アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

デート

ナゾかけ…




メジロ君とデートしてきたよ。




沢山イチャイチャしたけど




彼はやっぱりセックスは苦手で



私は大好きで




私が満足に至らないまま彼が果てる。




そこにズレはある。







それでも一緒にいることは



私は嬉しい。





キスモハグも沢山して



途中寝落ちもしたけど




ラブラブしていた。




なのに



この寂しい気持ちはなんだろう?




モヤモヤ感はなんだろう?





そんな事を帰宅後のお風呂で考えてました。




私にもよくわかってないけど




多分、付き合いが長くったことによる




二人の間の小慣れ感に



モヤモヤしてる?




自信喪失気味にモヤモヤしてるかな。





私も彼に対して甘えが出て



我慢が効かなくなってて




ちょっとしたことでキレてしまう。




それが自分でも分かるので



自分でも嫌なんだよね。





彼は彼で



私に慣れてきたことで



これぐらいは大丈夫だろうみたいな扱いが




増えてきてるようにも感じられる。




彼はそんなことないって言うけど




私が変に拘ってしまって




前よりも扱いが違うと感じてしまう。





それが最近積み重なってる。





ズレというか違和感。





そしてそれをメジロ君にも


メールでそのまま




『メジロ君に会えて嬉しいのに


最近デートの度に



この満たされない寂しい気持ちと



モヤモヤ感はなんだろう?って




お風呂で考えてました。




それはきっと…🤔』




って



途中でやめてナゾかけしてみたけど





彼には訳の分からないナゾかけだろうね(笑)





意味不明でナゾかけとも思ってないかも。




だいたいこの手の私の


モヤモヤの意味不明のメールに対しては




彼はバッサリあっさり



スルーが多いので…🤒




そのことには触れずに




手料理の感想のみを書いてくるだろうな。




そりゃそうよね。




勝手な私のモヤモヤを


彼に分かるわけもない。




答えようもない。







不動の一位で



シロハトちゃんは大切な恋人だよって



ずっと言ってくれてる。



彼にとったら



俺はちゃんと伝えてるのにって思うよね。








それなのに私は




仲の良い事務員の女性とのやり取りとかに




嫉妬してしまったり。




それもピシャッと




私には女性のことは話さないで。



私に分からないようにしてください。




何をしていても自由だけど




他の女性のことは見せないでやって。




そう伝えたら




それは嫉妬ってやつなの?



何ともないのに。



悪気はないから時々出ちゃったら


ごめんね


って笑うから





普通は嫌なんだよ、他の女性のこと



話されるのって。



モラルの問題だから。



恋愛のルールだと思うし。




私もパートナーのこと話さないように



気を付けてるよ?





そう言ったら




俺は全然話を聞いても



気にならないけどな。





って憎たらしいことを言う。




彼は元々嫉妬の概念がないので



仕方ないんだろうけど




そういう細かいひとつひとつが



なんか寂しさの原因なのかも知れない。





今度のデートは次は3週間後。



今回1週間しかあかなかったからねって




有無も言わさず…。



これからも3週間後が増えてく予感。





彼は言う。





次にまたシロハトちゃんと会えるから


そんなに寂しいとかないんだよね。







男と女は全然違う。




メジロ君はもう私に飽きたのかな。


興味ないんだろうな。




そういうネガな考えも



最近現れるようになった。



以前はもっと自分に自信があって




愛されてることを疑いもしなかったのに




年月のせいなのか?



私の心のせいなのか?



年のせいなのか?




体型の変化で自信喪失なのか? 
→それはある😑





でも言えることは



彼のせいではないということ。




私の感じかたが変わってきてるんだ。





色々と無いものねだりで


拘ってるのは私なんだよね。





女は男よりも



こじらせたい生きものなのかな。





デートの度に




寂しさが増す感じなのは




前よりも


彼の熱さが感じられないからなの?




私は何を求めているんだろう?





何を私は一人で寂しくなってるんだろう?





彼も私と同じ思いでないとダメなの?





そんなの違う人間だもの



違って当たり前なのに。





私だけが寂しいのが寂しい。





今の私は子供みたいだ。




無いものねだりでモヤモヤしてる。






ナゾかけは本当は自分に問いかけてる。




この寂しさとモヤモヤを




何で私は抱えてるんだろう?




