私とメジロ君の大きな違いは



自己肯定感の差だと思う。




彼は何があっても


どうせ俺なんて…などのネガな感情は



一切もたない。




自己肯定感がハンパないのだ。






だから例え私が別れを切り出して



去っていったとしても





執着もないので




あっさり身を引いて手放せてしまう。
(ように見える)





ダメージが少ないのが分かる。




かたや私は…



お分かりでしょう?(笑)




そこの違いに寂しさも感じる。



彼は嫉妬もしない人なので




無敵だよ(笑)




どうやっても敵わない。




彼は無自覚にも



私が去れないことを知ってるし




逆に彼は私に嫉妬も執着もないので



 
いつでもフラットで



穏やかで



そしていとも簡単に手放せてしまう。




こんな最強なひとと恋愛をしていると




そりゃ自信喪失気味になるわ。



私ばかり寂しいからね。




同じくらい自己肯定感を持ってないと




釣り合わない。




彼への怖さはそこにある。





別れを匂わすという切り札が


もはや使えないのだもの。




そんなことをしても



彼にはそよ風程度だし



ヘタしたらこちらが自滅する。





付き合い始めは確かに彼にも




私を失うことへの怖さがあって



それが言動にも現れていた。




しかしこの頃の彼からは




そんな怖さは感じられない。




去るならどうぞ。


俺は追わないよ。



そんな雰囲気さえ感じる。




私にがっつり愛されている自信に

満ち溢れていて




私に興味が失せたら



私から去ることも平気そうだ(に見える)





私はそれがもしかしたら不安なのかな?




これからご飯なので🍚続きます…