アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常


IMG_20200831_124709




最近は



誘導瞑想のおかげで




穏やか~モードになってて




すいません、



ブログ滞ってます(笑)





そりゃ生きてれば



色々あったりもするけど



例え何があっても



すぐに平常心に戻れている。




こんなツールを


手に入れてしまったので




恋愛ブログだけど


恋愛だけの話では


なくなってきてる(笑)










もちろんメジロ君のこと、



愛してます。



もうそれ以上でも以下でもない。






昨日はデートで



相変わらず楽しいときを過ごした。






私は今、


瞑想を通じて


自分と繋がる作業が楽しくて




自分の中にある封印した想いを



出してあげているので






メジロ君にも



気持ちをどんどんしてる。





それは



もっと早くから会いたいなとか



帰りたくないなとか



本当は泊まりたいのとか



土曜に会いたいよとか



メジロ君のおうちに行きたいとか



私の都合でも会いたいとか





今まで



分かっていながらも



どんどん口に出すことを



どこかで躊躇っていた言葉たち。





メジロ君に直球で伝えたから


彼も少し戸惑いぎみのように


見えたけど




それは私の大切な



どこかで封印していた想いだから



彼も戸惑って当たり前。




困らせたくて言ってるんじゃない。




それは彼にも伝えて



その上で彼も



彼なりに考えているみたい。







自分と繋がるとね



他人とも繋がる。



逆に


自分と繋がらないと


他人とも繋がれない。







封印した想いのその先の先に



こんな目先の



リクエストなんかではない、




本当の想いが実は隠れている。





それを掘り出すためには




目先のリクエストも


目先の気持ちも



どんどん表に出さないと




出てこないんだ。




---------------------------




彼もまた過渡期にいるので




相続と仕事と色んな悩みがあるようで。




悩みなんてものは



自分の思い通りにならないことを



思い通りにしたいことで生じる。




だから




その思い通りにしたい気持ちを




どこかで方向転換すれば良い。






その転換方法はヒトそれぞれだ。




彼は目の前のことをこなしながら




少しずつ舵取りをして



方向転換を今している最中。





だから私は



いま、



上手くいってないように見えることも



上から見たら



上手くいってる途中だよ。



とだけ彼にも言って




あとは



これで良かったねってなる日を待つ。





愛する人が悩むことは


見てて辛いときもあるけど



誰にとっても必要なことだし




悩ませてあげることで


彼は学べる。




彼の悩みを



私がムリに取り除かなくても



彼は大丈夫。



そう信じている。


----------       



ここでちょっと俗的な話(笑)



昨日の彼とのセックスは



前回ほどじゃなかったけど

(あれはベスト3に入る
セックスだったからね)



行為としては

とても気持ち良かった。






でももう少し


二人の気持ちが


乗ってればなお良かったかな。




彼が疲れているのが伝わって




昨日の私はどこか遠慮してた。




それでも彼なりに


応えてくれていた。




そういう日もある。




毎回違うのが生きてる証。




なんとなく今日は違うなと思っても



それは今日しか味わえない感覚なので



それで正解。





過去とは一切繋がれないし


比較も出来ない。





その日、その日の


私のコンディションと


彼のコンディションは違うし



違ったままで良いし




それがその日の正解なのだ。





これも瞑想に通じるものがあるわ。




恋愛という俗的な話と


瞑想という次元の違う話だけど



愛が全てに絡んでくる。



そこは共通してますね。






さて



ではこれから

誘導瞑想の時間です✨




自分と繋がりに行ってきまーす♡
















































































今朝、

彼にメールを出しました。



この酷暑の中で


毎日働き


その一生懸命働いた尊いお金で


毎回私に美味しいものを


ご馳走してくれることへの感謝と





私という人間と


寄り添い、関り、


付き合ってくれてありがとうって


気持ちを伝えたくなった。




そして


メジロ君は


私に愛されてますよって。





書いていて


目頭が自然とうるっとする。






私の心からの言葉に



自分自身が触れて感涙する。





こういうとき


必ず伝えるようにしてます。




だって



心から自然に沸いてきた感謝だから。




自然に伝えたくなる。





彼と一緒に過ごせることが



とても嬉しい。





それが叶っている幸せを



私は余すことなく受けとります。




感謝と共に。




それは


パートナーにも言えることです。




二人に感謝してます。




爽やかで穏やかな

彼らがいてくれることは



私の人生に幸福をもたらしてくれる。



自分一人だけでは



味わえない幸福感。




彼らが寄り添ってくれることは



何よりも幸福なのだ。




外部で何が起ころうと




私は自分の居場所で


自分でいられて


笑って生きていける。





大切な存在に


いてくれてありがとうって



気持ちになります。




私は彼らに

何をしてあげられるかな?



どんなことで

喜んでもらおうかな?





彼らに寄り添い、関り、


愛を差し出していくことを



これからも意識していきたいです。




今日は感謝デーだ(笑)




🍃🍃🍃





メジロ君の前でこの前



無意識にガリガリと

ハイボールの氷をかじってたら






『氷、ガリガリ噛まない(笑)』




そう突っ込まれて



なんか恥ずかしくなった💦




私、無意識に


氷をガリガリかじるクセがある。




全部氷を食べないと気が済まない(笑)





メジロ君が続けて



『なんか、

氷をガリガリするイメージが

なかったから、なんか新鮮。

新しいシロハトちゃんを知れたよ。』





『え、

氷をガリガリするイメージがないって

どういうこと?』




『出会った頃とか

上品なおとなしいお姉さんて

イメージだったから…』




『😲





固まってたら




『でも

今のシロハトちゃんの方が

俺、好き。


ガリガリしてる時の素の顔が

なんか、良いよ(笑)』





そう言って



私を見てクスクス笑う彼の目と


口調に



愛情がこもってて




なんかドキドキしちゃった。






メジロ君の前では


上品でキレイでいたいし


ボロを出さないようにしてるつもりだけど





ボロ、出てますわ、無意識に。





そしてそのボロの部分が



なぜか愛されている。





男の人って



彼女の無防備なところに



けっこう目がいってるんだね。





何か知らんけど



氷ガリガリしてるところが



ツボらしいので



良かった(笑)




そんな感じで



私は素を少しずつ



さらしていられることに



またもや感謝です。























































↑このページのトップヘ