アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2017年04月

男性は一人の時間が絶対に必要

メールやLINEのし過ぎや、
デートの頻度が多いと、
残念ながら 大抵彼氏に去られます。  

女性ほど繋がっていたい感覚はないからね。   メールやLINEで毎日繋がってると、
最初は良いけれど、  
半年、一年と経つ内に彼は、
毎日会ってるような感覚になって、
飽きも生じてくる。
彼女でお腹一杯になっちゃうわけね。  

彼氏を放っておく。
そんなことしたら余計に
去っていく気がしてしまう。
怖いことだと思うこともよく分かる。  

でも試してみて欲しい。
放っておくことで、
絶対に彼はコンタクトを取ってくる。
 
これはね、
飽きられない駆け引きとか、
長続きのテクニックではない。  
私の場合は、
彼氏に対しての《尊重》であり、

彼氏を身も心も解放してあげる
に近いかな。  


いくら好きな彼女でも、
自由に解放される時間が必要だから。  

私たちは2週間に1度のデートで、
ショートメールを
1日1往復するかしないかの頻度。  

女性の私からしたら、
決して多くない。

もっと会いたいなとか、
メールしたいなとか思うこともある。  

でも彼は会社でトラブルがあった時は
メールをしたくなくなるらしく、
(それは文章がネガティブに
なるから嫌なんだとさ。)

2日や3日メールが空いたりすること、
その自由な頻度が必要なこともある。  

今日もね、
デート何時待ち合わせにしようか、
メールで聞いてみたらね、  
いつもの時間より30分遅めを言ってきたの。   つまり、
4時にいつも会ってるのに、
「4時半とかどう?」って。  

そのあとに続けて、
「いつもの4時でもいいし、
シロハトちゃんは何時が希望ですか?
お店の予約、
開店同時の5時に入れてるよ。」と
書いてあってね。  


それ読んで、
はい、一瞬だけ
私、ちょっとスネました(笑)  

このメールの部分的なとこだけ
勝手に切り取って、  

えー、30分短めなんて、
彼は私と少しでも
長く会っていたくないの?ってね。  


ちょっと前の私なら、
こんなことで
リアルに一日中悶々としてたよ。

アホみたいにね。  
今の私は違う。  

彼は開店同時の5時に予約入れてるから、
4時半て思い付いただけ。  

それ以外に深い意味は なーんにもない。  

よく読んだら、
私の希望時間も聞いてくれてる。  
私の価値観では、
30分でも1時間でも長くいたいから、
待ち合わせを早めの設定をするけど、  
彼の価値観では、
1時間や、30分の差なんて
大したことないんだってことね。  

彼にとっては、
一緒に会えることが重要なわけで、
時間の長さはあまり関係ない。  

そんな風に価値観を
俯瞰して 見られるようになった。  
ぶれることはたまにあるけどね。

私と会いたいに決まってるんだもん。
それは予約や会ってるときの態度や
メールでの言葉で分かる。  

で、希望時間も聞いてくれてるから、
素直に4時が良いな❤と 返事するつもり。   て言うかさ、  

最初から 彼に聞かず私の方から、
4時にしよっ!って
ハッキリと言えば良かったのだ。  

それを心のどこかで、
早めの待ち合わせ時間に
彼が設定してくれたら、
私と長く会いたいってことだなって
自分の価値観で愛を確認したくて、
試したんだ、私。  


バカねぇ、ほんと。
邪な考えを持つと見透かされますな。  
話が飛んだね。  

で、 メール送るつもり。
というのは、
さっきの本題に戻るけど、  

いつも激務な彼も
今日、明日と彼も連休のハズなので、  
ゆっくりと彼の時間を堪能して欲しいから、   メールはこの2日間送らずお休み。

勝手に(笑)解放タイムです。  
彼の自由も尊重すること。

自分の時間も持つこと。  

これが一番長続きの秘訣。  
カップルにもお休みが必要。

それは絶対に二人にとって
良い効果をもたらす。                      

彼氏、メジロ君とのデートは、
専ら飲み&食事です。 
この年齢なので、ディズニーランドやら、
海やら、ショッピングやらは一切しません。
相当に疲れるから(笑) 

呑むこと、食べることが大好き。
だから必然的にデートもそうなる。 

その代わり、行くところは高級店が多いです。 
この年齢なので、
あまりに安い居酒屋はもう無理。
いや、周りのお客さんが若すぎて
ノリもついていけないってのもあるけれど、 
やっぱり味が安いのが無理。 

