週末はメジロ君とデートしてきました。




色んなことが最近あったので




会えるまで長かったような



短かったような…




でも長かったかな…




会いたかったから、とても。






彼の顔をマジマジと見て





マスクしてても



やっぱり好きな顔だなぁって




ときめく。




彼の体もがっしりしてて




やっぱり好みで。






このブログは元はと言えば




メジロ君との恋愛日記。




彼のことが好きでたまらない気持ちを


書いてきた。





今もその気持ちは変わらないです。




こんなにも好きなタイプに出会えたこと。





そして結婚しないからこそ




ずっと恋人でいられる奇跡。










ベッドに横になって添い寝しながら




世界卓球を観てて



彼は私を後ろからハグするとき



シロハトちゃん、良い匂いだねって



抱きしめてくれる。




みまひなが懸命に戦ってるというのに




そのままイチャイチャが始まり




そのまま体が重なる。




もう何回、彼としたことだろう?




体温が重なる幸せが二人を包む。




やがてもっと老いて



みんな当然、死を迎えるわけだけど






彼と離れるときが来るなんて



想像もしたくない。




ことが済んで



みまひなも無事に勝ち(笑)





メジロ君は私の両手を




彼の大きな手のひらで



ギュッと包みながらうたた寝をして。




その顔を見てるだけで




ただそれだけなのに



なんかものすごく幸せを感じました。







限るある

なんて愛しい時間なんだろう?





横にいるメジロ君を眺めながら




そんなことをおもってました。




永遠に生きられるかのように




私たちは過ごしてるけど




どんどんその日に近づいて行くんだよね。




だとしたら





意地を張ったり、すねたりする時間が



もったいないな〜とも思う。





つい、忘れがちになるんだけどね。





終わりが見えていると




目の前のことが途端に大切なことに変わる。




何気ない日常も



なんなら、これを書いてる瞬間も




どんどん過ぎていくわけだから。






私はメジロ君をもっと見ていたいし



感じていたい。




素直に愛の表現もどんどんしていこう。





最近、強く思います。





バンビ君とか色々迷い道にも入ったけど(笑)






結局、ここに立ち返ってきたな〜





年末年始は




メジロ君との



二年越しの東京飲みが待ってる。




長引くコロナ禍で



何度もキャンセルをせざるを得なかった




東京ステーションホテル♡





愉しみだなぁ〜。




私の仕事はなんだか、綱渡りだけど




なんとかなっていくと信じて。





彼との限りある時間をもっともっと楽しみたい。





憂いてる暇などないよね。




たまに憂いてもよいけど




目の前の大好きな人に目を向けよう。





ゴートゥトラベルも再開したら




メジロ君と旅行もたくさん行こうと話してる。




その為にも




私は働くのだ〜。






出してもらってることが多いですが(笑)





彼もそれが働くモチベーションになると




言ってくれたもんね。





時々、彼に温かい料理を作って



おかえり!!って言う生活を



無性にやりたくなることもあるけどさ。






20、30代ならそうしたかも。







結婚しないからこその




恋人関係。





両方は選べない。




選べないって分かったのは




アラフォーになってからで


最近だもの(笑)





若い頃は



結婚しても、恋人関係でいられると



思ってたからなぁ〜。






ふ、若いわ(笑)





でも今、幸せですよ。




アラフィフになっても




顔が老けても





気持ちは



若い頃の様にウキウキするもんね。





アラフィフのバカップルで良い。




はた目なんか気にしてる時間もない(笑)





これからもそれでいきます!