アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2017年03月

 彼に言われたことがあります。

デートの時よりも、
会えないときの方が
シロハトちゃんを想うんだよね。
って。

デートの時は会ってるという
《現実》に集中しているので、
もちろん嬉しいけど、
その時は楽しいから
寂しさとかは感じない。

(だからきっと
次のデートの約束しようとか、
頭が回らないのかもしれないね。) 

でもデートの次の日、
彼女の香りが衣服に残ってたり、
やけに忙しい日常が始まって、

夜一人で寝るときに
側にいないことが強烈に寂しくなって、
ふっと彼女に会いたくなるらしい。 
そしてデートを反芻したり、
妄想が始まり、
彼女を思い出して好きだな~と
自覚するらしい。 

女性はどちらかというと、
会えない間は冷めていくというか、
辛いけれども、
男性は離れてるとき、
会ってないときに想いが
深まっていくんだね。 
全く違う感性のイキモノなんだな…。 

だからね、会えないとき、
メールがないときは、
彼はその分だけ
彼女を好きになっている。 

男性は妄想のイキモノだからね。
一人の時に彼女のことを
考えることで想いを確認して深めていく。 
そして
大好きと愛してるを行ったり来たりして、
段々深めていく感じなんだそう。
(彼の感覚ではそうみたいね。) 

それが分かってると、
会えない間も、
仕事で連絡がない時も、
逆に私への気持ちが育ってる
《育成期間》だと思えば、
辛くないね。 

そして《育成期間》は、
彼が一人の時にグングン育つものだから、
少しデートや連絡の頻度が空く方が、
育ちやすいとも言えるのよね。 

毎週末会うよりも
月に1、2度にすることで、
彼の気持ちが育ち、
そして新鮮さも長持ちする。 

私はこれで本当に
彼と上手くいってます(^^) 

毎週末、ましてや毎日とか
会わない。
こんなことしてたら、
男性はお腹一杯になって飽きるよ。

少し二人の間がなんとなく
停滞してるかなと思ったら、
あえて離れてみる。

女性は離れることって
勇気が少しいるけれど、
本当に効果的です。 

片想いの頃を思い出してみたら、
彼と目が合っただけで、
彼と話せただけで、
もう地上10センチは
浮く位に幸せだったわけで。

その頃は彼とメール出来たら、
彼と一度デート出来たら、
何もいらないって思ってたはずで。 

でも付き合いたい始めて少し経つと、
もっともっとと欲が出て
彼をがんじがらめ。 

既に充分愛されているんだから、
もうそんなに求めなくても大丈夫。
 
男性は、
二人の間に何か問題が起きない限り、
勝手に上手くいっていると思うイキモノ。 
少し寂しくさせるぐらいが
ちょうど良いみたいです。

 前回の記事で、少しセックスレスの話を書いた。
まあ、セックスレスの定義からすると、
私には当てはまらないけど。 

彼は不思議な人なのだ。
セックスしたくない訳じゃないので、
私を悦ばせてくれる
行為はしてくれるんだけど、
なんと、男性なのに肝心の挿入が苦手。
それは早くイッちゃうから
自信がない様子なの。

確かにすごく感じやすいのよね…。
キスだけで元気になるし…。 
そう、《過敏性早漏》って
いうやつなんです。


早漏や、
自信がないなんて勿体ないほど
の大きさを持ってるのに
(だって、ゴムさんのサイズ、
MAXのXLですよ?(゚∇゚ ;)
箱は象さんのイラストですよ?(笑)) 


でね、やっと本題ですが(笑) 

心屋仁乃助さんの《断愛》を、
セックスにも
当てはめようと昨日決心したわけよね。
要するにもうこちらからは一切、
セックスの話もしないし、求めない。 

そしたらね、
面白いことがまた起こったのよ。
早くイッてしまう事に
コンプレックスの彼+キスやハグで
満足な彼なので、

(私にとってはヘビの生殺し)
彼からセックスの話は
絶対にしてこないのに、

昨日のメールで
今度行くお店の話が書いてあって、
その終わりに突然、
 『今度会う日に、象さんを持参します。』って書いてあった。
※(象さん=メガデカいゴム) 

