アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2020年01月

寝る前に彼の声




私はメジロ君の声も好き。



少し低めで落ち着くんだな。




昨日は昼間に




次回のデートは


お蕎麦懐石かフレンチのどちらが良い?と



お伺いのメールをくれたので




『お蕎麦でお願いします❤

最近、声聞いて無いね』って返事したら





すぐ電話をしてくれた。




でもお互い仕事の昼休みだったので



長くは話せなかったから




夜、私が寝る前に


電話で話すことになって。




前はよく夜に電話していたけど



最近はしてなかったから




妙に緊張した(笑)




夜は静かだから



彼の声がよく耳に響く。




耳一杯に広がるのに心地良くて




ドキドキしてしまう。





電車で隣に座ってきたおバカさんの


イヤホンから駄々漏れしてくる騒音とは



同じ音のカテゴリーなのに大違いだ。

あれ、マジで迷惑だわ💢






音は中立なのに



これは心地良いとか


これは騒音とか



意味や概念を後で付けてるのは



人間の心なんだなと改めて思う。





好きな人の声は癒しを運ぶよね。




ここ最近、


人生にモヤモヤしていて



あまりよく寝れてなかったけど



会社でこんなモヤモヤがあったとか



そんなことを聞いてもらって




彼の声を聞いて寝たら



安心してぐっすり寝れた。






しかしメジロ君は本当に前向きな人で





私は仕事のモヤモヤを彼に話している内に





彼の持ち前の天真爛漫さが伝染して




なんかもうモヤモヤなんて



何だっけ?って思うほどに回復する。




良い意味でどうでもよくなってくる(笑)





すごいパワーだよ。





彼自身がパワースポットみたい。




彼は誰に対してもお祝い金を出したり




食事代を置いてきたり




人様に喜んでもらえるようなことを



普通の感覚でやってのける。




いわゆる

※宇宙貯金が半端なく貯まってる人。



※宇宙貯金とは人のために優しさや愛や
貢献や奉仕したりすると貯まっていくポイントで、後から絶妙なタイミングで神様からある日ご褒美がくる仕組のこと






もちろん彼は


そんなこと意識してないからこその


宇宙貯金なのだが


(ご褒美欲しさに
下心で貯めても宇宙貯金にはならない。)






私には

到底追い付かない宇宙貯金だと思う。





しかも私は貯金下手だからね(笑)





そこにいつも尊敬してしまう。




敵わないけど近付きたいなって思う。





愛と優しさで溢れてる人だから





人からも愛される。




すごいと思うのは



愛されたくて

愛するわけではないところ。




優しくされたくて

優しくするわけではないところ。





打算がない人だから




人に対してとっても自由で




人が何をしても



許せる心を持っている。





だから付き合いやすい。





私はその逆で



打算と自分さえよければで



動いていたので




無意識にも


人を傷つけていたんだろうな。



私から去っていく人が多かったからね。





打算と保身て伝わるもんだから。





いま、それを改め始めてるけど



長いことやってきたことは




改めに長い時間がかかる。




人生で遅すぎることはないけれど





残りの人生で

どれだけ宇宙貯金を貯められるかな?





でもピカピカのメジロ君といると



浄化されていくような気がする。





出会いを意味付けをするとしたら




そのために出会ったのだと思います。





人付きあいもほぼないし、


私が持ってるものはとても少ないけど





彼がいてくれて良かった。




せっかくなら学び倒すぞ。




でも彼になる必要はない。



私は私のままで




気付いたことを修正していくのみ。




人間は本来はピカピカですもん。




彼の声を聞くだけで



ここまで気付けるとは


スピードランニングも真っ青だね(笑)






これから何が起きても



最終的には良くなるし、大丈夫。



そう心に留めていこう。

























































































































それぞれの絆(きずな)



前回からの



気持ちの低迷期は抜けました 。




今、回復期です⤴⤴⤴





私は仕事での落ち込みもあったし




メジロ君ともギクシャクしてて




それを吐き出せるような友達もいないし





親も兄弟も反りがあわないから




ずっと会ってないし





グツグツと煮詰まってた。






そういう時ってさ



電車遅延とか



些細なことも含めて



嫌なことが重なるもんで。





もー!

