アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

恋愛コメントはこちらへ(閉鎖中)
http://lifestillgoeson.net/archives/12383411.html

もー、揺らさないで…💧



メジロ君のお母さんが亡くなって


まだ7日目。



お葬式は今日らしい。



元気になるまではデートはお預け。



無期限のお預けです。



いつ彼が元気になって




私としっぽり



飲みに行く気分になれるかなんて



彼にも分からないから当然ですけどね。




コントロールもムリだし。



私ならすぐ行っちゃうけど



彼は私ではないので仕方ない。




男性にとっての母親は絶対で



最初から私には敵わない。




元気になっても




会社やめて


エネルギー充電の旅に出るかも知れないし




もう会えるのはいつになるかなんて




想像すらつきません。





なので


そっとしておくためにも



メールをこちらから止めてる…




のにっ!😣




いちいち告別式の様子など




彼から普通にメールが来るのよ…💧





私はその度にゆれる。




メールが来るたび




寂しい、会いたいって言いたくなる。




なのでちょっと何日か置いて




気持ちを整えてから


返事をしようとする間に





また次のおかわりメールが来る💧





もう…何の修行?




彼は多分、


私に話すことで気持ちの整理をしてる。




裏を返せば



それだけ信用してくれてるわけだし




本音や弱さを言える存在だと

思ってくれてる。




それはとても嬉しいけど




ずっとお母さんのことが書いてあって




私への言葉はなくて



会いたいとも寂しいとも書いてなくて





お母さんを亡くして1週間なので



当たり前ではあるんだけど



それを受け止めてあげたいし



寄り添う気持ちでいるけど




一言も私への想いが書いてないのも



ちょっと寂しくなる。





私の入る余地はなし。




でも彼の報告は来るという修行(^-^(^-^;





でも寄り添ってますよ、私なりにね。



この私がめちゃ抑えてますよ。




私にも人を思いやれる心があったんだって


気付かせてくれる。




昨日のおかわりメールには




思わず寂しい気持ちを書いてしまった。




エネルギー無くなりそうな位に

寂しいですってね。



でも今は遠くから見守ります。




そう書いた。




思わず書いた。




でも押し付けがましくないようにした。





彼も人間で常に揺れているのなら




私も人間で常に揺れても良いと思う。




そんな風に思った。




自分でルールを決めて




なるべくそっとしておくことはやり遂げる。




でも時々揺れてしまうのは仕方ないよ。




メールが来るんだもん💧





でも寂しいって書いて




彼から返事がなくても


それに対してはスルーでも



私はそれを受け止める。




無期限に会えなくても




生きていく。



その間私が諦めてしまうなら




それはそれで仕方ないの。






既に少し気持ち的には



手放しに入ってます。




いきなりは無理だから




少しずつ手放すイメージで。





彼を自由にすることが愛だと思うから。





彼がどうしたいかを受け止める。


その上で



私なりの答えを出そうと思います。




きっと無期限には待てない。



自分の中のリミットがあると思う。




それはまだ分からないけど。




彼からどんなことを言ってくるかの




想像がつかないからね。





その時にその都度考えます。



今は苦しい修行だけど




乗り越えていきます。




その先にはきっと




どんなことであれ




やりきった感があるだろうな。





絶賛修行中です。



















見つめる、怖くなる、そして動く。



今日は自分の気持ちを覗いてみてる。




彼の答えや気持ちばかり気にしていて



自分の気持ちが疎かです。



かたや

メジロ君はいつでも自分が軸です。




悔しいほどにね。




私のことよりも先ず自分の気持ちに素直。



でも自分を大切にしてるってことだ。





私は…



優しいパートナーがいるのに



なんでメジロ君と一緒にいたいのだろう?





刺激が欲しいのかな?


退屈しのぎ?



それも一理あるのかもしれない。



彼といるとキラキラする。



その恍惚感が忘れられないのかも。




私の欲しいもの



ゴージャスな食事や



旅行や



甘い時間をくれるから?




彼の身体が好みだから?




温もりをくれるから?




きゅんとした切なさをくれるから?




じゃあメジロ君じゃなくても良いの?




もし新たに自分の好みの男性が現れて



全てをくれるとしたら?




もしメジロ君が私の欲しいものを



くれなくなったとしたら?





🍃🍃





自分の心を深く見つめると



すんごい怖い、めちゃ怖い。




もしかしたら



私はメジロ君のハード面が好きなのかも?




一人になりたくないから好きなの?



