なにかと


ベタ褒め

ベタボレのメジロ君ですが





そりゃね




こうなってくれたらなぁとか




ここがちょっとねとか



ありますよ、フツーに(笑)





全て盲目的ではない。



私は恋に落ちても



どこか少し冷静に見てるところがある。




あ、これでもね(笑)





その男性の人となりを



見抜く力はあると自負してます。






理想を掲げたらキリがない。




でも妥協して満足とも違う。




それが恋だと思ってるところがある。





メジロ君も私に対して



もっとこうしてくれたらとか



あると思うし。





でも



そこはお互い様だよね、あは(笑)って




笑って許し合えたり



その人を


そのままで愛せたりする関係が




もっとも良い恋愛関係だと思うのだ。





メジロ君をね



すごいなと思うのは




私が否定的な意見を言っても



すねたりしないで



素直に聞き入れる器があるところ。




だからケンカになりません。






ムカッとしてたとしても



冷静にそしてあとからそっと



さっきのはちょっとムッとしたけど




シロハトちゃんの意見ももっともだなと



思った。



そう伝えてきます。





それを聞いて私も



ああそっか。



あの言い方だとムッとするんだなとか




じゃもう少し工夫した言い方にしようとか



いくらでも修正が効くのよね。





そういうチャンスを与えてくれる人。



頭ごなしにダメだしとかもないし
(これはパートナーも同じ)




否定的なことも聞く耳を備えているって




実はスゴいことなんだよね。




覚悟も必要なわけで




それだけ自信があり




人と真剣に向き合ってるからこそ。






ま、そんなメジロ君も



肝心なこと聞いてなかったりするよ。



忘れていたりね。




でもそれも伝えると素直にごめんねと



言ってくる。






そしてね



彼が聞いていても



覚えていても



それは彼には出来ないことだから



あえてしないこともある。




それを私も受け入れたりすることで



良好な関係がまた出来ていく。




常に全てが

カチッとはハマらないけど




常に心掛けることは可能だよね。






経済的なことや


仕事のこと



それは後からついてくるもので





先ずは恋をする。




そこからだよなと思う。




恋に落ちたらどんなことも



一緒に乗り越えたくなるものだから。




だから


条件から相手を探していく婚活などは


私は反対派です。





人それぞれだから否定はしませんけどね。





話変わって




秋にはメジロ君の誕生日があります。



今からプレゼントする洋服を選んでる私。




ブランドに無頓着のメジロ君ですが



あるブランドだけはお気にいりで
(過去に私がプレゼントしたから)




毎年そこの洋服をプレゼント。



私の誕生日プレゼントは


その時その時で違ってて




旅行がプレゼントだったり



アクセサリーだったり



食事だったり


クリスマスもしかり。



全てを出してもらっている私が



唯一プレゼントするのは彼の誕生日。





でね



選ぶことがまた楽しいのよね。





だって何でも似合ってしまうから❤





個人的には



白とカーキ色が似合う男性が好きで



白ワイシャツのメジロ君なんて



萌え材料の一つですもの❤




で、デートの時に(私が(笑))

彼に着てきてほしいので






先ずは濃いめのカーキ色のTシャツを

チョイスして既に買いました。




あとの追加の洋服はまだ物色中。


候補はチャコールグレーのパーカーか



黒のニットにする予定。




これも似合うだろうな~と



妄想して選んでます。








で、




そのカーキ色のTシャツ、



色味もキレイでシルエットも



さすがのブランド。







何度見ても



着てる妄想で萌えます(笑)ヘンタイ




絶対に似合うに決まってるのですよ!




ラッピングをそーっとほどいて



見ちゃってます(笑)






もう早く彼に着てほしい(笑)




こればかりはねぇ




パートナーとかはちょっと違うんだな。





Tシャツってシンプルだからこそ




スタイルがモノを言うのよね。






身体が貧弱だったりしてもダメだし



逆にお腹が出てたりもダメだし





背が低かったりすると…


似合うとは言えず






申し訳ないが



小柄な日本人体型には

ものすごく陳腐です。







圧倒的にメジロ君の方が


スタイルが良いので



着こなしが違う。



日本人離れしたスタイルがモノを言う。




身体がもう

ファッションアイテムの一つみたい

なんだもん(笑)




あの顔と身体なら


何を着ても似合ってしまうから




選ぶ私は楽しみなの。




ええ、


主に私が彼に着てほしい服をあげる(笑)





で、とても喜んで着てくれるから



あげた私は更に満足❤





いつも私は彼を見ると



ドキッとするけど




私も彼にドキドキさせたいなぁ。




多分私に


ドキッとしてないと思うの( ;∀;)




そういう時期は過ぎてる感じで。





ズルいよなぁ~。




彼女への愛が深まっていく分、

ドキドキも少しずつ消えていく。


安心へと変わるからね。



男の人はそうできてるからなぁ。





でも私は諦めてませんよ。



デートの時には



女性らしさを心掛けてる。




もしかしたら何かの拍子で

ドキッとしてるかもしれないじゃない?



私には想像もつかないようなことかも

しれないし。





それを諦めてませんよ(笑)




ただ毎回ね


同じような服になりがちで



スカートかワンピース。





ドキドキさせたいけど




見慣れてきてるのかもね。



あとは私のスタイルの悪さも問題かな。




キュット引き締まったウエストと足首




私は持ってませんもの。





胸ばかり大きくて



ぽっちゃりしてる私のことが



好きらしいんだけど




ドキドキはしてないだろうな…。




メジロ君をどうやったら


ドキドキさせられるんだろ?




やはり時期は過ぎてしまったのかな。



4年だもんね。


私は未だにドキッとするのに





一目惚れした私の負けかねぇ。








ああ、


なんてアホらしく



幸せな悩みなんだろ(笑)





アホくさ(笑)




でも女性はいくつになっても




女性として見てほしいよね。




ドキドキさせたい(笑)



香水変えてみようかな?



新鮮味を増やしたい。




でもまぁその新鮮味もやがて枯れるから





深刻にならず楽しみながらやりたいね。





ちなみにメジロ君は



セックスした後に必ずと言っていいほど



あることを言います。



こないだのお泊まりでも言われた。





『シロハトちゃんの中に入るとね


言葉があってるかわからないけど


毎回違う人の中にいるみたいなの。


いつも感じが違うから新鮮です。


すごい気持ち良い。』





( ̄∀ ̄;)チーン




新鮮、そこ⁉




ま、でも




誉め言葉としていつも受け取ってます。




これからも良い恋愛関係でいようね



メジロ君❤