自分を大切にすることと


彼への慈愛や思いやりは一緒なんだな~と


最近分かり始めたばかり。




前はね



自分を大切にすることと


彼を大切にすることは



相反していて

同時には出来ないと思ってた。




頭がこんがらかって分からなかったの。





でも



自分を大切にするとは




自分も我慢しなくて良いし



同時に彼への思いやりも忘れないで良い。




そんな当たり前のことなのかも。






どこまでワガママを言ったら良いのか?



どこまで彼の為に我慢したら良いのか?




その答えは


自分はどうしたいのか?にある。





ワガママ言っても良い。



ただ言ったあとは

相手の領域になるだけだから。




思いやりをもって我慢しても良い。



それも私のやりたいことならば


自分を大切にすることになる。





全ては自分が感じる方へ。






愛する彼に


自然に思いやりを持てるとしたなら




それは自分軸。


きっと我慢ではないよね。




だから



例えば忙しくてメールが滞ってたり




なんとなくなおざりに感じたりとかは


全てが自分の内側で起こっている。




相手には相手の都合があり


全く彼には関係ない。



そのせいで不安になったり



ヤキモキしたりするのも



大切にされてないんじゃないかと思うことも




それも自分の内側で起こっているから



彼とは全く別問題。




なに一つとして彼のせいではない。




もし彼が忙しくて


メールが滞ってるとしたら



自然に彼を敬う気持ちがわくし



労いの言葉もかけたくなるし



過労でダウンしないか心配もするし


それを伝えても良い。




同時に




寂しいな

もっと連絡取り合いたいよ~

構ってほしい~とか



好きだから

もっと会いたいよ~とか





それも自然に思うこと。



自然に沸くことは止められない。


それも彼に伝えても良い。



そこは我慢しない。



ハッキリとこうしたい!

これイヤ!


これも言おう。




ただそのあとは彼に任せる。




言うだけでね


意外と自分のなかでスッキリしたりする。



スッキリしないときは



それは自分の内側の問題と知る。





彼がこうしてくれないから不安



彼がこうしてくれないからムカつく



彼がこうしてくれないから落ち込む




彼が、彼が…の他人軸。



これぞエゴだね。




彼に幸せな気持ちでいてほしい。


私も自分を大切にする。




これは同時に出来ることなんだ。



これを伝えたら嫌われるかも


離れていくかも



そんな怖さを持ってても



うまくいくときはうまくいくし


ダメになるときはダメになるし



それはコントロールは出来ない。


怖いけどね。




メジロ君もね



最近、


めっきりメールも電話も減ったよ。



メールは2日に1度くらいになってるし


電話もここ1ヶ月してない。


声も聞いてない。



旅行終わってから


それを感じるようになった。




この間に色んなことが



彼の身に起きたのもあるけれど。







もちろん寂しいし


つまんないし


前みたいな情熱を感じられないのは


とても怖い。




今週末会えるし


忙しいを免罪符にして


彼は良いと思ってる。




私も気持ちが盛り下がる。




私から見たらそういう風に見える現実も




彼からしたら



忙しくて色んなことがある中でも


私へメールもしてるし

デートも約束してるし



これ以上何を望むのか?と

思ってるかもしれないね。



現実はありのままにひとつだけど



二人の見方が違う。




メジロ君、そうじゃないよ!

私は前と比べてしまうんだよ~


精一杯やってるのは分かってるよ~



そんな自分の声がする。





うん。



前と比べてしまって

寂しく感じてるだけなんだよね。



彼のこと責める気もないし



ただ自分の内側で寂しさを感じてる。



それは彼が原因ではなくて



自分の根っこにある寂しさ。




その寂しさは自分でしか癒せないし



誰といても寂しさは付いて回る。



彼が原因ではないのだ。




寂しさや不安は自信のなさなんだね。





強気の私も時に迷うし



当たり前に凹むし



思う感情は止められない。




でもその先へ進む、切り替える。




覚えたてですが



なんとなく出来るようになったことで



だいぶ生きやすくなったな~。




会ったときに



私は上記の寂しさを彼に伝えます。




何でもかんでもぶつけるのではなくて




こうだったから

こう感じたよ。



さらっと伝えます。



伝えないと向こうは分からない。



私の内側で起こっていることを

察してもらうことは不可能だから。



勝手にすねずにちゃんと伝えます。



そうすることで昇華するし




自分を大切にすることにもなる。




あとは彼の領域だから


どうするかは彼の自由に任せる。



それが彼を大切にすることになる。




女は



大切にされてないと感じると


気持ちが盛り下がる傾向にある。



要は

彼にちやほやされたいのよね(笑)




大切にされてないと

子孫なんて安心して残せないもの。




男は



釣った魚にエサをやらない。



たくさん種を巻けば


子孫が出来る仕組みだから


とにかく釣ることに命を燃やす。




エサをやらなくなるのは


もう手に入れたと思ってるから。



最初にたっぷりエサをあげれば


離れていかないと思ってるから。




そんなわけねーだろって


言いたくなるわね(笑)




彼らはケアを怠れば


女が離れていくことを知らない。



物体の移動ではなく

女は気持ちが離れていくのだ。




女は決めるまでは


かなり悩むけど


決めたら去るのは早いのよ。




その悩んでることに

気付きもしない男たちは



ある日突然

女に三行半を突きつけられる。




男女のスレ違いは




ものの考え方の違いから。


本能が違うのです。




私や貴女だけでなく




世界中どこへ行っても


いつの時代も




これは普遍的なのです。



男女の恋愛のスレ違いは同じ。








ならば



その仕組みを知ってる女の方から




ケアを怠れば離れていくことを



伝えれば良い。




残念ながら


それでも怠るのが男なのよ。


すぐに忘れる。




何度も伝えていかなければならないのだ。




それが面倒なら去ること。




でも



それでも好きで一緒にいたいなら



伝えていくこと。



コミョニケーションを諦めない。



なかなか変えられないことを知ること。




伝えたくなるのも


会話に長けている女の本能。



存分に活かしましょう(笑)



ポイントは楽しみながらね。



そして自分を大切にすること。



寂しさは自分で癒すこと。




それにはまず



彼のことよりも


自分の気持ちを認めてあげよう。



自分で自分を楽しませてみよう。



私も覚えたてです。