アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: デート




週末はメジロ君とデートしてきました。




色んなことが最近あったので




会えるまで長かったような



短かったような…




でも長かったかな…




会いたかったから、とても。






彼の顔をマジマジと見て





マスクしてても



やっぱり好きな顔だなぁって




ときめく。




彼の体もがっしりしてて




やっぱり好みで。






このブログは元はと言えば




メジロ君との恋愛日記。




彼のことが好きでたまらない気持ちを


書いてきた。





今もその気持ちは変わらないです。




こんなにも好きなタイプに出会えたこと。





そして結婚しないからこそ




ずっと恋人でいられる奇跡。










ベッドに横になって添い寝しながら




世界卓球を観てて



彼は私を後ろからハグするとき



シロハトちゃん、良い匂いだねって



抱きしめてくれる。




みまひなが懸命に戦ってるというのに




そのままイチャイチャが始まり




そのまま体が重なる。




もう何回、彼としたことだろう?




体温が重なる幸せが二人を包む。




やがてもっと老いて



みんな当然、死を迎えるわけだけど






彼と離れるときが来るなんて



想像もしたくない。




ことが済んで



みまひなも無事に勝ち(笑)





メジロ君は私の両手を




彼の大きな手のひらで



ギュッと包みながらうたた寝をして。




その顔を見てるだけで




ただそれだけなのに



なんかものすごく幸せを感じました。







限るある

なんて愛しい時間なんだろう?





横にいるメジロ君を眺めながら




そんなことをおもってました。




永遠に生きられるかのように




私たちは過ごしてるけど




どんどんその日に近づいて行くんだよね。




だとしたら





意地を張ったり、すねたりする時間が



もったいないな〜とも思う。





つい、忘れがちになるんだけどね。





終わりが見えていると




目の前のことが途端に大切なことに変わる。




何気ない日常も



なんなら、これを書いてる瞬間も




どんどん過ぎていくわけだから。






私はメジロ君をもっと見ていたいし



感じていたい。




素直に愛の表現もどんどんしていこう。





最近、強く思います。





バンビ君とか色々迷い道にも入ったけど(笑)






結局、ここに立ち返ってきたな〜





年末年始は




メジロ君との



二年越しの東京飲みが待ってる。




長引くコロナ禍で



何度もキャンセルをせざるを得なかった




東京ステーションホテル♡





愉しみだなぁ〜。




私の仕事はなんだか、綱渡りだけど




なんとかなっていくと信じて。





彼との限りある時間をもっともっと楽しみたい。





憂いてる暇などないよね。




たまに憂いてもよいけど




目の前の大好きな人に目を向けよう。





ゴートゥトラベルも再開したら




メジロ君と旅行もたくさん行こうと話してる。




その為にも




私は働くのだ〜。






出してもらってることが多いですが(笑)





彼もそれが働くモチベーションになると




言ってくれたもんね。





時々、彼に温かい料理を作って



おかえり!!って言う生活を



無性にやりたくなることもあるけどさ。






20、30代ならそうしたかも。







結婚しないからこその




恋人関係。





両方は選べない。




選べないって分かったのは




アラフォーになってからで


最近だもの(笑)





若い頃は



結婚しても、恋人関係でいられると



思ってたからなぁ〜。






ふ、若いわ(笑)





でも今、幸せですよ。




アラフィフになっても




顔が老けても





気持ちは



若い頃の様にウキウキするもんね。





アラフィフのバカップルで良い。




はた目なんか気にしてる時間もない(笑)





これからもそれでいきます!















































メジロ君との旅行から帰ってきたよ。




今の正直な想いを綴る。




一緒に旅行して思ったのは




あ、メジロ君のこと本気で愛してるなって



深く、深く感じたこと。





バンビ君のことは



今は、吹っ飛んでます(笑)





メジロ君といると




魂レベルでホッとするし




彼を好きな気持ちが



私の細胞の隅々から



じわ〜って滲んで溢れ出してくる。




説明のつかない




愛しい気持ち。





そして




無条件に彼の体も顔も好き。





私、景色よりも彼の方に目がいく自分に



改めて気付いた。






彼の広い肩幅も





無骨な時計が似合う腕も





形の良い首も




大きな背中も





何もかもが好き。





こんな気持ちを何年も継続してるのは




メジロ君だからなんだなって





彼を好きすぎる自分がちゃんといたよ。





気の迷い?でバンビ君にも逸れたけど





私の中の



メジロ君の存在感の大きさは




彼の比じゃない、





無限に大きくて



あまりに大きくて見えてなかったのかもね。





旅行ハイなのか?