誰も私を大切にしてくれない!って




ごう慢にすねまくって落ち込んで





行き場がなくて。






唯一パートナーには



私は気持ちを吐露できるので




モヤモヤを吐き出したら




優しく話を聞いてくれて




包んでくれた。




温かい身内のような


お兄さんのような大切な人です。


本当に感謝している。




恋ではないけれど



私もパートナーにもっと感謝を伝えて



もっと大切にしたいと改めて思った。








吐き出したら全てが



回復方向へ一気に回りだした。





メジロ君とも




ギクシャクは抜けて




お互いの絆を確認し合いました。






それまでは



3日ほどお互いメールを止めてて。




実は彼も仕事で色々あって



落ち込んでいたようで。




彼はそういう時ほど



メールは極力しない。





仕事でイライラした気持で



私にメールは書きたくないという人だから。






3日経ってやっと来たメールには






今も


トラブルを抱えて乗り越えてる最中らしく



何があったのか分からないけど



「仕事で最悪に凹んでます。


でもシロハトちゃんとの絆を

俺も大切にしたいです。」




メールで書いてあった。





こんなときは誰でも




誰かに吐き出して聞いてほしかったり




背中を押してもらえたら嬉しいよね。






メジロ君なら出来るよ。



よく頑張ってるよ。




そう励ましました。




自然とそういう気持ちになれた。





そしたら



『シロハトちゃんにすごく会いたくなった。

声も聞きたくなった。

思いきり抱きしめたくなりました。

応援ありがとう。見ててください。』






そんなホットなメールが来ました。




氷解…🍧




長年の絆があって良かったなと思った。




誰にだって



落ち込むことや低迷期があり





そんなとき側にいてくれる人がいたら




乗り切れることもある。




必要な低迷期だったんだなと思いました。




回復してまた低迷してを繰り返して



それは生きている限り続く。





その度に絆は深まっていくんだ。




良いことばかりでは



絆って育たないのかもね。





今は彼に



楽しいことを提案してます。




あ、私にとっても楽しいことです。




例えばデートのこと。




彼は土曜日は基本休めないので



ダメ元だけど





バレンタインは土曜日にデートしたい!




っておねだりをかけてみたり




今度は東北へ温泉♨行きたい!って




提案したり




仕事とは全く関係ないことを話す。




今はそれどころじゃないだろうけどって



謙虚な気持ちも乗せてね。





怒られるかなって思ったけど




彼は




「バレンタインデート、


もう少し返事待ってて。



でももし叶えられたら


※カボチャの馬車コースだね。

もー、お金かかるんだから(笑)」


って返事をくれた。



※カボチャの馬車コースとは

帰りは遅いから

タクシーで一緒に私の家まで

送ってくれることです🎃

その日はたまたま私が家に一人なのでね。






土曜のバレンタインデートを


叶えてくれるかは分からない。




でも


優しさがあふれてるなって思った。




出来ることはしてあげたいけど



無理なときはごめんね。

 
そういうスタンスのメジロ君。




安請け合いは一切しない、正直者。




でも



例えその時には叶えられなくても





いつか違う形で必ず叶えてくれる。




彼はそういう人だ。





それも長年の絆が教えてくれてる。





現実はさほど変わってないのに




自分の心が回復して


周りに感謝と謙虚な気持ちを取り戻したら




なんか穏やかです。




私に欠けていたのは



感謝と謙虚な気持ち。




ここんところ



それを忘れて



自分さえ良ければって



ギスギスしていたから




うまく行ってなかったんだ。





もちろん



感謝と謙虚な気持ちを持ってても



嫌なことは普通に起こるけど



学びとして捉えられる。









自分の利益のことばかり考えてもダメだし



他人のことを優先し過ぎてもダメだし





低迷期は



バランスが偏ってるよって



神様が教えてくれてるのかもね。





今、これ書いてるときも




彼からメール来た。



何とか頑張ってるみたい。



良かった。




大切な人との繋がりは時に面倒で



傷つくけど





それを乗り越えたときに




最高のギフトがある。



それが絆だね。




さてさて





私はまだ行けるかどうかも分からない



温泉旅行のお宿でも今日は探そうかな♡




ワクワクすることは



いつか叶うと信じてるから。




探すのに早すぎることはない(笑)
























































二人の自己肯定感の違い








これはそういう前提でいたら



そんなことを引き寄せてしまうことも




現実は信じてることが立ち現れることも



分かっていながら書いてるし



最近の私は自信喪失気味なので
 


そういった怖さが出てることも




自分で分かってます。




勝手に思い込んでることもあると思うけど




今はそれだけ自分に自信がないんだなって



客観的に見てる自分もいたりする。




前と今、



それを比べてどうする?


