CA3C0052



秋にはパートナーが

秋休みを10日ほど取る。



お墓参りのついでに

ちょっと旅行でも行こうか。



そんな話が出て


お宿探しが大好きな私は



ウキウキしながら選ぶけど







どの宿も


どの温泉も



浮かんでくるのは


メジロ君といる私。






ああ、



彼と旅行したいんだな、私。











パートナーとの旅行も


気を遣わないし好きだけど





なんでだろ、



お宿を探すたびに



メジロ君の笑顔が浮かぶ。







豪華な食事の画像を見るたびに



ああ、彼なら


迷いなく一番良いお部屋で


最高のものをパッと頼むだろうなと


彼と楽しんでる私が浮かぶ。





浴衣着てそぞろ歩く二人が見える。



手を繋ぎながら



じゃれあいながら



その時の私は


間違いなくキラキラで




夕暮れの風が


彼の髪を揺らすのを



恋する目で見つめてるだろう。




そのときの風まで感じられる。











今年は彼は喪中で


相続もお金がかかるから





旅行はムリ。




でも来年の1月とか


行けたら良いな。



一番お気に入りの


いってみたいお宿は


彼と行くために


取っておく私がいる。






恋旅行は



家族旅行とは違うんだな。






いずれ


私はパートナーと多分、

籍を入れる。



パートナーが


定年退職する前に


年金とか相続も考えてのこと。




本当は迷ってる。



メジロ君にも言えてない。




色んな思いが浮かぶよ。





この心は


この体は



メジロ君を呼んでる。




でも



一緒には暮らせない。




彼とは恋人でいたい。




こうして悩める幸せを



味わう。




結論はまだです。

その時の心に任せます。











パートナーも


大切な存在です。



彼のことも楽しませてあげたいな。





ちょっと頭を休めてきます。






でもきっと


どこへ行っても


彼とここにいたらなって



見るもの聞くものすべて




想いを馳せるだろうけど





パートナーに罪悪感はわかない。



だって


悪意はない気持ちだから。



パートナーへの思いとは


全然別物。



常識をとっぱらった想いは



ウソがない。



しかもそれが良いか悪いかは



他人がきめることではないよね。






心に浮かんだ思いは


どうにかしようとするとかえって



暴れだす。



じっとして静観してると


サラサラ流れ出すもの。



浮かんだものは


コントロール不可です。


その代わり



そのままにしておけば


自然淘汰します。




彼のことが


24時間浮かびっぱなしなんて



そんなヒトもいないよね



無意識でも


ちゃんと浮かんだり



消えたりもしてる。




さてさて


多様なこの人間の脳をつかって



お宿探し再開です。。