今は本当にバンビ君に対して



このまま会わなくても平気だなって思える。





早くも次回のメジロ君といく旅行の計画で



頭がいっぱいだし




バンビ君と行こうと思ってた




都内のバーも




年始にメジロ君とお泊りして



行くことになったから




なんかもう満足しちゃってます(笑)





彼は私の望みを出来る限り叶えてくれる。





年齢も関係してるのかも知れませんね。





彼自身も独身のアラフォーで



食生活も不規則なので



いつまで健康で一緒に行けるか



不安も出てくる年齢でもあり、




しかも




彼は健康診断で


不整脈が要観察で指摘されてるのに



忙しくて再検査に行けてないらしいので




絶対秋までに行ってきてほしいと


約束させましたが






彼と会えなくなるなんて




今の私には考えられないし





既に私の人生の一部の彼を失いたくない。




程度の差はあれど、それは彼も同じだと思う。






お互いの健康無くして


恋愛は成り立たないのよね。





せめて会うときは




野菜多めな手料理を持参するくらいしか



私には出来ないけど





彼にはこれからも健康で幸せでいてほしい。





その想いはこの旅行で益々強くなりました。




旅先では



ちょっとしたトラブルに見舞われたけど




その時の彼の優しい対応に




私は惚れ直した。





私の気の強い一面をも



ふわっと包み込むあたたかさにも。




彼の人柄に尊敬せずにはいられない。





時々



彼のいい加減さにイラッとしたりもするけど




悪意がないので許せてしまう。





てか



私が短気なんだろうな(笑)





旅行はこれからも時間と体が許す限り



一緒に体験していくと思う。






宿のお部屋の大きな半露天風呂で





イチャイチャするのが最高(笑)♥




今回のエッチは



お風呂の中でしたんだけど





灯りを消して




半露天で目の前が山なので



遠くのライトアップで緑が浮かび上がって






まるで自然の中で行うみたいな





ちょっとゾクゾクするエッチで





二人共コーフンしまくった(笑)







部屋が3部屋あったので




ちょっとしたプライバシーも保てて



お互いより寛げたの。




もちろん寝室は同じだし




基本は一緒に過ごすんだけど



恋人同士でも




生活スタイルが違うので






たとえばテレビ観る派と



観ない派があって




部屋それぞれにテレビがあったので



観たい人は別室で見たり



観ない人は



別室で寝てたり



ボーッとしたりする時間があると




更にリラックス出来たりする。




好きな事が出来る時間が少しあると



煮詰まらないよね。








なんか面白みのない、



旅行記になってしまった(笑)







それだけ今回は



穏やかでリラックスした旅行だった。






お部屋って大切だなって思ったので



これからも広めのお部屋にしたいな。






バンビ君への恋心はもう



今は感じられないです。




メジロ君への想いでいっぱい。


旅行ハイかも?だけどね(笑)





この次はまた2週間後に会える。





私がメジロ君と会いたいから



2週間後が良いなって言ったの。





そしたら



良いよ、ありがとうって



一応(笑)言ってくれた。






不思議と悔しさもない。





プライドもなく




私が会いたいから



会おうよって素直に言えることは




とても幸せだなと思ったわ。



































































ワクチン副反応騒ぎと

 

バンビ君との久々のLINEやり取りで







なんと!




わたくし…





週末は



メジロ君とデートだったことを



すっかり失念しておりました😳





てか、あと3日じゃん😱




こんなこと初めてだ(笑)




ま、でも



一人の人にどっぷりよりも



良いように分散出来てる。

→都合の良いポジ思考w




正直


バンビ君への



グランピングのお誘いのことで



頭が一杯だった(笑)





決してメジロ君を忘れてた訳ではない




楽しみなことにも変わりはない




それでも



デートの日を忘れるって有るんだなぁって



なんとなくだけど




一つに集中すると他が疎かになりがちな



男性の気持ちが分かった気がした。





忘れるって


わざとでもないし



困らせたいとかもない



ましてや



相手に対して


思いが薄くなったとかでもない。




そもそも思いに濃いも薄いもないしね。



その時、その時で


気持ちって違うのが当たり前だし。




色んなことに気付かせてもらってます。



勝手にね(笑)




今回のデートは馴染みのフレンチです。




安定の美味しさとワインの品揃え。




メジロ君は手際よく



私の好きなワインを既に予約済みとのこと。




本当に彼は




委ねて任せて安心の彼氏。

セキュリティ会社みたい(笑)





一緒にいてリラックスします。





年下ではあるけど



アラフォー男性なので




それなりの役職のオーラと



存在感や経験値がある。




高めのお店でも



彼といれば私はリラックス出来る。




そういう意味では



バンビ君とは全然、頼りがいが違う。






でもバンビ君がメジロ君の年齢になる頃には




私はすっかりおばあちゃんなので😱





今の彼のまだまだ拙い若さが




魅力でもあるんだろうな。


て、



両方を手にしてる私もスゴイね(笑)

→自分で言う…




ま、手にしてる訳でもないか😑




バンビ君はただの元同僚のポジション。




これからに期待しましょうかね🙄





来月はメジロ君と長野へ旅行。



そこで戸隠神社に行こうと思ってます。




観光タクシーにしようか迷い中。



そうした話もデートで詰めなきゃ。




戸隠神社に行ったら




新天地で頑張ってるバンビ君に



お守りを買っていこうと決めている。




買ったらLINEで



お守りの画像送ろうかなと考えてるところ。




それか会った時にサプライズとかね。




でも結構私、



彼にはちょこちょこプレゼントしてるなぁ。



母性なのかな?


