アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2017年06月

皆様はデートの待ち合わせは
何時からにしてますか?


私は夕方からです。
15時とか16時からとか。


0時前には帰ります。




私はアラフィフなので
魔法が一日中は持たない(笑)のと


彼の休みが週1で
しかも午前中は雑務がある。

完全な丸一日休みがないという
ブラック要素満載のお仕事だからです。


あとは
私にパートナーがいるので
丸々は難しく、毎週も難しい。


彼もそんな休みしか取れないので
彼のしたいことをするためには


夕方からのデートで
月2回位のデートに必然的に
なってくる。


まぁ私たちには調度良い頻度なんだけど


時には毎週ガッツリ会いたくなるし
好きなときに電話もしたいこともある。


メジロ君も
俺が無職なら毎日会いたいと
言うし。


それはそれで困るけど(笑)



恐らくこの制約の中での付き合いが
二人がいつまでもラブラブで
いられる秘訣なのかなと
思ったりもします。



昨日も
恋愛のレベルを保つ1つとして

相手への《興味》を持続させることと
書きましたが、


これは制約されたデートの時間や
頻度もそれに当てはまる。



好きなだけコンタクトしていたら
それはもはや《日常》に成り下がり、
興味も薄れていくから。


この辺のさじ加減がとても
重要になってくる。



もう少し一緒にいたいな。
こんな風に思える
腹八分目の恋愛が一番良いのかもね。



朝から丸々一緒にいて
お泊まりなんて
結婚生活みたいですぐに日常になる。


それで同棲なんてなったら
婚期はかえって遠退く。


既に結婚してるような生活していて
男性がそっから踏み出すことは
あまりない。


男性は手に入ってないからこそ、
手に入れようとするんだからね。




結婚してからはイヤでも日常になる。
カップルの間はなるべく
《非日常》でいたい。




で、私はと言えば
今日は朝からパートナーも遊びに出掛け
私は夕方からメジロ君とデートです。


ああ夕方まですんごい長い!
あと4、5時間もあるよ。



予想外に肌寒い。
着ていこうと思っていた
コーディネートを考え直さなきゃ。

ビール飲むにはもっと暑い方が
良かったなあ。


さて
お風呂入ってパックでもしますか。


皆様にも夕方からデートは
おすすめです。



時間が限られていると
とても濃密で質の良いデートになります。


ケンカしてる暇もないほど
ラブラブに過ごせる。


ダラダラと一日中一緒にいるよりも
充足感がある。


本当にシンデレラ気分になれるよ。
王子さまが追いかけてくる法則は
昔から決まっているのです。































最近はデート前日の
メールは少なくなった。


以前は『明日楽しみです。』
みたいなメール来てたのになぁ。


とは言え
私も用がない限り
出さなくなりましたが。



明日会うからメールしなくて良いや。
そんな気持ちからかもしれません。


私の場合はそれに加えて


休みの少ない彼に
自分の時間を取って
しっかりと休んで欲しい。


自分の一人の時間を満喫すると
デートで余裕が生まれるんですよね。



バタバタ忙しく
そのままの状態で前日も
メールでコンタクトなんてしたら


必ず煮詰まってくる。



女性はマルチタスクだし
器用に出来る。



でも
男性はリセット時間が必要だから
その時間はなるべく侵入しないように
してます。



もちろん彼からメールが来れば
普通に応じるけどね。



と、この記事を書いてる途中で
彼からメールが来ました(笑)



『雨が降るから服装気をつけて。
明日楽しみです。』って書いてあった。



お、珍しい~❤
ま、嬉しい例外も時にはあります。



明日のお店について
リクエストがあったから
それを書いて送りました。


いいねぇ🎵って即返信あり(笑)


忙しいとき以外は、
興味のあることや
すぐに答えられることは
男性は本当に返信は早いです。


本当ならデートまで
コンタクトを取らない方が
飢餓感が増えて
燃え上がるんだけどね。



でも
こちらも伝えたいことがあるときは
素直に駆け引きはせずに
返してます。


恋愛は駆け引きしようが
しまいが、


上手く行くときは行くし
行かないときは何しても行かない。


それならば
素直になった方が悔いは残らないし
納得も行く。


あとは
彼にしっかりと休んでもらお。



ふむ。
やっぱりメール(連絡)って
欲しいと渇望しているときには
来なくて、


今日は来ないだろうって
欲していないときに来るね。


いったい何の法則だろ…。
《たまたま》ですかね?



波動って目には見えなくても
きっと伝わっているのかも。












私はアラフィフですが
メジロ君はアラフォーです。
(まあ大して変わらないけどね。)


交際して1年半目でやっと
こないだ私の年齢を明かしました


なんかね
引き出しの1つとして
秘密にしたかったのと、


年齢を言ったら
引かれるんじゃないかという
恐怖でずっと濁してました。



でも彼は毎回
『自分の好きな彼女の
年齢を知らないなんて~』


とちょっと不満そうで。


それでも
『年齢なんて知らなくても
私は私だよ。』


そう言ってきた。


彼は
『まあ良いけどね。
言いたくなったら教えて。』



そんな不毛なやり取りを続けて
1年半(笑)



