アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常



てなわけで、

出戻りブログの開始です(笑)





メジロ君との出会いは


私には奇跡だったし、


今も恋心は全然衰えないどころか


会うたびに恋に落ちる。




彼の顔も身体もタイプなのもあるけど



一緒にいると自分が自分のことを

好きになるんだよね。



彼といるときの自分が大好き(笑)




間違いなく一番キレイでいると思うし



キラキラしちゃってると思うし✨



自分が輝いているのが分かるんだ。




彼の持ち前の

天真爛漫な社交性と明るさは



私の奥底に隠れいている明るさをも

引き出す。




良い意味で引きずられていく。




数年たっても引き出される。



彼の魅力は底知れない。


てことは


私の中にある魅力も底知れない(かも)






彼といるときの私は


何でもできちゃう気にもなる。




これぞ恋のパワーだね。






パートナーといるときの私は


素の自分で



何も飾らない、そのまんまです。

ただ生きている、

その価値そのまんまの私。




それを引き出してくれるのが


パートナーです。






なので二人とも


私には奇跡の出会い。





二人とも必要な存在。



私がどんな人間かを教えてくれる。



自分では分からない部分。





多分、「自分」って


自分で全部分からないよね。




自分はこうであると思っていることは


両親からもらった価値観だったり



本当の自分て



自分だけでは分からないようになっている。



相手がいて初めて知ったりする。







好き、嫌い、いやだ、心地いい



それさえも


親からもらった価値観も知れない。






でも本当に好きな人と出会ったときは


自分の中に眠っている


本当の自分が現れるんだよね。






それも


ものすごく無防備に。



飾ることも


飾らないことも



みんなまるっと出てきてしまう。





それは誰かに与えられた価値観ではなく


本来持っている自分の中から


何かのサインが出てるから。




だから恋は理屈じゃない。

きっと価値観も吹っ飛ぶ。







彼に抱きしめられているとき


気持ちがふわーっとする。



空気が変わる。


時が止まるような気がする。






本来持っている「自分」が


サインを出しているのが分かる。




この人が好きだなって


全身全霊、全細胞で感じる。





肉体と肉体が触れ合うだけなのに



こんな気持ちになるのは



自分では分からない


本来の自分からのサインだから。




本来の自分に会える貴重な瞬間。





これから先



こんな気持ちになる人と何人出会うだろう?





自分を呼び覚ます奇跡の存在。



それはきっと多くはない。



この世のどこかに

存在しているかもしれないが



その存在と出会うことが


またものすごい奇跡。





同じ時代に生まれて


この日本に生まれて


何かのタイミングが一つでも合わなければ


決して出会わない。




自分という人間は


世界に一人しかいないのに



その自分を呼び覚ます存在。





こう考えると



私は奇跡の二人と出会っていることに



途方もない感謝が湧いてきます。











くだらないことで腹を立てたり


自分の思い通りにならないことで

相手を恨んだり責めたりなんて


それこそ



その奇跡を自ら無駄にしていることになる。




大切にしたいって気持ちが

自然に湧くよね。






ま、腹が立つことはあるけど(笑)



でも


その奇跡を簡単に手放すことはしたくない。




全細胞で彼を感じる。



命が尽きるまで



感じていきたいなと思うわ。

















































 



ライブドアの方から

noteへ移行してから3か月ぐらいですが、



こちらに

まだ読者登録してくださっている方が

結構いらして


ビックリ&ありがたいですね。

単にそのまま登録して解除し忘れてる方が

たくさんいらっしゃるだけかも


知れませんが





noteはね、

何か仕事的なことを視野に入れて


始めたブログでしたが


なんか思ったよりも


有料記事を書く気にならなかったし






かといって、

自分では良い記事をいくら書いても


サポート料がもらえるわけでもなく(笑)






それを気にするのも嫌だし



だったら


最初からそんな機能がない方がいい。



本気で有料をやる気になれなかった

自分もいる。






noteは画像も入れられて


キレイで書きやすいんだけど




「スキ♡」とか

なんか仕組みが


あんまり好きになれなくてねぇ。






明らかに

こちらの記事を読んでいないのに


ご自身の記事の宣伝のために


「スキ♡」を残していく人もいるしね。






それを否定はしない。



そういう仕組みなんだろうし


それで食べていこうとしている方は


アクセス数を

伸ばしたいとかも分かるからね。





でも


どうも私にはなんかしっくりこない。





使ってみてわかったんだけどね。




何でもトライ&エラーだから

それはそれで経験になったから良い。





ここ(ライブドア)は、


アナログ的な匂いもまだ残っていて


何より自分のことが集中して書けるし




その余計な

「スキ」などの機能がないから





noteでの

他人の承認欲競争に

巻き込まれることもなく




ノビノビと自由に

書ける場所だったんだなぁと





これも

改めて離れてみて分かったんだよね。






何事も体験しないと分からないもんです。



体験して


やっぱり合うとか合わないとか


それを自由に決めていいし



こうして戻ってきて


また書いたってなんの問題もない。

誰に迷惑でもない。




なので特にあちらで告知もせず



こちらにひっそりと出戻って


ここで記事をまた再開しようかなと。




当たり前ですが

タイトルがnoteと酷似しているので



グーグルのCEO的な問題があるのか知らんし


こちらのアクセス数も以前のように

復活しないだろうけど





なんかひっそりコツコツと

自由にストレスなく書いてみたくなった。



理由なんてなくて

ただそれだけです♡



読んでくださる人がいてくれるのは


励みになりとても嬉しいことだけど





他人との承認欲求の競争は


あまり本意ではなくて。





ブログを公にしていることは


誰かに読んでもらいたい気持ちが


あるからだけど



貢献に近いものがある。




誰かのヒントになったり



背中を押すものであったりしてくれたらと



そういう思いが強い。






このブログは


儲けられないようになっているので(笑)






完全無償で割り切ることもできるから



自分らしさをより出せる場所だよね。







裏ブログ、出戻りブログとして



人知れず?自己満足で書いていきます。




そうは言っても


天邪鬼な私のことなので



気分次第でnoteに戻ったり


いつか

有料記事したくなったりするかも

しれないので



あちらはあちらでまた残しておきます。





あちらでも告知はしないので


必要が無くなり

離れる人は離れてくださっても良い。



フォロワーさん、本当にごめんなさい。








私はまたコツコツと始めて



そのうち新たにここで


読んでくださる方が現れたら



とてもステキだなって思います。





知る人ぞ知るでいいよね(笑)


























































 

↑このページのトップヘ