気付きたくないのに



当てはまってしまう気がして。




そんなとき



彼と一緒に歩いてるところを




ふと思い出した。




手を繋いでゆっくりと話ながら。



空を見たり、街を見たり、




キレイな桜を見て感動したり。




誰もいないところで




抱き合って、キスをする。




彼が笑って、私も笑う。




寂しいって言えば、



大丈夫だよって抱き寄せてくれる。




いつでも私を見てくれていた。




あんなに忙しい中でも



必ず会いに来てくれた。




でもそれ以上の深さにはなれなくて




彼は誰のものでもなくて





いつか去ってしまうような軽やかさが怖くて




これ以上深く愛したら



傷付くのが怖くて




どこかでブレーキをかけてきた。





だから彼の周りに変化が起きていることが




私から彼を奪っていくようで




それが不安で怖いんだなと思う。




これは私が勝手に想像していること。




でもそうなってしまいそうで




不安がぬぐえない。




そうなるとしか思えてない。




なんでだろうね。




なんでそんなに自信がないんだろうね。




私なんて愛されるわけがない



大切にされないとどこかで思ってる。





彼の愛もどこかで信じられてない。




あんなに見せてくれてるのに



まだ足りないの?



それはなんでなんだろう?



自分の欲しい愛の形じゃないから



それが手にはいるまで不安なのだとしたら





私は人を愛せてないことになる。




それほどに



愛して欲しい



大切にして欲しいのは



自分のこと愛せてないのかな。





そろそろ



私から愛する。



私から大切にする。




たとえ貰えなくても。




これが課題なのかもしれない。




しかし



能動的に愛するって




なんて難しいのだろう!




愛犬には見返りなく



無償の愛をあげられるのに。




愛するってなんだろう?




考えれば考えるほど分からない。




愛して欲しいが当たり前だった私が





本当に人を愛せるのかな。




以前は愛するをどこかで勘違いしてた。




自分の都合の良いように愛していた。




コントロールをするように愛する。





それしか知らなかった。




今もよく分からないよ。






メジロ君は



私のそのまんまを許す。



変化も全て受け入れてくれる。




自分の都合じゃなく



私のことを考えて自由にする。



いつでも自由にする。




きっとそれが愛するってことかな。




彼は愛して欲しいとは言わない




大切にして欲しいとも言わない。




愛してるよ。



大切にするよ。


そう自分の意思を言う。




なんか掴めそうでまだ掴めない。








そんな彼の愛のように




どんな彼もそのまんまを許し



私の都合ではなく




彼のことをいつでも自由にする。





それが愛するってことなのなら





わー、簡単には出来ない(笑)





私なら



何とかしたくなってしまうよ。


何とか出来ると思ってしまうよ。



怖くて手離せなくて


しがみついてしまうよ。




自分のことしか考えられないよ。







彼の愛はなんて大きいんだろう。




到底真似はできない。




彼は…



自分を自由にしてくれることに



愛を感じるヒト。




私が一番出来ない課題を突きつける。




さすが出会う恋人は神なわけだ(笑)





一気には出来ないよ。




でも少しなら。




こうして今は彼をそっとしておいて



自分の寂しさを抑えて



彼を放っておくことを試みてる。




なんの修行だよと思いながらも。




元々彼は自由に愛を感じるのだから




こうしてメールをせずに


そっとしておいてることが




彼には心地よく、




彼はその考えで生きているヒトだから




私も放っておかれることが




心地よく思ってると信じてる。




私の寂しさには全く気付かないだろう。




だから




私がメールや連絡ストップしても



安心して生活しているので




彼にはなんの打撃にもならない。




打撃になるのはむしろ私の方。





愛する。とは




自分の都合どおりに相手を動かさないこと。




幼稚な私には最も出来ない課題。



でも少しずつ



学んでみたい。





その先を見てみたい。





きっとその為に彼と出会い、


今、試されるときが来ているんだろうな。






この変化を怖いままで飲めるか?




飲まなければきっと進まない。



そんなステージにまで来てるのかな。




それにしても



次にいつ会えるのか分からないままって



こんなにも私には不安なんだな。



彼には怖くなくても


私には最も怖くて




彼のタイミングで会うことが決まるのも



それをただ待つだけなのも



とても私には苦しい。





ましてや彼と私の時間軸は違いすぎるし




いったいいつ会えるのかな?



数週間?

数ヵ月なのか、それ以上なのか?





彼は平気なんだろうか?



このまま会うことが減っていくのは



不安じゃないのかな。



残念ながら



会えなくても不安じゃないから




会う日が決まってなくても平気なんだよね。





不安じゃないから



私がこんなに会えないのが不安なことも



到底、分からないよな。



ずっと言ってきたけど



理解できてないよな。






私はどうしたいんだろう?




それは流れてみないとまだ分からないや。



今は彼だけに幸せを預けすぎてるのを




分散するように少しずつ。




苦しい修行だよ。



でもその学びを得たら



人生が軽やかになって




きっと私も周りも軽やかさが増すだろうな。




今はべしょっと重いもんね😅




























































































楽天市場
最新コメント
記事検索