意味がないよ。



それも分かっている。




でも今の私は



そうした気持ちになっているんだ。




メジロ君は




恋愛に関してとても軽やかで




深く考えない人。




恋愛は彼の人生の要ではない。   




要は仕事なのだ。




だからとても強い。




彼は去年、旅先で




私といつまで幸せにこうしてられるのか



怖くなる。



いつまで続くかは



怖くて考えたこともない。




そんなことを言っていたことがあった。




あれから1年経って




交際4年目に入って





そんなカワユイ(笑)ことは




一切言わなくなった。




最近の私のワガママに



もしかしたら見切りつけてるのかなと




こちらが思ってしまうほど。





これは自分が


ワガママになっていることへの単なる



勝手な罪悪感に過ぎないけど




彼の私への想いに変化があるのかなと



ここでもまた私は自信喪失している(笑)




私は


自己肯定感が低い。



自信に満ちている時もあるけれど




諸刃の刃で




私という人間は





元々自己肯定感は低くて



自ら奮い立たせているところがある。




本物のつよさを持ったメジロ君とは




全然違う。




比べることではないのにね。




そんな私を自分で


どこか好きになれてないから



どうせ私なんてと



すねてしまうんだろうな。





自信がないから



去っていかれることへの不安も抱えてる。



もちろん

愛されていると信じきれていることもある。




でも最近の私は




メジロ君に対して甘えすぎて

 

イヤな女になってる気がしてるから




自信が無くてすねるので



悪循環だよね。




これを書いてるときに 




メジロ君からメールが来た。




私の手料理の絶賛の他に



謎かけの答えが書いてあった。




「満たされないの?

ごめんね、俺が原因だよね。

すいませんでした。」
   



そう書いてあった。





これは…




セックスのことと勘違いしてる…?




予想外だ…😓



「すいませんでした。」




このドライな言葉の中に




これ以上どうしろって言うんだよ?



俺はこれで限界だよ。って





言われてるような気がして




何とも言えない気持ちになった。




男性は


俺じゃ彼女を幸せに満足に出来ないから



そういう理由で去っていくことがあるけど 




そんな気持ちにさせてしまったかなって




怖くなる。




かと言って




なんて答えたら良いのかな。



セックス満足してるとも言えないし
  


てゆーか



満たされないって書いたのは


そもそもセックスのことじゃないし…😓




と同時に




彼は彼で勝手に私を満足させてないと



思っているんだなぁって。







こうしたズレは



私のスネから発信したことによって   
 


引き出されてしまったなと反省した。
   








でもそこまで


深刻にも捉えてなさそうだから




返事は寝かせることにした。




今は私の自己肯定の回復が先だ。




もう本当に最近の私は




ろくなことを引き寄せてない。




自己肯定感を取り戻そう。

  




メジロ君、待っててくれるかな。




変な方向へ考えないでね。




私は何をやってるんだか…。















 
 

    















































強さと自信に差がある二人





私とメジロ君の大きな違いは



自己肯定感の差だと思う。




彼は何があっても


どうせ俺なんて…などのネガな感情は



一切もたない。




自己肯定感がハンパないのだ。






だから例え私が別れを切り出して



去っていったとしても





執着もないので




あっさり身を引いて手放せてしまう。
(ように見える)





ダメージが少ないのが分かる。




かたや私は…



お分かりでしょう?(笑)




そこの違いに寂しさも感じる。



彼は嫉妬もしない人なので




無敵だよ(笑)




どうやっても敵わない。




彼は無自覚にも



私が去れないことを知ってるし




逆に彼は私に嫉妬も執着もないので



 
いつでもフラットで



穏やかで



そしていとも簡単に手放せてしまう。




こんな最強なひとと恋愛をしていると




そりゃ自信喪失気味になるわ。



私ばかり寂しいからね。




同じくらい自己肯定感を持ってないと




釣り合わない。




彼への怖さはそこにある。





別れを匂わすという切り札が


もはや使えないのだもの。




そんなことをしても



彼にはそよ風程度だし



ヘタしたらこちらが自滅する。





付き合い始めは確かに彼にも




私を失うことへの怖さがあって



それが言動にも現れていた。




しかしこの頃の彼からは




そんな怖さは感じられない。




去るならどうぞ。


俺は追わないよ。



そんな雰囲気さえ感じる。




私にがっつり愛されている自信に

満ち溢れていて




私に興味が失せたら



私から去ることも平気そうだ(に見える)





私はそれがもしかしたら不安なのかな?




これからご飯なので🍚続きます…










楽天市場
最新コメント
記事検索