バンビ君とは



正味1ヶ月位しか親しく話さなかったので



思い出が非常に少ない。





今となっては



毎日隣の席にいたのがウソみたいだ。




あの頃は本当に楽しかったなぁ。




LINEが塩対応でも



隣の席ではとても優しくて



顔を見て気持ちも確かめられたもんね。




彼が去って1ヶ月過ぎて


寂しさは薄れたけど




毎日話せたあの頃は



キラキラしてましたね。




良い思い出が少ないから



彼を思い出すときは



何度も同じ場面を反すうしてしまう。




会社から駅までの道のりに



あちこちに彼の面影が残ってて


  

相合い傘をして歩いたことや





待ち合わせをしたお店の角や




改札口も



ここにいたんだよなぁって



今日はなんか思い出しながら歩きました。




それに付随して



飲みにいったときに



恋人つなぎをしながら歩いたことも



時々フッと思い出しては反すうして




ちょっとドキドキしてくる。




彼の手は小さくて繊細で



柔らかくて



なんかそれも夢みたいな



現実味のない事実。



お酒の力だね。






普段は



メジロ君の

ごつい手と恋人つなぎをしてるから




余計にそう感じたのかも(笑)




唯一の彼からのアクションの



背中のボディタッチも




抱き寄せられたことも鮮明に覚えてて…




なんてったって、思い出が少ないからね(笑)




何度も反すうしちゃうよ。





好きな気持ちは…まだ消えてない。



あの頃よりだいぶ落ち着いたけど。





とりあえずは



彼からの行動待ちにしたけど





彼は私を好きなわけではなく




一方的なこちらの片思い。





このまま



LINEもなくて



会わないでいることで




私の恋心がこのままどんどん昇華して




彼との距離もどんどん離れて




苦しくない頃になったら




私は自然と彼のことも諦められるのかな。





まだどこかで



期待してるこの思いが




キレイに粉砕してなくなるまで




あとどれ位かかるんだろう?





その間にもし



彼からアクションがあったら



元の木阿弥。




でもそれは無い。




彼はマジメな青年だ。




冷静に考えて



頭の良い彼は



既婚者と思ってる私に


手を出すことは絶対ない。



しかもかなり歳上だしね😑




それなら独身の安全圏を狙うでしょう。






彼には

私にアクションを起こすメリットがない。



手を出してバレたりしたら




世間的にも



むしろデメリットだらけ。



手を出したくなるような



そこまでの魅力もないし。





異性として意識されたのは



あの飲みのときだけ。



それはね、お酒は理性を鈍らせるから。




あのときは


めちゃくちゃドキドキした。




きっと最初で最後の甘い瞬間だったかもね。





友達としても



彼とは接触が少なすぎてほど遠いし






私は 



中途半端な存在で



しかも



私がどういうつもりで



自分にアクションしてくるのか



彼もよく分からなくて



だからとりあえずは



受け身で反応して



そのままにしてる感じだよね。




それなのにグランピングなんて



めちゃくちゃ困ったと思われる(笑)



サラッと


行けたら良いですね!って


流すしかなかろう、そりゃ。



意味なんて考えてた私もアホだわ💦





私も自分がどうしたいのか分からないんだから



彼なんてもっと警戒するよね。




この人、既婚なのに



何を考えてんだろう?って



常識的に考えたら不気味だろうし。





私の立場は



本来は恋愛がままならないんだと


今更ながら身に染みる。




世間的に常識はずれだもんね。





メジロ君はそんな私のすべてを受け止めて




私と5年も恋愛しているけど




そんな人の方が稀なのだ。





それに慣れた私は



バンビ君のことも普通に欲しいけど




彼に告白をしたら



尻軽女として見られるだけでなく

→もう見られてるとは思うが…




困らせてしまう。



冗談でしょ?って思うかも知れない。





私の立場は



常識的に見たら



そんな最悪の要素満載なんだな〜



自分で忘れてしまうけど💧




もちろん、バンビ君も常識人。




深みにハマることなんて望んでない。





だから



LINEでもオウムくんだし


受け身なのかもな。




どう返したら良いかなんて



対応に困るよね。






そうだよなぁって



今頃、気づく私はおバカさん(笑)。




それでも




もうここまで気持ちだけで



突っ走ってきたから




後悔はしてません。




試せて良かったと思う。




まだどこかで期待してる思いが



木っ端微塵になるまでは



時間はかかると思うけど




この年齢で



彼を好きになったことは




幸せだったなぁって思える。






ただ、



バンビ君は



常識はずれな私の誘いには乗らない



賢い人だったことを




私が気付かずにいただけで(笑)





彼のことも


メジロ君みたいに




手に入ると思ってたんだね。




そして、私にはそれだけの魅力があるとも



どこかで思ってた。



本当におバカさんだ〜。





あ、




メジロ君もおバカさんなのかも(笑)



私にそれだけのメリットと


魅力を感じてくれたのかな。





多分、そんな計算出来ない人だから



きっと彼もただ私に恋をしてくれたんだ。



そうでなければ




私みたいなヤバい相手に動けないよ。




恋はそれだけの原動力となる。




恋は盲目なのだ。




残念ながら



バンビ君には発動しなかった。




ただそれだけに過ぎない。





でも叶ったら叶ったで




相当、苦しかったよね。




バンビ君が


どんな恋愛傾向なのか分かんないし



きっと冷静クールにだろうから


私が追いかけるかな?



でもそれは私の狭い想像でしかない。



私は彼のことを何も知らないのだから。





彼も



メジロ君みたいに


何もかもを


軽やかに捉えられるとは限らない。






始まってしまったら



出口が見えなかったと思う。




それこそ



生き地獄だったろうね。





私の人生で私が最終的に幸せになるように


センサーが働いて導かれてるとしたら





ここはバンビ君と成就しないほうが


きっと良かった。





もちろん私にとっては



それってつまらないし




思いが叶わないことは




なんか哀しいけど



私の幸せのために起きる出来事は



私にとっては



哀しくて望んでない形で現れることもある。




良いことも哀しいことも



あれで良かったんだなって思えるように


なってるとしたら




やっぱりバンビ君とは



成就しないほうが良かったと思う。





もし私の恋心は終わって



友達として成就したら



もう最高だな!とは思えるよ。




そのための彼からのアクションなら




キープでも良いから(笑)



すごく嬉しい。





だからそれを待つことにしたいな。




ん、それを待つ。



その誘いを待ちたいな。





そうしてる間に




もし

私の恋心が治まったら



自分が誘っても良いじゃん。





彼からの飲みの誘いがあるのか、



ないのか





それさえも



幸せセンサーに導かれてもう決まってる。




あっても、なくても




幸せへの道へ導かれて





それで良かったとなる。




だから、任せてみよう。




私は、彼からの誘いLINEは


ないと思ってる。




どこかで期待はしてるけど




彼が行動する


モチベーションが見当たらない。




結局、来ないと思う。




そのとき、


自分がどうしたいかで



また決めていくよ。




その「どうしたいのか」は



センサーが働くから



それに委ねます。



どこかでまだ期待しちゃうほど



期待を完全に捨てられないほど



いまはまだバンビ君が好きなんだな。





それだけは


今わかってることだ。




こんな風に私も



誰かに密かに思われてみたいなぁ。




私、モテ期ってなかったから(笑)