これに答えられるのは




自分だけ。




彼ではない。




それなのに彼にナゾかけしたのは





何を言ってほしかったんだろ?



私をもっと見てほしかった?




もう興味ないの?




前と同じように好き?




失いそうな不安が出てくる。






例え彼から答え(と思われるもの)を



もらっても




それで私は満足するの?




いや、きっとしない。





それともこれは問題じゃないから



答えがなくても良いのかも知れない?





この瞬間にもまた思いは変わるから




それも掴めない。




いずれにしても




彼はこのナゾかけには答えないし



答えられない。




私はどうしたいのか?




今の私は完全な迷子です。




今の自分を好きになれていないのが原因。




変わってきてる体型も



甘え過ぎてしまう自分も



劣化していく自分に


鏡を見ては


なんか落ち込む。



私の自信喪失を他(メジロ君)で

埋めようとしてる。





今は私が私を受け入れてないから




モヤモヤしてるんだろうな。







今の私を自己受容することができたら



きっと流れが一気に良い方へ流れ出す。





分かっているけど…



今はサナギなんだな、私は。





そしてメジロ君は



キラキラした蝶だ。




この差に違和感があるのかな?




モヤモヤしたナゾかけは暫く続きそうです。





囚われてるのは



拘ってしまってるのは誰なのか?




それを



そのダメな劣化していく私も




自信喪失の私も




キレる私も



受け入れられたら…。




きっと流れが変わる。




先ずは自分の自信を取り戻すこと。
  

許して受け入れること。



これをしない限り



モヤモヤは続くだろうね。




年齢との共存と共に



受け入れて流れてみますか…。



ちなみに




今日引いたおみくじにも



自ら自爆せずに


何かことを起こそうとせずに



自分の足元を見て流れにまかせよ。



と書いてあったな⛩🎫





今の私を


私が好きになってあげること。



この与えられた課題を

 

何度も揺れながら



少しずつ頑張ってみたいと思います。































































トキメキ貯金



今日はメジロ君とデートです。



朝からハンバーグ焼きました。



彼にあげる為です。



あと豚汁も作ったので持参する。



結構な重さだ💧





最近はデートの度に手料理持参してて



義務化しそうになってきたので




次回は無しにしよう(笑)




もちろん喜んでもらいたいし



ずっとおごってもらってるお礼として



健康にも気を付けて欲しいから




毎回持参していたけれど
(しかもお母さんの分まで)





手料理が当たり前になっていくのは


本意ではない。





私は彼の前ではただの女なのだ。



妻や母親とも違うし




ただの恋した女。





気にかけすぎの、やりすぎは


バランスが悪くなる。




おごってもらってることに



なんの罪悪感も要らないはず。




彼は私を彼女として認識し、



好きでしてくれているのだから。




それに対しての感謝は



笑顔と口頭と気持ちで



彼に充分伝わってる(はず)。




お礼は時々の方がヤらしくないよね。



ましてや



いつも色々してくれているのだから。



という




罪悪感も含んだ気持ちからのお礼は




双方に気持ち悪いもの。





手料理を喜んでくれている顔を


見るのが好きだからこそ




私がしたいときにする方が気持ち良い。





加えて毎回手料理を持参することは



パートナーの手前、


難しかったりもするしね。






私の手料理は特別なもの。



日常の当たり前にしない。



付加価値を自分で付けていくことも大事。




そんな風にも思ったわ。







前回の新年デートから



まだ1週間しか経ってないで会う。




こんなタイトな日にち間隔は




滅多にないな~。





若干サイクルが早いことで




トキメキ貯金がまだ貯まってない感じ(笑)






デートの間隔って




サイクルが近すぎると飽きるし





トキメキ貯金が貯まってないから




今一つ気持ちも想いも




グッと盛り上がらないままで会うので





いつもよりもだらっとしちゃう。





会えることはものすごく嬉しいけど




トキメキが溜まってない。



もしかしたら


彼もおんなじ気持ちかもしれないね。





私たちは距離感が大切で




お互い容易に会えないことへのトキメキは



必須項目なのだ。





今はそれが分かるのに





こないだのお泊まり新年デートの別れ際には





それが分からない(笑)




