私は友達が少ないんですの。本当に少なくて2人程度。 その友達さえも、私が誘って遊びに行きます。   その内の一人は、 人気者なのでその子には友達がたくさんいます。 だから私にとっては、数少ない友達だけど、 彼女にとっては私は複数の友達の一人。   時にはお誘いのメール返信が中々来なくて、ヤキモキしたり。 だけどその友達は単なるルーズなだけで。 私を嫌いだったりする訳ではない。 そう信じることが出来る友達。 (時にはちょっと疑う事もあるけど…)   その友達には、 寂しい自分も、ダメな自分も、 「ありのまま」の私を見せられるので、私は会いたくなる。 だから誘う。   私には義理で付き合っていたり、 無理して付き合っていたり、 自分が会いたくない友達がいないということ。   つまり、少ないけど、 自分が会いたい、厳選された友達しかいない。   そしてね これもある時、気が付きました。   あ、私、自分の都合で会いたいんだなって。 自分が会いたい時に、会いたいんだなって。   誘ってくれなくて寂しい。 何で私ばっかり誘わないとならないの? って思ったことが何度もあったけれど、   自分のペースで会いたいと思っている、 自己チューな人だと気付きました(笑)   ずっと友達がいないことがコンプレックスで、 恥ずかしくて。 大勢の友達に囲まれて楽しく過ごしている人が羨ましくて。     だから私も友達を作らなくっちゃ! 生活を充実させなくっちゃ!って 無理やり友達を作ろうとしたけれど、 結局、友達を増やせない。   いや、待てよ? 私、本当に大勢の友達が欲しいのかなって。   パートナーといる時間、 彼氏とデートの時間、 自分一人の時間、 前は仕事していたから、仕事している時間、   そして、その空いた時間で友達と会いたい。 そんな自分に気が付いた。 要するに友達と会う事は、私にとって一番優先順位が低い。   だから2人が調度良いのか。 だから友達を無意識に増やせていないんだ。 そして、それで良いんだ。って気が付きました。 ありのままの自分で良いんだ。って認められた。   そんな友達のもう一人の方が、 私よりも先にコネで就職が見つかり、 すんごい、羨ましくなってしまった私。 なんで、私の方が早くから仕事探していたのにっ 私なんてコネもないし、彼女は恵まれているなぁ。 良いなぁ、良いなぁ、良いなぁ!!って。   先を越された悔しい様な気持ちと、 仕事がまだ見つかっていない惨めな気持ちが顔を出しました。   そこでね、また気付いたの。 あれ? 私は、その彼女よりスゴイのに何で?って思ってた?って。   そうね、どこかで彼女よりも私は上で、 彼女はバツイチで、 出会い系の変な男に引っかかって付き合っていて、 私みたいな幸せな恋愛もしていないし、 友達も少ない彼女が なんで私よりも先にコネで仕事見つかったの?って   ちょ~腹黒い、ブラック・シロハトさんが登場しました。 めちゃ怖いよ…(笑) 友達に対して、 こんなブラックな気持ちを持っていたんだな~。   でね、そのブラックな気持ちはさすがに言いませんでしたが、   友達に、 仕事見つかって羨ましい。良いなっ。 私、不安だなって、正直に本音を認めて負けてみました。   自分で負けを認めたら、気持ちが軽くなった。 次は私の番だなって素直に思えたし、 シングルマザーの彼女も色んな不安を 抱えていることを話してくれた。   自分が持っているものを意識すること ダメな自分を認めること   それでも私は自分が好きだということ。 結局は通過点や、状況が違うだけで、 自分は上手くいっていることを感じて、幸せな気分に戻れた。   心屋式でいうならば、 私は既に幸せで、 私は既に愛されていて、 私は既に上手くいっている   何かある度にこれを思い出させるような事が起こるのは、 私の中でまだ浸透していないからなのかな。   日々、修行だ。 でも適当に修行だ…。   問題は問題視しないことが一番なんだなぁ。