心屋式、
本当に不思議よ。
手放す。求めない。
そう決めただけ。
彼には言っていない。
でも、なにかが変わる。 
いや、たまたまでしょうけどね(笑) 

彼は結局、
挿入に自信なくても
私としたいという気持ちがあるのかもな。
男性って分からんなぁ…。

でもそんな風に
ちょっと違う視点で考えることが出来た。 

そういえば、余談だけど、
グーグル・アドセンスって、
受かるにはセックスの事とかも
書いちゃダメなんでしょ?
日記風なブログもダメなんでしょ?
てか、ブログって元々日記って意味なのに(笑)
 
受かるために自分の書きたいこと止めたり、
曲げたりなんてそれこそ、アホくさいわ。
このまま、私は好きなように書くわ。

あれ?オチがなかったな、今日は。

昨日は3週間ぶりにデートでした。

今までずっと心のどこかで、
彼は私が想うほど愛してくれて
ないんじゃないかなって、
自分の価値観を基準にして彼を見ていたので、
そういう「ない」の目で見ていたから気付かない事も多かったんだけれど、 

私のこと大好きに違いない!っていう「ある」の目で見ると、
彼が私の話を聞いている時の目じりの下がった笑顔とか、
どんどん、好きなもの食べなよ。ってニコニコしながら言ってくれる笑顔とか、
もうね、私は愛されているんだなぁって実感(笑) 
彼はずっとそうしてくれていた。
私の見方を変えただけ。

でもね、またもやセックスが出来なくてね。
あはは…。
でもセックスレスとも違うんだよなぁ。
昨日は彼のをオテテなどで元気にさせている間に、
またもや先にイカれてしまって、挿入ならず
(そう、彼は過敏性早漏だから…)

彼は満足なのに、私は満足してないって気分になって、
しかも彼は「俺はこれで幸せ~」とか言って、
ハグやキスだけで満足している。

「私は満足じゃないよ。(←鬼だな(笑))今度は、頑張ってね。」って言ったら、
「うん、頑張る。」っていつも言う彼。
でも、いつも先に気持ち良くなられてしまう。 
なによっ、私だって気持ち良くなりたい!
私だけなんか奉仕しているみたい! 


………あれ?いつのまにか私、見返り求めて彼を気持ちよくさせてた?
 


はは(笑)私がそうしたいから、彼にしていたことなのに、
いつの間にか、彼にして欲しいから、していたんだねぇ。
なら、するなって話よね。彼も頼んでないのに(笑) 

彼は私を大好きに違いない。
彼に私は愛されているって信じているのだから、
既に愛されているんだから、 
もう求める必要はないのよね。

私は、ただ自分の性欲を彼に満たしてもらいたいだけだった(笑)
それなら自分で欲を満たせばいいのよね(笑)

ていうかさ、彼は彼なりの方法で、私の性欲を満たそうとしていたのよ。
丁寧な愛撫だったり、キスやハグだったり。
挿入は彼が感じやすくて早くイってしまうから、
それが少しコンプレックスで、しないだけ。 

愛がないからセックスしない訳じゃないのだし、
愛があっても、性欲が湧かない事もある。
付き合っていればセックスするはず。私を好きならばするはずって、
自分の価値観・誰かの作った基準(セックス=挿入)を
彼に当てはめようとしていたんだね。

自分で自分を罠にはめて苦しくなっていたんだ。
かなりのマゾだ(笑) 

ふむ…。逆に、今度は求めないことにしてみようか。
試しにまた断愛のように。
そのままキスとハグだけで十分愛を感じてみる。
彼と同じように、シンプルに愛を感じてみる。
刺激を求めず、そこにある彼の愛情を感じてみる。