この前
私の誕生日にアクセサリーを
プレゼントしてくれた時、



『何歳になったのか分からないけど
おめでとう。今日は俺にとっても
特別な日だよ。

シロハトちゃんが何歳だって俺は構わない。
歳を取ることは自然なことだから
自信もって良い。』



そんな風に言ってくれました。



それを聞いて
あ、この人は私を丸ごと受けいれようとして
くれるんだな。って心が動いて。


勇気を出して年齢を明かしました。



そしたら
『ふーん。俺はそれ聞いても
何にも変わらない。
気持ちも全く変化ないよ。』


『だってシロハトちゃんだから。』



カミングアウトした恥ずかしさと
変化ないんだという安心感。



今まで何を頑なに
拘っていたんだろって思えた。



年齢って女性の方が気にしすぎてる。
特に年下の彼氏だと尚更。



確かに若い女性はそれだけで美しい。
男性も若さに拘る人も中には
いるでしょうけど、



好きになってしまったら
そんなのかんけーねーになるんだな。
(はい、オッパーピー!です。)



そして
『俺は今のシロハトちゃんが良いな~。
若い子は常識も知性も足りないし~』


そんなこともブツブツと言ってました。



年齢を重ねたら
それだけ良いこともあるようで。


若さではなく
そのままの私を好きになってくれる人が
ちゃんと現れる。


むしろ若さばかりを求めてる男は
相手にすることもない。



足していくことばかりが
良いことだと思っていたけど、

引いて失っていくことも
悪いことではないんだね。



とは言うものの
お肌の劣化や体型の崩れは
気になるけれど。


これは私との折り合い。
無理に若作りすることもなく
自然にきれいでいたいから。


彼は気にしてない。
私が勝手に気にしてるだけ。



他にも色んなことを
まだ引き出しにしまっている。




免許証の写真とか
(髪が長い頃の写真って
言ったら食い付いて(笑))


履歴書見せて~とか



昔の写真見せて~とか



ブログ見せて~とか(笑)



は?ダメダメ。
違うアクセサリーと交換ね❤と
言うと
彼は大笑いするけど。


それは全然大したことない引き出しでも
彼は興味津々で気になるらしい。



男性って探検や宝探しとか好きなので
まだ知らないことを
知りたいという欲求があるんだな。


だから全部明かすと男性は
飽きるのが早いので、

こんな下らないことでも
小出しです(笑)



恋愛のレベルを保つことの1つって
相手に興味を持つことだと思うから。



全部知っちゃったら人間誰しも
興味が薄れるもんね。



年齢は私にはハードルの高い
引き出しだったけど



それからは彼と大好きな昭和の話や
世代のアニメ話もたっぷり出来て
それはそれで楽しい(笑)


まだ年齢をカミングアウトしてない
年上彼女がいらしたら、



ぜひともカミングアウトを!

かえって仲が深まるし
彼がどんな男かも判断出来る。



こちらが思うほど彼は気にしてないし

こちらが思うより彼は貴女が好きだから。




















メジロ君とパートナー。


年齢は全然違うけど
穏やかで優しいところや
基本、女性に対して
受け身なところは似ている。
(女性に勝ちを譲るタイプ)


過去にも私が恋愛する男性は
このタイプばかりだ。

このタイプを無意識に求めているんだと思う。
父親と真逆なタイプだからだ。



よく父親と似たタイプを好きになるとか
誰が決めたのか分からない常識とは違い、


私の父親は気分屋で態度もコロコロと
自分の機嫌で変わる。
その顔色をうかがってこちらが接しないとならない。
そんな父親が大嫌いだった。今でも大嫌い。


気分でコロコロ変わる
これはどちらかと言えば女性の特性だ。
女性は猫のように気まぐれの方が男性に愛される。


要するに父親は男性らしくないのだ。





一目惚れが多いので
性格は知らないまま惚れるのに


何故か似たような性格を選んでる。


鼻が利くと言っても良いだろう。


なので彼氏に傷つけられたり
泣かされたりの経験は
ハッキリ言うが


ない‼



どちらかというと私の方が強い(笑)


ややこしいけど、
この強さは女性性を
押し出しているという意味の
《強さ》ね。


なのである意味、
男性の前では頼りなくて弱い。
私はどっぷり女性だからだ。



不思議なもので恋愛は
片方が強いと片方は弱くなるという
性質があるので、



女性性が強い(かよわい)彼女には
男性性の強い(守ろうとする)彼氏が出来る。


こんな風に上手く出来てるんだな。


なので
男性に優しくされたり
穏やかな人を彼氏に欲しければ、


思いきり女性性を極めることが
近道なわけだ。


では女性性ってなんだろう?


性の対象と見られるかどうか。

自分のしたいこと
イヤなことをハッキリと
言えるかどうか。

してもらったことに
ちゃんと喜んで感謝しているか。

この3つがメインだと思う。


性の対象とは
文字どおり男性にはないものを
魅せるということ。


何もセックスだけではない。


スカートを履くことや
メイクをすること、
女性らしい身体つきや
柔らかい物腰や言葉など。


どっぷりお姫さまになること。



私は彼と会うとき
パンツスタイルはあり得ない。
ワンピースかスカートだ。


これをあざといというならば
女性をやめた方が良い。


そういう人はナイト的な
彼氏は要らないんだろうなと思う。


心では穏やかで優しいナイトを
求めておきながら
自分はお姫さまはイヤです。


そんな考えじゃ
ナイトは現れないよ。


ナイトや王子さまは
お姫さまを求めてるんだから。

パートナーも穏やかで優しいけれど
メジロ君はとくに男性性が強い。

彼がした事にこちらが喜んで感謝することに
喜びを感じるタイプ。
彼女の役に立ちたいタイプ。
(蔑む意味ではなく、犬みたいで可愛い…

そういえば私は犬が大好きだな。
2年前天国にいった愛犬は大型犬で優しくて穏やかだった。


もし穏やかで優しくて女性に勝ちを譲るような男性を
彼氏や夫にしたいのなら、

その前に自分がお姫様になっているかどうかを
チェックしてみると良いと思います。




















↑このページのトップヘ