DSC_0106




メジロ君は



やっぱり甲斐性がある〜





役員報酬減らされてもなお、





クリスマスも年始のデートも




ちゃんと応えてくれた。





私の好きなワインも



2本もw予約してくれたらしい♡






彼も人間だから一旦は落ち込む。





でも




その後の切り替えが鮮やかです。





彼の懐を


心配するのは失礼だなって思った。








人生を軽やかに生きていく




彼のそのたくましい力を





私は信じてる。





いろんな制約や忙しさの中で




精一杯に


私の希望を叶えてくれようとする。





その男らしさが私は大好き。






果たして





私は私の人生を



ここまで力強く生きてるかな?






ちょっとの変化にも弱いし




この先の仕事もどうなるか不安だし。







でも彼のように軽やかに




流れに任せるように進んでいきたい。









彼といると楽しいばかりか




学べることがたくさん。





私は彼に何をしてあげられてるだろう?




もらいっぱなしのような気がする。





彼がいて私は幸せだけど




彼は多分一人でも大丈夫な人で






その自立心は




時に寂しさを覚える。






将来は富士五湖の辺りに家を買って




釣り三昧で暮らしたいって言う彼に




妙に寂しさを感じた。







彼の将来のビジョンに




多分私がいないことが何か寂しい。






会社を辞めたら





いずれ風のように



気ままにどこかへ行ってしまうでしょうね。





今の仕事はあと数年で辞める。





そう前から言ってるもんね。








彼を愛するならば




引き止めて置いておくより





彼の望む人生を応援したい。






そこにわたしの姿が無くても。







それがきっと



私にしてあげられることだろうな。







それまで私は




彼との恋愛を謳歌する。





何があっても謳歌するよ。






ちょっとしめっぽくなっちゃいましたね。



話を変えましょう。







今週末のデートは




一応クリスマスデート‥ですが




プレゼントはありません。




素敵な旅行に化けました。






彼は相続税を年末までに支払うらしく

   



ケタが半端ないので




大変だなぁって他人事のように思う😨






報酬も減り、


そういう大変さもある彼だけど





デートは本当にいつも気前よくて



スゴイなって素直に思う。





独身ならではなんだろうけどね。






でも何年か前は




プレゼントもあったのになぁ💔






女って贈り物に弱いのよね。







欲しいけど




前から言ってるけど




今は叶えられないだけで




忘れた頃に彼にもベストなタイミングで




それはやってくるのでしょう。




そう信じる。






このコロナ禍で





ステキなレストランでデートが出来るだけでも




本当にありがたいことですもん。







デートのあとは




いつものホテル。






ほんとはね





年始は




東京ステーションホテルを予約してたのよ。







でもコロナで



一斉停止&自粛ムードになってしまい





泣く泣くキャンセルしました(T_T)






今週末は








いつものホテルで二人の時間を過ごせる。





でもその日は朝から付き合いの法事だの



ちょー多忙なメジロ君だから





おそらくまた寝落ちでしょうけど💔






それでも彼が好きだから




私も一緒に寝落ちしよう(-_-)zzz





その代わり




後ろからハグは絶対にやってもらうぞ。







彼の大きな体にスッポリ包まれたい。







そして年始もいつものホテルです。






でもね





彼のお家は本家なので




年始はたくさん人が来るらしく





お母さんが亡くなってまだ喪があけないので





お線香をあげに来る方のために




なるべくお家にいたいらしい。






その中で




午後から会ってお泊まりです。






私にホントに



良くしてくれてるなって感じます。






感謝だなぁ。







彼は多分




私と過ごさなくても本当は平気。







でも私のこの一緒にいたい気持ちを




何とかして叶えてくれてる。







そして





私と一緒に過ごしたい気持ちが




彼にも少しはあるからだと信じたいな。







私の恋愛謳歌は




あと残り時間が少ないのを




彼も知ってるのかもしれないね。






儚いからこそ




ときめくんだな。