若いときは食べられても、 
年齢を重ねると、
それなりの食材や腕のある食事、
雰囲気やサーブの良い店に行きたい。 
となると、高いお店になります。 

彼は全てをご馳走してくれるから、
安心して連れてってもらいます。 

最初はなんかいつも奢りで悪いなとか、
いっちょ前に罪悪感を感じてました。
一晩で50000円とかなると、
今もたまに罪悪感が出ることも…。

でもこの罪悪感はクセモノ。 

彼は私に喜んでもらいたい。
その気持ちだけで
連れてきてくれているのに、 
私がそれを受け取らないで遠慮していたら、
その方がよっぽど酷い。 

逆を考えてみて。 
誰かにご馳走するときって、
ヘタに遠慮されたりしたら、
私なら悲しくなる。 

「わー、ありがとう!
って喜んで受けてくれた方が、
またご馳走したくなるぐらい、
こちらも嬉しくなるよね? 
受けとり上手な女性はまた会いたくなる。 

彼は私がご機嫌に食べてる様子に
すごく癒やされるらしいので、
むしろ、こちらこそありがとうだよ。
と言ってくれる。 

鼻歌なんか歌って呑んだりした日は、 
『シロハトちゃんの鼻歌聞いて
小さな幸せを感じたよっ』て、
メールくれたりね。 

今度のGWのデートもどこ行く?って
聞いたら、 
私の好きな料亭にすでに
予約を入れてくれていたのには、
感激した

彼がもし私に奢るのが嫌なら、
自ら予約なんてしないよね? 
だから私はもう罪悪感は感じない。
彼の気持ちを
上手に受けとることにしたの。

もちろん、
当たり前に思わない。
感謝が大切。 
《お金は愛と同じなんだ。》
心屋仁之助さんの言ってることが
ここでも立証されている。 

そのお返しはとびきりの笑顔と
たくさんの感謝だけで良い。 

お返しはしないけど、
私は彼に食べて欲しいなとか、
使って欲しいなと思った時に、 
1000円~3000円とかの範囲で、
時々プレゼントをしてます。 

女性の方が話題の食べ物や、
モノなど詳しいから、 
彼が知らないような話題のものを
プレゼントすると喜んでくれます。 

それも毎回じゃないよ。
時々です。 

奢られっぱなしで心苦しい時、
参考になれば…。              

皆さまは上手な避妊してますか?  

私は避妊の方法については、
小学生並みに知りません。  

や、そりゃね、 ゴム着けて、
ピル飲んでとか、
そういうことは知ってるけれど、  

正しいゴムの付け方、
そんなもの習わなかったし、
いつもこれで良いのかな? とか

すごく不安になります。  

正しいゴムの付け方、
中学生の授業でやるべきだと思うけどね。  
日本は余りにも性に対して
フタをし過ぎていて、
良い大人になっても
妊娠の仕組みや
排卵のしくみ、
気持ち良いセックスの仕方、
避妊の仕方、  
殆ど知らない男女が
多いんじゃないかなって思う。  

関数よりもその授業の方が
大切だと思うのは私だけかなぁ?  

私の彼も正しい付け方、
今一つ分かってない。  
セックスレスが断トツに多い日本。  

知識が乏しいからだと思うんだ。  

男性だって、 ほぼAVからの知識じゃない?   あのやり方じゃ、
女性は全然気持ちよくないのにね。
演技してるの分かるもん。  

パートナー同士で
そういう話も何となく照れくさく、
女性から話すのもためらわれる風潮。  

で、みんなこんなもんかと諦める。
そして、悶絶するのよね。

経験者だから、よく分かる。  

そして 彼氏とセックスしたとしても、
避妊がちゃんと出来てるか、
いつも不安になる。  

なら、やらなきゃ良いのに。
とは、ならないのよね~💧  
もっとフリーにセックスについて
教える授業があって欲しい。  

隠すから、
フタをするから、  
性に対して妄想しちゃって、
変な性犯罪も増える気がする。  

全ては子供の頃からの教育なんだと思うのよ。    

セックスレスの話題は、
読んで下さってる方が多い~。

それだけ皆さん、
タブー的な話題に 関心があるってことね。  
日本では特に常識という、
誰が決めたのか分からない枠に
幼い頃からはめられている私たち。  

セックスのこと、
性のこと、 不倫、
同性愛、 諸々と、  

他にも常識外と見なされ、
タブー視されている話題こそ、  
みんな実はすごく関心が深いのは、
話すことさえためらわれる
隠された話題だからだよね。  

何でもオープンな
フランスなんかと比べたら、
日本なんて一体いつの時代の人?
ってなくらい、閉鎖的だもん。  

常識を守ってる=幸せではないので、
 私はこのまま自分の価値観で、
幸せを感じていくだろうな。  

彼に45歳の時に片想いしていた私。 

これね、
きっと私は女性としての価値を
確かめたかったからかも知れない。  

ほら、更年期とか生理が上がるとか、
もう目の前じゃない?
 
最後のあがきだったんじゃないかなと
最近、思うの。  
そういう葛藤ってない?って
同じ歳の友達に聞いたら、
やっぱりあるって言ってたのよ。
(ちなみに彼女は19歳下の彼がいる。)  

メジロ君に初めて会ったとき、
「あ、私この人に抱かれたい♥」って
子宮が頑張って、
ズキュン・ズキュンしたんだ(笑)    

彼とのキスやセックスも
メチャクチャ妄想してた。
付き合えるなんて 思ってもいなかったけど、 絶対に気持ちを伝えたい!
そう思って行動したんだよなぁ。
(経緯はこの記事へ) 

 花の命は短い!
まあ、その花ももう萎れる寸前の
年齢ではありますがね。  

でもね、
そこそこ私も人生の積み重ねに
自信がありますが、  

恋愛に限っては、
何歳だろうと同じ悩み事だし、
トキメキも同じ。

学生時代と変わらないのよ。
 
いつまでたっても
オババゴゴロでもオトメゴゴロなのよ。  
可愛らしくて、幼いの。

それをまた味わえたことは
私にとっては、本当幸せ。  

罪悪感とかは、ない。  

むしろ、
長年のパートナーを
より大切にしたいという気持ちが
自然に沸いてるし、  
ただ私の愛が広がっただけのこと。    

人生は二度と繰り返すことのない、
たった一度きりのもの。  
枠にハマらないって、幸せだわ❤  

※あ、私ね、
常識は常識で必要だと思ってるよ。
ただ、そういうことを
人に押し付けないだけね。      

↑このページのトップヘ