アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2017年06月

男性は付き合って安心すると
手を抜き始める。


手を抜くというと
良いイメージではないけど


要するに彼女の存在が
身内のような《日常》に
なっていく。


この状態は結婚すると顕著だよね。
恋愛には《非日常》が必要だけど


長く付き合っていけばいくほど
どうしても避けて通れない。



これには飽きも含まれるけれど
だからといって彼女をもちろん
《嫌い》に
なっていくわけではなく、


むしろ情愛が深まってきたから。
愛情というより《情愛》に
近いと思う。


最初の爆発的な情熱はやがて
穏やかな情愛に変わっていく。


女性はずっと自分に
情熱を持って追いかけて欲しいと
夢見て寂しくなるけど、



男性の情熱は女性を落とすまでの
期間限定品。


ずっと続けていたら彼が
疲弊しちゃいます。


その代わり積み上げてきた
信頼や愛はちゃんと彼の中で
すくすく育ってる。


彼が愛の言葉で表さなくても
私の目には見えなくても。


例えばそれは彼からの

『身体に気を付けて』
『風邪引かないでよ』

そんな気遣いの言葉に
隠れていたり


『今日はお昼なに食べたの?』
『週末どこへ行ったの?』

そんな興味津々の言葉だったり

至るところに
《愛してるよ》が隠れている。


手を繋ぐ。
他愛もない会話で笑う。


ただ黙って一緒にいる。
忙しくても約束を守ろうとする。



こんなところにも
《愛してる》は隠れている


メールがないときも
会っていないときも


彼の愛はなくならない。
簡単になくなったりしないもの。


彼の気持ちを疑いたくなった時は


彼の気持ちを自分だけの価値観で
裁かないこと。


彼をよく見ること。
それは自分を信じることと
同じ。


これが大切なんだって思う。





デートの帰りは
1分1秒でも長くいたくて
私はすごく
寂しくなるけど


メジロ君はその時には既に
明日の仕事で頭が埋まり始めるので


時間になるとさっさと
部屋を出ようとします。


楽しかったね。

もっと会っていたいね。


その気持ちは間違いなく
一緒なんだけど


《切り替え》が違うんだな。


女性はデートの余韻を楽しむし
次の日も気持ちが残ってるけど


男性はデートの余韻ってあんまり
感じなくて


楽しかった!さ、仕事やらなきゃ!
みたいにモードがさっと切り替わる。



既に終わったデートを
反芻したりしないみたいね。


そこが男性の良いところでもある。


だからなんとなく
デートの別れ際や次の日は
よそよそしく冷たく感じるけど

彼はデートの時は
デートに思いきり集中して
燃焼し


仕事の時は仕事に集中するだけの
ことであって


決して彼女に冷たくしてる訳ではない。
切り替えが早いだけなんだ。


帰り際にぐずぐずとハグやキスを
求めてしまうのはいつも私の方。


彼は終電やホテルのチェックアウトが
過ぎることを心配しはじめていて
私との余韻に気が回らない。


そこが彼の惜しいところでもあり
そんな彼だからケジメをつけられる
ということでもある。


彼女を終電で帰す義務感。
自分も仕事が朝早い。


この条件がある限り
デートの別れ際は
せわしなくなるだろう。


そんな彼の心理が分かっていれば
少しは寂しさも紛れる。



でも彼もね時々言うの。


『もっと一緒にいたい気持ちは
俺もあるけど
帰らなくちゃならないからね。』


気持ちはあるけど
我慢できるってことなんだな。


男性は恋愛至上主義にはなれない。
だから女性がその役目をしてあげれば
良い。


甘えて
『もっと一緒にいたい』って
彼女から言われることは
嫌いじゃないみたいだから。



ただそれに男らしくケジメを
つけるのは彼の役目ってことね。






キタキタ…
自由人メジロ君からの返信が。
※関連記事

最近仕事探しやらで
凹みがちで悪い夢を
よく見ることをメジロ君に
メールしたら


『だーいじょうぶだよ。
今度悪い夢見たら
俺が退治してやっから。』


王子様かナイトみたいな
キザな メールが来て吹いた(笑)


でもなんかそれでホッコリしたよ。

今日も仕事の応募の電話を
勇気をもってかけて
みたところがなんか感じ悪かった


年齢的に『ない』って感じアリアリ。
気のせいかもしれないけど
私、今極端に自信喪失してて
なんか悪い風に感じてしまう。
敏感なのよ…


しかも面接の日程は
明日連絡します。
とか言われて先伸ばしに。


自宅からドアtoドアで
一時間以上かかる所だったけど
仕事内容が簡単そうかなと
思って電話してみたのに

仕事内容も聞いたら
応募内容と若干違う…。


迷った末
結局そこはやめて

そこより近場の違う所を見つけて
そちらへ応募したわ。
面接は来週。


辺鄙なところで
車通勤も可能らしいが
でかい倉庫なのに
駐車場が使えなくて
近くに月極めを借りるんだとさ。


でも交通費はくれるので
月極めの料金は足りるので
良いんだけど


有り余るほどの敷地の倉庫なのに
従業員の駐車場がないなんて
なんか変な感じ(笑)