なんか応援したくなるんだよね。




ん、



やっぱりLINEで画像送ろう。




こんなの買いましたよって。




会うときに渡すねって種を巻いとく(笑)




中々、良いアイデアじゃ。






ところで




バンビ君と行ってみたいと



私が勝手に妄想してるグランピングは



本当〜にステキなの。




これね、



メジロ君とも良いなぁって思ってる。




かなり高級なので



どちらと行くかと言えば



多分メジロ君になるかも知れないけど





行ってみたいです。




満天の星がものすごいらしいので。



来月行く長野の山奥もスゴイよね、きっと。



メジロ君と一緒に観るよ。





元々天体観測は



バンビ君から夏に誘われたのに



直前で怖気づいたのか?(笑)




名目上は彼の研修で


キャンセルになってしまったことは



前も書いたよね。




だから本当は



バンビ君とグランピングは行ってみたい。





でも私の願望と彼の願望は



必ずしも同じじゃない。



違う人間だから。



たまたま彼も行きたいなら良いけどね。




星が好きな二人だけど



グランピングとかはまた別モノだし




高級なところは金銭的にも




若い彼には厳しいかも知れないな。




だとすると



メジロ君が適任なのよね。




経済力があるので。






私の予想では



もしバンビ君から


グランピングの返信が来るとするならばね、




「考えておきます。」って




返信じゃないかな?と思われる。





これ、よくメジロ君も使うから。






男性て、不確定なことは



すぐには行きましょうとはならない。




不確実な約束を嫌うから。





なのでハッキリと現段階では断らないで



いったん、


話を預かる形にするだろうなって思う。






もしくは



全く興味がない場合



ハッキリ断るか



やんわりとウヤムヤにするか。




私との関係や



立場を考えて断るケースもあるかもね。




でも



考えておきます。って



一旦、棚上げ出来る便利アイテムだし



私だったら使うけどな🙄




一旦、棚上げって



実は男性が大好きなアイテムだしね(笑)






さぁ?どうでしょ?



見事当たってるかは



返信が来なきゃ分かんないけど




今回、


答えにくくて既読スルーや



何日もかかることも



充分あり得るからね。





どんなリアクションでも



私が行きたいことは伝わったし



彼の領域なのでヨシとする。




今のところ彼は未読。






ふと今、思ったけど




月曜日から水曜日まで



とりあえずは



亀🐢並みのスピードではあったけど




毎日一往復、




バンビ君とLINEが出来てたんだな。




不思議な感じです。





ま、バンビ君は



私のオウム返しみたいなLINEでしたけどね。




彼からの飲みの提案だけかな、


彼の意志が感じられたのは。




あとはみんなほぼ、オウム返し🦜




文章考えるのが苦痛なんでしょうね(笑)




ここは彼氏だったらね、



もっと温かみのある愛に溢れたLINEになるけど




仕方ない、元同僚ポジションですから。





期待するほうがおかしいし




端的、要件のみのバンビ君からしたら



本当に返信一つにしても


頑張ってる方だと思うから




絵文字付きだし(笑)




ましてや彼は転職してまだ3週間!




資格の学校も始まってて



めちゃくちゃ頭も忙しいはず。




そんな中で



私の下らない話に



オウムさんでも


返してくれた優しさは受け取ろう。



だから



今回のグランピングのお誘いは




私も過度な期待も持たず




彼に伝えられた満足感に浸ろうと思います。




今までなら恋心が邪魔して


こんなにカラッと言えなかったからね。






明日から私も出社。




さて、


仕事もどんどん入ってくることを願いつつ



与えられた流れに身を任せますかね。




あ、



だからデートだったって話でしたよね(笑)




メジロ君とのデートももちろん



サラッと楽しんでくるよ。






グランピングの話もしてみようと思う。



私、プレゼン上手いから(笑)


まだ先の冬の話だし



メジロ君、乗ってくると思うな。





で、



考えときますって



メジロ君も言うと思う(笑)




これを書いてるところで



メジロ君から温かみのあるLINEが来た。



メ:

良かったです。
フレンチ食べればさらに元気になるからね。
病み上がりで、食べ過ぎはダメだよ




まんま、掲載(笑)