私が欲しいのは刺激ではなく、彼の愛なんだから。 
常識や期待や執着を手放してみた時、彼の愛の形がまた見える気がする。 

愛の形って本当に様々なんだなぁ。
自分や世間の基準だけで判断していたら、あっさり見過ごすね。
せっかくそこに愛はあるのにね。 

セックスや挿入に反応してしまうのは、
私に原因があったんだな。
まだまだだなぁ、私の自分軸。 

私には20年近く
一緒に暮らしているパートナーがいて、
そのパートナーとは、
とっても仲も良くて、
私は大切にされているし、
大切にしてもいる。


その上で私は他に彼氏もいる。
法律上は一応合法ではあるけど。
彼氏は私にパートナーが
いることは合意の上で交際しているけれど、
パートナーは知らない。
という、
まぁ、世間の常識ではない恋愛ですな。
それでも全員幸せです(笑)

彼氏は自由が好きで、
結婚願望のない人でもあるので、
私はパートナーとは
このまま添い遂げると思うし。

なので彼氏とは、
将来とか結婚とか
そういうのを取っ払った関係なので、
本当に純粋に気持ちだけで
お付き合いしている。
 
お互いに自分の心に従って生きていたら、
今こうなっているというお話であり、

友達にそれを言ってもいるけれど、
「シロハトが決めたことだし、
それでいいんじゃない?」と、
反対もされないし肯定もされない。
とても良い友達に恵まれている。
(そんな友達が二人もいる。
少ないと思うか、
多いと思うかは受け手の問題だからね。) 

自分が決めたことに対して
他人がどうこう言ったところで、
それはコントロールできない訳だし、
ほっとくのが一番の【愛】なんだよね。

常識から外れた人に対して、
ああだこうだと言ったり、
叩いてくる人っていうのは、
やっかみか、
自分が満たされていなくて
我慢しているから
他人のことばっかり
気になったりするわけで。

要するに私、不幸せな人ですよって、
自ら告白しているようなもの。
その人は自分で引き寄せてる。
 

本当に自分が満たされていて、

幸せな人って、
他人に対してもフリーダムです。
良い意味でほっといてくれる。
見守ってくれる。

だからね、余計なお世話と
老婆心で他人を批判してくる人。

その方たちには是非、
ご自分で幸せをつかんで
もらいたいものですねぇ。 

私の友達は満たされているので、
他人の意見も尊重して受け入れます。
それに賛同するかしないかは別として。
私もそうです。

自分の意見と違っていても
一旦は受け入れる。
でも嫌いなものは
バッサリと捨てます。

ちなみに、
彼氏が妻帯者だったりしたら、
私はお付き合いしません。
ただ単に略奪が嫌いだから。

これは私の思考の問題なので、
良いも悪いもないよ。
どっちが正しいとかも、ない。
略奪に抵抗のない人を
否定も肯定もしません。 

物事には良いも悪いもなく、
事実だけが存在している。

それを判断するのはその人の常識だったり、
思考だったり、
世間が作り上げた常識だったり。
私は私の常識で生きているし、
それが外れているとしても
幸せなので何の問題もない。

心屋さんに出会う前から、
そういう意識は持っていたけれど、
やっぱり波長っていうのは
そういうのを呼び寄せてしまうのか、
心屋仁乃助さんを
引き寄せてしまいましたね(笑) 

そりゃねぇ、
そうは言っても社会で生きている以上、
この考えがグラグラすることもあるし、
もちろん生きづらいのですが、
そういう時は、
自分が気持ちよくそこにいられる為に、
適当にその常識とやらに
合意したりしますがね。


何てったって、
自分が心地よくいられるように
することが一番。
だから合意も迎合もぜんぶ、
自分の為なら時にはします。

私の価値観を押しつけるのも、
これまたおかしな話なわけですしね。

要するに、
バランスが大事かなって思います。

私もOK,貴方もOK、
それでOKってやつを
これからも実践したいよ。

↑このページのトップヘ