恐らく他の企業もその倉庫に
沢山入ってるから独り占めが
出来ないとみた。


そこは採用担当のおじさまが
電話上では感じの良い人だったので
ダメ元で受けることにした。

パートで片道30分なら許容範囲よね。

それもこれもぜーんぶ
受かってからの話だから


応募もかなり来てるみたいだから
年齢的にも受かれば
ラッキーって 感じかな。


週3日はフルよりも
雇ってもらいづらい。
OKって記載してるのにね。

もう落ちると思う位の
意気込みにしときます。
期待するとショックデカいしね。
学んだよ…


パートナーもメジロ君も
家族も友達も
みんなゆっくり決めれば良いよって
言ってくれる。

幸せな環境だなと改めて思う。


中でもメジロ君は
ずっと応援してくれているので

早く受かったよって報告したい。
そして環境の良いところだよって。


この前は半年で辞めちゃったから。
だって北朝鮮の某書記みたいな
社長がいる会社だったんだもん。

つまり古い体制でワンマンなのに
社員がその社長を崇めている。


仕事は簡単で出来たけど
私にはどうしても合わなかった。

辞めちゃったときは
面接から応援してくれてたから
メジロ君残念がっちゃってさ。

彼はなんか私に対して
父性が働くのよね。


そうはいっても
働くのは私だもんねぇ。
私の人生好きにさせてよ。



面接受けること
今回は言うの良そうかな…。


面接前にエールもらう
とヤル気出るから
言いたくなるんだけど
落ちることが多いから
なんかその度にばつが悪い。

仕事探しはまだまだ果てしない。
いつになったら
穏やかな働きやすい環境の
職場に出会えるのかな。


そこにあるのに
自分が気付いてないだけだよね。


今週はデートだから
たっぷりメジロ君から
愛をもらって
来週面接に望むぞな。


パート不採用になってから
2週間ちょっとが過ぎた。


まだ2週間。
されど2週間。


私はこの仕事結構合ってるな。
やりたいなと思っていたので、

落ちてからずっと引きずっている。


もう面接を受けたり
探したりするのも
ヤル気が出ない。


出来そうと思う仕事と
やりたいと思う仕事は
必ずしも一致しない。


ちょっとは妥協しないとと
言われるけれど
妥協なんてしたくない。


自分が思う条件で仕事が
したいんだもん。


しかし
あれもイヤ、これもイヤに
なってるようにも思えて

それはそれでまた落ち込む。
スパイラルから抜け出したい。


不思議と
『あ!これ!』と思う仕事ほど
家から片道二時間、片道2000円の
すごい遠い場所だったり、

地元の主婦しか来ないような
awayな場所だったりで、


お給料とも割りに合わない。
それでもやるべきなのか?
私にはもはや分からない。



なぜか近くに
自分の条件の仕事がない。
ぜーんぶ遠くだ。


神様がイタズラしてるんじゃないかと
思えるほど。



加えて仕事をしたくないと
言っていた友達が働き始めた。
しかも知り合いのコネという。


私にも話が来たけど
場所的に交通費も出てしまうような
割りに合わない仕事で。


それもまだ完全に立ち上げてない
新しい仕事らしいので、
彼女と数人しか仕事がないのが
現状のようだ。

私にいつ声がかかるかも
分からないような仕事なので、
身体が空いていたら声かけてね。
と事実上は断った。


モヤモヤの原因。
もしかしてこれ?!


ずっと一緒に暇だった友達が
コネで働き始めたということへの
嫉妬と焦り。



これだけではない。



他にも仕事が
見つけられない焦り。


置いていかれていくような
焦燥感。


たかがパートなのに
落ちた悔しさ。


メジロ君の対応までもが
冷たく感じてしまう。
(かなり関係ない)


全て思い込みのモヤモヤ感に
支配されてる。


自分はもっと出来るのに!
そうやって内心は思っているんだな。


だから悔しい。
だから焦る。


私にだって出来るのに
落とされた。

私は出来るのに
友達に先越された。


こんな風にどこかで感じていたんだな。



人と比べるなんてバカげているのにね。


私はカウンセラーでも
何でもないし
学んだこともないけど


恋愛の成功経験は豊富にあるから
その経験上での自信はある。

ただ仕事に対しての経験は
あまりない。


この差なんだろうな。
経験してないから
自信がなくて怖い。



真理や自分軸は頑固なまでに
持っている。
根が真面目なのだ。
曖昧に出来ない。


でも経験はなくても
根拠のない自信があっても
良いのかも。


根拠のない自信が持てたら
最強だ。



じゃ、さっさと持てば良いね。


根拠がないんだから
理由もいらない。


そう簡単にサクサク持てないけど
また落ち込むけど、


その繰り返しで
身に付いていくものなのかも
知れないな。


仕事は縁モノ。
早く出会いたい。

(あ、また焦ってる(笑))



















↑このページのトップヘ