さっき、ヨガやってたら


メジロ君から着信がありました。




彼は忙しくて目一杯だろうから



今日は電話来ないかなと思ってたのに。

関連記事はこれ↓




コール音の間、


冷静に彼に伝えたいことを言うぞって



まず一呼吸おいて


電話に出た。




開口一番、彼は




『もしもしシロハトちゃん?

いつも応援ありがとう~。』





冷静に言うぞ!って意気込む私をよそに



意外な言葉をもらって面食らった。



その言葉でなんか私も気持ちが解れて





先ず彼に




『メジロ君、私のこと好き?』って聞いた。






私に唐突に聞かれて照れ笑いしながらも






『大好きだよ。』






そう言ってくれたので





『じゃあ私が言うこと、

怒らないで聞いてね。』





そう前置きしてから


穏やかに彼を思いやる気持ちを乗せて


伝えたいことを淡々と言った。






かなり要約すると


自分と身体を大切にして


仕事はどこかで見切りをつけて

他に任せて


違う仕事まで背負い込まないように。



メジロ君が幸せじゃないと

私も嬉しくないし

私のウキウキな気持ちまで奪われること。




我慢してやることは誰も得しない。



自分を大切にしたら

周りも幸せな気持ちになること。



そんなことを伝えた。



そして



『色んなしがらみがあるのは


私も分かる。でも今のままじゃ

私の大切なメジロ君が壊れちゃうよ。

その仕事を辞めるのか

それとも腹をくくって辞めないのか


どちらかだよね?』


そう言ってみた。




そしたら彼は



『腹をくくって定年までやるつもりだよ』




そう答えたので



『ならば、


腹をくくって決めたのなら


もうグダクダ言わずに

それさえも楽しもうよ。


やらされてるのか、

自分でやっているのか


意識を変えるだけでモチベも違うよ。』



そして、そこまで長く務めるのなら尚更

全部背負い込まないで、

出来ないことはムリと

線を引く勇気も必要だよ。


だからちゃんと昼休みも取って

GWも休みもとろうよ。

そんなに自分をいじめないで。』




『それは俺も思ったよ。

そうだね。


旅行は必ず行くよ。そのあとのGWも

取るように社長に話すから。』




『それがいいよ。

我慢して頑張るから余計にまた

その先も頼まれてしまうんだからね。

どこかで非情かもしれないけど

見切りをつける勇気も持とうよ




『分かりました。ありがとう、

シロハトちゃん。




彼は目一杯なことを私に伝えつつも



私の思いを否定することはなかった。




現実問題、


結局何も忙しさも休みも

変わらなかったとしても



彼の心のどこかに刺さってくれたら


今はそれで良いと私は思った。





彼にもどうにも出来ないことも

あるだろう。



でも言うことに意義がある。



メジロ君なら言える立場だよって


後押しをして



その結果どうなるかは天のみぞ知る。




彼に旅行の時間のことも伝えて



その場は終えた。



ちょっと時間を置いてから


『電話ありがとう。

なるべく自分ファーストでね。』



そうメールしたら



すぐにまたお礼の電話がかかってきた。



声を聞けて安心したよって。


そしてお弁当の話になった。






旅行の日は



豪華列車の旅が主体で


おしゃれー✨なランチが

ついてます。



でも



その列車に乗るまでの移動は


新幹線なので





朝ごはんに

手作り弁当を持参することにした。





お弁当は実はメジロ君のリクエスト。




手作り弁当は彼の夢だったけど



私に手間をかけたくないしな~って



ずっと言えなかったんだって(笑)カワイイ❤




以前の旅行のときも


ちょっとおにぎり持っていったら



旨い旨いってパクパク食べてくれた。




男性は手作り弁当に



特別な思い入れがあるのかな。




中身は何?



唐揚げ入ってる?



ウキウキと話すから



私は鶏そぼろにしようと思ってたけど?




そう言ったら




あ、それも好きだな~。




でもシロハトちゃんの唐揚げが

俺好きなんだよね。



じゃ、選んで良いよ。


あとでお弁当の選択肢をメールするね。




そう言って切りました。



なんか彼は嬉しそうで


声も元気になったので



私も嬉しくなった。





さて

当日のお弁当は


①鶏そぼろと炒り卵とウインナー
②唐揚げと卵焼きとウインナー
③オムライスと唐揚げ



このどれかから選んでもらおう。




オーソドックスで良いでしょ?✨🍱






気持ちひとつでヒトは沈んだり


ウキウキしたり出来る。





どんな人生を選ぶのかは彼だけど





そのウキウキする方の


お手伝いをしていけたら良いなと


感じた。








彼の声を聞いて私も少し安心して


旅行も必ず行くことも聞けて




気持ちが落ち着いてホッとしました。





結局、


私も寂しかったのが満たされて



彼も少し気分転換が出来て




ちょっとお互いすねてただけ。


そして大好きな想いは変わらない。






再確認がしたかったのかな。





久しぶりだったね、声聞いたのも。