DSC_0035




こないだのデートで食べた前菜♡


美味しいお店で気に入ってます。







デートで歩いているとき


「あ、ここでファーストキスしたよね。」



いきなり言い出すメジロ君。




その場所を見た途端


ぶわーっと当時の記憶がよみがえる。





出会って初めてのデートで


すぐにキスをした(私が仕掛けた)



私がしたかったから。


ずっとしたいと思っていたから。


片想いの頃からずっと妄想してたから(笑)





彼のキスは想像以上で



このヒト、絶対女性経験豊富だな。


そう思えるぐらいキスがうまかった。




今は


慣れたせいなのか?


そうでもないかもって思ったりするけど(笑)




軽い優しいキスが増えたんだよね。





あのファーストキスのような


最初の頃のような



がっつりしたキスが最近少ない気もする。




気持ちと連動しているんだろうか。




でも変わったところは



前は私から仕掛けていたキスも




最近は


彼から先にするようになった。



それも


最初は決まってライト・キス。



本当に優しいタッチなので



激しいのは面倒なのかな?って


思ったこともあったけど





元々の彼のような優しいタイプは



荒々しいキスより



優しいキスが


本来の彼なのかもしれない。




そう思えるようになったの。




心の目で見れば



その優しいキスからも


私を愛しく思い



大切にしている想いは伝わる。




ついつい私は



激しい=愛されている


このように変換しがちなのですが




彼からしたら



優しい=大切にしている



そういう変換なのかもしれません。




50年近く生きていると



そういうことが見えてくる。






中には


50年以上生きていても



自分の価値観や思いが全てで


ヒトはみんな自分と同じ考えで



そうでないと気が済まない。



そんなヒトもいるけれど

(同僚にもいます💧)




そういうヒトとは



長くは付き合えないなぁ。



その方はそういうことが原因で


離婚されたそうだけど…



どこまでいっても


自分に何の落ち度もなく


全て相手のせいだと思っているそのヒトは



幸せなのか、不幸なのか…?








私は幸い、気付く目と心というものを


神様からもらっていたようで



価値観の違いだけで


大切な奇跡を手放さないように


幸せの芽を摘むことが出来ている。





でもヒトと比べることではなかったね。



その同僚と一生付き合う気もないし



どう生きようが、そのヒトの人生だもんね。





話をグイっと戻すけど





キス一つでも



毎回感じ方が違うのは当たり前で




それは心と連動しているからだ。





彼が私を見つめる顔も


私の心の持ちようでも変わる(ように見える)





ドキドキしたり


変な顔って思ったり(笑)←これはあまり無いかな






こないだは


私を見つめる真顔があまりにカッコよくて



ドキドキして



思わず目を逸らしてしまった。






彼には普通のことが


私にはとんでもなく


ドキドキする材料になる。





彼も私に対して


そう思うことがあるのかな?


絶対、言ってはくれないけど。




私が美味しいものを食べている時の笑顔が


大好きで癒されるとは言ってくれるけどね。



でもそれって


どんな感覚なの?






ドキドキとは違うよなぁ、きっと。


いや、完全に違うよな(笑)









彼にとっての「ドキドキ」は


きっと初期の頃で終わっているのかもね。




今は



穏やかな想いがあるように見える。





私はいつまでも彼にドキドキさせられて



ズルいよねぇ。




キスされるときも



抱きしめられるときも



見つめられるときも




いちいちトキめいているのは私だけかな。






彼の想いが減ったわけではなく


むしろ増しているから



穏やかな想いに変化している。





それは分かるけど




初期の頃に


私に感じてくれていたドキドキ感が



随所で見え隠れしていた



メジロ君はもう、いないんだな。





「こんな気持ち、久しぶりだよ。

今すぐ飛んで行って抱きしめたいよ。」



そんな熱い気持ちを言ってくれていた


あのメジロ君は


もう、どこにもいないんだな。




と思うと少しだけ寂しくなることがある。







過去はもう終わっていて


なんなら、今さえも


毎瞬、毎瞬、流れてどんどん過去になっていく。



過去は頭の中以外にはどこにもないのに




時々、過去の幻想を追っては

切なくなる。





無常です。




過去の幻想を追うことは無意味です。





が、






恋愛においては



時々はスパイスとして必要かなって感じるの。





スローモーションのように



ゆっくりと過去を噛みしめて浸る。



それはきっと



女性特有のシステムかもしれないね。







「あの頃のメジロ君はこうだったな。」



そういうと彼は



「その考え方、俺は好きじゃないの。

今が大切でしょ?」





現実主義の彼らしい言葉。





それはそうなんだよ。


彼は正しい。





「でも女性はいつまでも



ファースト・キスのときのような



ドキドキした気持ちで会いたいの。」




それを言うと





「ふーん。難しいねぇ。

俺には理解できない。


だって、


ずっと最初と同じ気持ちって難しいよ。


だって

経験したらそれが積み重なるでしょ?

慣れるって当たり前のことでしょ。」





いつもこの話は平行線になる(笑)



でもね


平行線が楽しいの。



これってとんでもなく幸せだもん(笑)






彼は言う


「じゃさ、ずっ~~~~と会わないで

久しぶりだったら

そんな気持ちにもなるかもしれないな。」






彼にとって


「距離と時間」は


その経験をかすめさせるツールのようで




新鮮さは


keep love freshとは



「距離と時間」がもたらすものだと


言わんばかりに。




確かにね、一理あるのよね。



結婚して


何十年も一緒に暮らしていたとしたら



それは安定と慣れに変わる。




「時間と距離」は



寂しさももたらすが、



新鮮さももたらす。





寂しさと新鮮さはセット。



やはり



物事は裏表が一緒にセットなんだねぇ。




どちらかだけ欲しくても


もれなく反対側もついてくることを


受け入れないとならない。





私はメジロ君とは


時間と距離を保って


keep love freshを選択した人生。





そして


慣れ合いがもたらす安定した生活を


パートナーとしている。






あら♡


良いとこ取りのハイブリット♡




こんな人生も良いものですよ。



それなりのセットの覚悟もいるけど






でも私にとっては



そんな大げさな覚悟もなく



コーヒーを飲む感覚で
(どんな感覚だ(笑))



二人の男性を


愛し、愛されているから




罪悪感も生まれないし





罪悪感がないからこそ



酷いことにもならない。





要するに


軽いエネルギーしか使っていない。




そう何より自分が思っているので


上手くいくんだな、これが。







少しでも罪悪感がある方は


いや、


罪悪感が少しはあってもいいけど



楽しめない方は


こういうハイブリッドな恋愛は


お勧めしません。





楽しめない気持ちは


やがて


ほら、やっぱりバチが当たったのよ。



っていうような事実を自分で集めだすから。




自ら引き寄せてやがて自爆するからね。






keep love freshは


主に男性が得意とする



「時間と距離」を




寂しさセンサーの強い女性が


どこまで受け入れられるか。





そこもポイントになってくるかもね。





私も日々研究中(笑)



ただし、楽しみながらね♡