だからちょっと愚図って



この日になったわけだけど




いざその日になると




サイクルが早い感じがする(ワガママ(笑))





私は別れ際に弱いのです。




その時に寂しくてさっさと手放せなくて





次の約束を求めてしまう。





バイバイした後は




割りと平気なのに




別れ際がダメなの。




これからもきっとそうだと思う。



無理に直すつもりはないから。




ただ




自分で仕掛けといて



会うサイクルが早く感じてしまうなら



見直す必要はありそうだね。





でも何だかんだと




デート前はやっぱり嬉しい。





もうすぐ待ち合わせ場所。



少しドキドキする。




ではでは~。































































新年のお泊まりデート②



部屋についてから



私はお風呂に入って




浴槽に浸かりながら



このあとの展開を妄想で考えすぎて(笑)




思いのほか長湯になってしまい



メジロ君に心配されてしまった💧




アホな私。



だってメジロ君は


グイグイ来るタイプではないので



どう仕掛けたら自然なのか考えて



でも既に仕掛けを考えてること自体



もはや自然ではない(笑)




メジロ君がお風呂に入ってる間




新しい下着を着けて



空しく終わるとは思うけど


とりあえず着けて




ドライヤーしながらも



まだ展開を考えてる肉食な私(笑)




メジロ君がお風呂から出てきた。




(°Д°)(°Д°)(°Д°)(°Д°)(°Д°)♡





少し濡れたサラサラの黒髪と



さっぱりした肌と




がっしりしてるのに



引き締まったウエスト…




相変わらず、なんちゅー色気(笑)



パジャマ…似合うし。




こんなのを目の前に見せられて




発情しない方が難しかろ💨



本当に神様は酷なことをなさる。



『あーお風呂、気持ちよかった♡

ドライヤー貸して。』



言われるままにドライヤーを渡して




ソファーで髪を乾かすメジロ君のこと



あまりにカッコよくて


アホみたくずっと眺めてた(゜ρ゜)(笑)


完全に男女逆転よね。




それから長い(闘いの(笑))夜が始まった。




彼はすぐ眠くなってきちゃったって



言い始めるから




話しかけて時間を稼ぐ私。




ハグもキスも


本当に今回はスムースにいく。



でもその先がなかなか…




眠くなってきちゃった&ちょっと休憩




そう言ってくるのよ。




メジロ君は気持ち良いこと嫌いなの?



そう聞いたら




好きだよ。



でも毎回とかじゃなくても平気で



ハグとキスで満足なんだよね。


だんだん性欲って落ちていってるし。


でもシロハトちゃんのこと

愛してるよ。



俺ね、あんまりセックスに自信ないし。






私・自信ないの?なんで?



彼・だって俺の方がいつも気持ちよくて

早くいっちゃうでしょ?

シロハトちゃんのこと

満足させられてないから。





これはいつも思っているらしく



時々言う彼。




確かに早くいっちゃうけど


私は気持ち良いんだよって言うと



少し安心した様子を見せるメジロ君。



私は


メジロ君、

この身体なのになんてもったいない!




心底そう思うわけで。




そこからは夜中の3時までウダウダと



キスとハグを繰り返し



結局は私が



『もう遅いからメジロ君として寝る!』




強行突破して(笑)




やっとこさ結ばれて




私はようやく安眠できました。




なんかまたムリに襲っちゃったかしら?


そんな気持ちにもなったけど



彼は気持ち良かったって言ってるから




それはそれで彼も気持ち良いんだね。



でも私を満足させられてないという



罪悪感で



セックスを


戸惑ってしまうのかもしれないな。




メジロ君は性欲ってないの?


