしてくれる。



その「ある」に気づけることが大切で


彼を認めることにもなる。




とはいえ



昨日はトロトロに甘く過ごせたと思います



彼とずっとキスとハグをしていた。





少し痩せた彼の体は


腕を回したときに細くなったなって


ちょっと寂しく感じたけれど




その分、私は肥えています💧


彼はずっと私の脇腹のお肉とか


わー♡っていいながら触ってましたもん。




そこしか触ってくれないぐらいでしたもん

→さすがにそこばかり触るのはやめてって

言いましたよ





でも、これ、私が悪いんですけどね(笑)



出会った頃より太ったから

完全に気のゆるみです。




「以前はこのお肉なかったな~って


でも俺、


これも大好きだな~」って嬉々として触る。




「じゃ私が痩せたら

もっとムードアップしてくれる?」



そう聞いたら



「え~~?

このお肉が無くなるのは寂しい。」




彼は真顔で言います




もしかしてこれって幸せなのかな?(笑)





彼といると何でも美味しく感じて



食べてる笑顔が大好きって言われると


ますます喜んで食べて…。





本気で痩せようとしないのは



私もこれでいいって思っているからだね。




でも女としては



まだギリギリ華のうちに



今一度ナイスバディになりたい!





(そういって1年たつなぁ…。)




少しずつはね、


これ以上太らないようには気を付けているけど




fiftyになって


痩せにくくなったな~とは感じてます。




元々太りやすいものが好きだし


若い頃からぽっちゃりではあるし。





ちょっとずつ頑張ってみます。




いい女でいることは


自分のためでもあるもんね。





メジロ君は気にしてない様子ですが



自分がやっぱり気になるもん。




それにしても



私が太ろうが何しようが



そのままを受け止めて



彼は変わらぬ気持ちでいてくれるのは



本当に嬉しい。






それは彼は外見などではなく




私という本質と



中身を見ている人だということも分かる。



真に優しい男だ、メジロ君は。

パートナーもそうですね。





ますます惚れる







私はどうかな?



彼が太っても


貧乏になっても


気持ちは変わらないのかな?



でもちょっと自信がないなぁ(笑)
→ヒドイけど正直な気持ちでもある。






んー…



先ずそんなことにならないから

分からない。


そうなったときに考えよう。





価値観て簡単には変わらないけど



何かのきっかけで



180度変えられることもある。



人の心が作っているものは



そうやっていつでも



本来は柔軟に変えられる。




変えようとしない自分がいるだけだ。




















これからデートです。

晴れてきました☀



あれから


お鮨屋さん予約取れたって


連絡が来て



今日は私が大好きなお鮨♡






このデートの前のひとときって


何年経っても良いなぁ❤





彼と待ち合わせ場所を確認し合う。


彼に渡す手料理を作る。


身じたくを念入りにする。



その幸せなひととき。



彼という人が



私の付き合い方に合っているからこそ



成り立つ関係。







私が尊敬する小野美世さんのブログで


『枠のある恋愛』という


記事で書かれているのを読んで


私は相手に恵まれていることに


改めて気付かされた。






勝手ながら引用させてもらうと



自分は家庭がある。
自分の家庭は守りたい。
自分の家庭を壊そうとしない人がいい。
でもドキドキはほしい。
こっちのことを好きでいてほしい。


自分勝手に設定したこの枠からはみ出ない相手を選ぶか、自分がこの枠外に出るかという選択を迫られるときがあります。
※小野美世さんのブログより抜粋引用




家庭というところは

事実婚の私とは少し違うかもしれないけど

一緒に住んでいるのでほぼ当てはまる。





そっかぁなるほどね。


独身の彼は


既婚の女性と付き合ってる内に



当然心の変化が生じることもある。




それは




独占欲というものかもしれないし


虚しさかもしれないし。




それがギクシャクの原因にもなり


突然の別れにもなると



美世さんはつづっていらっしゃる。






メジロ君は


そうした要素が殆どない、



私と一緒にいることを楽しめてる人。




まさに、


小野美世さんの記事に書いてあるような



そのこちらの勝手な枠を


はみ出さない相手に


私は奇跡的にも出会えているんだな。





そして


私もそれ以上の発展を望まずに


枠のある恋愛を楽しめてる人。






神さまの組合わせはスゲー(笑)





何もかもが



ピタッとパズルのようにハマる相手。





奇跡だなと感じる。






私を喜ばせようとしてくれて



私のそのままを全て受け止めて


愛してくれる。




そんな彼に


何をしてあげたら喜ぶかな。




自然とそうした



感謝の気持ちがわいてくる。





ありがたい気持ちになる。






私は小野美世さんのブログから


インスパイアを受ける事も多く


過去に救われたことも多く



本当に為になるブログですので


興味ある方は読んでみてほしい。





当然、私なんかより



キチンとした

元心屋系カウンセラーなので

ホンスジを極めてる方です。




私はお会いしたことも


相談したこともないですが



真理をついてる方だなと思う。




ただね


小野美世さんの記事を読み進めると


あるような依存恋愛とは違い、




私はこの恋愛は


依存でもなく共依存でもない


ただ出会い、好きになったことです。





それは自分が一番知ってるので


この関係にブレたり、


不安になったりもしない。



罪悪感などもない。




※美世さんはそれをも否定なさらないし

自分が楽しむことが出来てるなら

それが一番良いと仰るスゴい人ですが









私はリアルに恋愛をしてるぶん



感じることは



現場のナマの感覚なのて



それはそれで



どなたかのヒントになってると


思うの。







ただ常識はずれの恋愛をしてる


素人の私と



プロの美世さんとを


比較することでもないですけどね(笑)


足下にも及ばないので。









今日はどんなデートになるかな。


いずれにしても



自分が楽しむことと


彼をどんな風に喜ばせようかを



念頭に置いて会いたいな。





好かれるための私でもなく


嫌われないように振る舞う私でもなく


(それは結局、

自分のことしか考えてない人が

やる行為。)





私が楽しみ、そして彼を楽しませる。



そんなデートなら



大満足になるだろうなと思うから。





では


トキメキながら支度を始めます♡




















































↑このページのトップヘ