帰りの駅のホームで、


「メジロ君にとって愛するって何?」


って聞いた。



『一緒に話すこと、話を聞くこと、


ご飯食べに行くこと、時々会うこと…』
って話してる間に


彼の乗る電車が来てしまい、



続きは聞けなかったけれど…

 

 



彼の愛するって、
彼の愛情って、



すんごくシンプルなんだな…

 



もっと私は愛するって、


ネッチョリガッツリ、
濃くて壮大なイメージだったけれど、



日常に溶け込み、


とても地味で小さくて、


でも何よりも大切なことを
彼は愛と捉えてたんだなって。

 




わー、彼は神だなほんと(笑)

 

 



そういえば私のパートナーも
似たようなことを言ってたな。



私と楽しく過ごす事、


朝、気持ち良さそうに
寝ている私を起こさないでおくこと。



私が作ったご飯を美味しい!って


食べること。


そんな些細なことが愛なんだ。

 



パートナーも神だ(笑)

 



そんな神様に囲まれて


過ごしている私の人生は幸せだ。

 



幼いときは病弱で、


いじめにも遭って


友達もほとんど出来ずに


自己肯定感が低いまま大人になって。

 



心屋さんや色んな本を読んだり、


嫌なことは嫌だって
言うようにして、



自分軸を取り戻したけれど


まだまだブレブレで、

不安や、


~してくれない、
どうせ私はダメ病が


ピョコピョコ顔を出し、


恋愛に依存しそうになる私がいる。

 

 

 



今日はCSでやってた、


「アデライン、百年目の恋」


という映画を観たのだけれど、

 



主人公の女性は、


どんなに愛し合った男性がいても


自分の秘密を抱えたまま、


嘘をついている自分、


装っている自分がバレない内に


いつも逃げ出す。


百年もの間、ずっと逃げてきた。

 



そしてそんな自分に疲れ果てて、


最後は逃げずに秘密を
さらけ出すことを決意する。



もしかしたら受け入れて
もらえないかもしれない。


恋人が去っていってしまうかもしれない。


それどころか、
自分の身が危なくなる覚悟で。



それでも逃げるよりは
マシだと勇気を出してさらけ出した。

 



そう。


一端、全てを手放す勇気を
持ったんだよね。

 



今の私に足りないものを
見せられた気がした。



彼に執着しない勇気。

 

 


私は自分軸と言いながらも、


どこかでまだ愛される自信がなくて。



私なんて好かれるわけがないと
幼い頃からの呪縛が中々抜けなくて。

 



だから親しくなった相手に
執着してしまう癖が抜けきれない。



今も見捨てられ不安がどこかにあるから、

 


彼がどんなに愛してると言ってくれても、
不安が消えない。

 



だから

メールが来なかったり、


デートに誘われたりしないと不安で、

 


こちらからつい、
次に会う日を決めてしまう。



メールも来ないと寂しいと伝えてしまう。


これはきっと
彼を束縛してることと
同じなのかもしれないのに。

 



あんなに愛に溢れてるのに、


まだ不安で欲しがる。

 



特にホルモン月間の時なんかは


情緒不安にね。
なるのよ。

 



でも彼に愛されてるとしたら、


求めなくても良いんだよね。


(心屋式で言えば、断愛の部類かな。)

 



だから今、


今までのパターンとは逆のことを


やってみてます。

 



それは、


こちらから気分が乗らないときは


メールをしない。

 



そして相手にも求めない。

 


デートも次に会う日を求めない。

 


自分の時間を最優先。

 


彼と同じように真似して
みようかなと思って、
昨日から実践中。

 



いつもなら電話くれたらメールしたり、


デートしたら
お礼のメールしたりしていた私だから、


(帰り際にお礼を言ってるにも関わらずね💦)

 

今までの逆のことで、



あり得ないと思ってることだけに


めちゃ怖いけどね。


彼が離れていくんじゃないかって。


拗ねてると思われそうで。

 

 

 



電話で、
ツンツンと忙しいんなら
会わなくて良いよとか
素直じゃないことを


言ってしまったから余計ね…。


(でも彼は会うのは全然大丈夫ですよ。
って言ってたけどね。


それに対して「ありがとう。」
とはちゃんと言えたし。)

 

 



愛されてるとしたら、


愛されようとしなくて良い。


求めなくて良い。



心屋式で試しにやってみる。

 


やってみなければ
分からないことは沢山ある。



やってみて分かることも


沢山ある。

 



勇気を出す。


どうなっても大丈夫!


私は結局、ちゃんと幸せだから。