そんなアホな質問にも




『あるよ。すごくしたいときもある。

疲れてないときと

夏の暑い日とかね。』




疲れてないときって


ほぼ無さそうだが(笑)




暑い日とかにやりたくなるって


何となく動物的だな~って思った。





男性は視覚からエロさを感じたり



放出する側なので



出すことがセックスだから



女性ほどメンタルは関係ない。





女性は気持ちから入るんだよね。





別に男性の裸見てムラムラとかないし




エロい気持ちは視覚的ではない。





好きな人と結ばれる。



受け手なので


その想いこそがセックスだから。





それを話したら



へぇ、女性は気持ちからなんだ。



男女は難しいね。




そう言ってたけど





それぐらいの理解度しかない(笑)




お互いにそう。



相手の性質は想像でしか理解出来ない。




仕方ないことなのよね。




でもね



朝ご飯前まで


ずっとちちくりあって


イチャイチャしてたし




朝ご飯食べてからも



またベッドで


バカみたいにイチャイチャしてた。





本当にバカップル万歳🙌(笑)




しかしそのあと




帰り際にちょっと


ワガママを言い出してしまい




それをも広い心で受け入れる彼に




心を痛めながらも素直にもなれず




昨日の記事のようなことになって




新年デートは終了。




彼を困らせるのではなく




今年の目標は


  • メジロ君のことを放っておいてあげる
  • 彼に幸せにしてもらうことではなく自分で自分を幸せにする



これを自分に掲げたことになったわけです。




なんか昨日はメール送ってから



ワガママによって

イヤな女になってしまったことが



自分で悲しくて


寝る前に泣けてきて


情緒不安で目が覚めた。





メジロ君、


呆れてメール返事来てないだろうな。




そう思って朝起きて



携帯をチェックした。





(あ、メール来てる)






恐る恐る開けてみた。




シロハトちゃん、ありがとうね。

俺が出来ることはもちろんしてあげたいけど

出来ないときは大きな心で包んでね。

デートは楽しかったよ。

だって俺一人では絶対出来ないもん。

今度はシロハトちゃんの行きたかった店

今年中に絶対一緒に行こう。

俺、忘れないから。

おやすみなさい。








読んで泣きそうになった。




でも次のデートのことは


案の定、書いてなかった(笑)



彼に


自分に嫌気がさしていたことや

気持ちが空回りしてしまったことを


返事して文の最後に




この流れで言いにくいんだけど

結局、今度のデートのお店どうなりました?



勇気を出して聞いてみた。

→『放っておく』を早速破る💣💥




すぐに返事がきて





『お店に電話したけどでないから

夜にでもまた店に電話かけてみます。

シロハトちゃんの冷たい手を繋いで

温めながら行こうと思ってます。』





ホッコリする素敵なメール。


で、結局デートの日にちは???

書いてない(笑)




メジロ君らしいね。






そのお店は日曜は休みなので

今度の祝日に限り空いてるから

行こうか?って昨日はなったけど




デートの日にちが近いなって

メジロ君に言われて…

忙しいから仕方ないけど💧

考えておくねってそのままになってて

お任せしていたのね。




ホテルも連休は混むから


実は内緒で押さえてあるし。


その日じゃないのなら



キャンセルしないとならないわけで。






日にちがあまり、空かなくて近いけど

メジロ君はそれで良いの?

私は嬉しいけど

デートの日にちが近いって言ってたから

気になってたので。





その一言がなかなか聞けない(笑)





悩みに悩んで




結局、メールで聞きました。





あーあ、聞いてしまったわ。





まだ返事は来てません。




お店に電話してからだと思うから

来るとしても明日でしょうね。




放っておく宣言はどこへ…?


自己嫌悪💧




でもこれ以上は

さすがにもう放っておきますよ。





完璧には最初から出来なかったけど


誓いは自分への約束だから。





全く何に囚われているのかな、私は(笑)