ちゃんと私の体調のことも書いてあるし



短めでも


気遣いと愛が感じられるよね。



メジロ君も、3行なのに端的で伝わる。




男性って端的に伝えるの上手なんだな〜って



改めて男性脳の良さを知って尊敬する。





この伝え方、


見習おうと思います。
















































DSC_0068




車内で食べた駅弁美味かった♫





メジロ君と旅行へ行ってきました。



お天気にも恵まれて



観光もトントン拍子でタイミングよく進んで




湯葉を一生分ぐらい堪能した(笑)





この上なく楽しめた旅行でした。






メジロ君て人は




人に対して変なスネがないから




誰とでもすぐに気さくに声をかけて



楽しい雰囲気を作ってしまえる人なので




一緒にいると物事がなんかうまくいく。





いつも楽しいことを言って笑わせてくれて




和みました。





彼のことをますます好きになった。








私の中でのメインは





メジロ君とのイチャイチャタイムです。







景色よりも何よりもそれ(笑)






つくづく肉食なワタシです。






浴衣姿も作務衣姿も眼福でしたけど





今回は




お部屋に源泉かけ流しの大きな露天風呂がついていて



大人3人は余裕で入れる大きさだったの。





身体の大きいメジロ君も全然ゆったり入れて





二人で混浴をしました…♡







私の方が大興奮だったと思う(笑)





案の定、そこに至るまで


また長い道のりでしたけど



素直に入ってこないしね、メジロ君て(笑)



私が先に入ってたらようやく



気持ちいい?って覗きに来て




やっと一緒に入れた…。



宿に来るとムードを作るまで、いつも世話が焼ける。






でもそこが奥ゆかしくて可愛い。






彼の身体は本当にステキなのだ。







広い肩幅なんだけど、首と肩のラインがキレイで




それが湯船から少し出ている。




鎖骨と一緒に。






肌も弾力があってサラッとしている肌質で…




お風呂は濁り湯なので、下の方はあまり見えないから





必然的にその肩のラインと



肌と顔がすぐ横にある。




ガン見してしまうw






最初はお互いにちょっと照れもあって




横に並んでただ


空や景色を眺めているだけで




お湯の流れる音だけが聞こえている静寂さ。





時々、良いお湯だねって言い合うのみの二人。




ドキドキが止まらない。







あー、私だけが興奮しているんだろうなって



内心、恥ずかしくなる(笑)







しかしきっかけは突然やってきた。




湯の花が浮いてきて





それをしゃがみながら救おうとした私は






湯底でバランスを崩して思わずよろけて、





彼の方にもたれかかったら





彼の手がすっと私の腰をアシストしてくれて





あっという間に彼の方へ引き寄せられて






キスを交わしました。







宿についてから夕飯食べて




ようやくキスまで来た。


長かった(笑)






濃厚なキスが二人を盛り上げちゃって





お互い裸だし









その後は




ご想像にお任せします…





てか、



公的に書けないよ、激しすぎてw






ha~濡れ髪のメジロ君、最高💕








私のメインはたっぷり堪能しました。




極上の時間でした。






すいません、観光情報とかじゃなくて(笑)




私のメインはセックスなのでw







しかも



翌朝も…おかわり貰っちゃいました💕


→疲れて寝ているメジロ君を、私が襲いました💨











自分の性欲に自分でも驚く。




メジロ君はそうでもないけど




ちゃんと応じてくれるところに愛を感じるよ。







残念なことに



身体はスゴイが、


テクニックは殆どない。




それでも



繋がるとこの上なく幸せな気持ちになる。









性的魅力を感じる相手に



私は恋をします。




動物はほぼそうでしょう。





滲み出るフェロモンに惹かれるというか。





理屈じゃないんですね。





きっとそのフェロモンは



その人それぞれに感じるところが違う。





なんとも思わない人もいるだろうし




やられちゃう人もいる。






人間も素粒子で出来ているから




皮膚に微細な隙間や




揺らぎがあるんですよね。





その振動や揺らぎから醸し出される




何かに惹かれる。




目に見えないし



匂いもないのに





微細なそれを感じる本能が



誰にでもある。





本当に不思議だなって思います。







彼とベッドトークで




遊びじゃない真剣な気持ちなのに



こういう関係が5年続いているって




なんか不思議な出会いだよねって話していて。







私は彼が大好きで愛していて



恐らく彼も私を愛していて



でも



これ以上の進展は据え置きで




お互いの納得いく関係を維持できている。







ありがたい出会いです。



他に類を見ない相手です。






旅行の会話のエピソードは



まだたくさんあるけど



長くなってきたので



また書きます。







改めて、旅行っていいね💕






コロナが早く収束して




どこへでも気軽に行けるようになれるといいね。









↑このページのトップヘ