自分でもよくわからない。



でも本能で



これ以上は踏み込んだら危険だと




指令が出ている感じがしてるの。






恋に怖がる想いを


ワガママで彼を失う怖さを


久しぶりに朝から晩まで

ラブラブを味わって





脳が初心を思い出したんだとおもう。




もう聞いてしまったのだから




あとは野となれ山となれ。





でもこれからも



彼に任せて放っておくことを





なるべく心に留めて遂行していきます。




全てはムリかも知れないけど



大きな心で包んでいきたい。



彼が私にそうしてくれるように。




デートはウキウキでラブラブで




大成功なのに




別れ際に不機嫌になってしまう私を



彼はどう思ってるのかな…







んー、考えると怖くなるわ。





明日から仕事。




長いお休みも終わるね。



全国の人がタメ息ついてるんだろうな💨



とりあえず

頑張っていきましょうや。






































































新年のお泊まりデート①



昨日もさらっと触れましたが



ちょっとだけ内容も書き記す。



今年初のお泊まりデートは



マンダリンオリエンタルホテルの


上層階にあるピッツェリアで



ランチを食べました。



ワインとビールと



サラダにピザ2枚で



ランチなのに2万円オーバー☀🍴⤴⤴⤴😱




サービス料も20%取られるので

(…の割りには行き届いてないし、
相応のサーブもない気もしたが…)




メジロ君は全く気にしてないのに



私は庶民なので値段が気になるよ…😱



でも2020年も景気の良いスタートに

させてくれました。



確か昨年も日本橋の高級飲茶で


それぐらい💰だったよーな…。




メジロ君は



雰囲気が何となくスマートで



高級なところも場慣れしてるかのように
(本人はそんなこともないよと言うけど)




堂々としててリラックスして寛ぐので




スタッフも


そういう雰囲気を感じとるのか




やけに愛想もよくて丁寧に接してくる。


それが一緒にいて心強くて気持ちが良い。



私は横で小さくなって微笑むだけ(笑)





お金に余裕がある人って



メニューの値段も見てないし




自分の食べたいもの、


飲みたいものを頼む。




ガツガツしてないから



あれもこれもとかにもならないし、




要らないものは要らないと

ハッキリしている。





なので彼はムダな買い物もしない。





その代わり自分の欲しいものは



お金とか気にしない。




私にご馳走してくれるときもそう。




本当に欲しいものが二つあれば



二つとも買ってくれたりもする。




私の方がムダな買い物が多い😅





彼はお金に余裕があるから



何があっても常にあるから大丈夫といった



安定感が


雰囲気から滲み出るのかもしれないね。





バブル女はそういうのにとても弱い(笑)





メジロ君自身は



そういうの全然ひけらかさないし




服装も質は良いけどシンプルなものを



身に付けてて




ギラギラしていないんだよね。




とにかくまぁ、



私には高すぎるランチを食べて




そのあとは



ホテルの部屋にチェックインして




程よく気持ちよくなってしまい




また二人で二時間仮眠した。




この歳になると飲むと仮眠したくなる(笑)





でも彼に包まれて仮眠する時間は




見飽きた都内をウロウロするよりも




私には最高に至福のときでもある。





彼も温かい私の身体を抱きしめて寝るのは



気持ち良いねってまどろんでた。





今回はダブルベッドで



ムード作りも関係なく密着。




高層階の窓から見える夕暮れの景色が




否応なしに盛り上げてくれる。




時々目覚めてキスをしては




またまどろんでハグしながら寝落ちする。





そんな風にラブラブして二時間過ぎた。







夕食はあえてどこも予約せず



自分たちのお腹に相談して決めようと



最初から話していたのですが



ピザは案の定、腹持ちが良過ぎて




しかも動かずに仮眠したので


なかなかお腹が空かない。







話し合った結果





ちょっと散歩がてらに



丸の内まで歩いて





お腹を空かせてみようということになり




20時を回った日本橋を



二人で20分ぐらい手を繋いで



ポテポテ歩いた。





年始の都内の夜は人が少なくて



空気も乾いてるから




コレド辺りも


イルミネーションがキレイで




何ともきゅんとした気持ちにさせられる。





しかし東京駅に着いても




まだ二人ともお腹が空かない(笑)





結局、ハイボールバーに行って




ガヤガヤした中でウイスキーを飲んだ。



色んな種類のウイスキーを



色んな方法で頂きながら



たまにはこんな雰囲気で



飲むのも悪くないねって楽しんだよ。





ざわざわした狭い店内で



クイーンの曲が流れる。


メジロ君と



クイーンの曲と


ウイスキーに囲まれた私は





この上ない幸福感を



味わいました。




閉店まで気持ちよく飲んで



帰りはタクシーで戻った。





②へ続く~



































































楽天市場
最新コメント
記事検索