アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛



私はもう20年以上のパートナーがいて



恋愛感情は全くないけど



兄のように


親友のように


身内のように大切にしている人がいます。





そして



メジロ君とは結婚を考えてないけど



それでも本気の想いを持ちながら



付き合いを続けてきている。



それが良い付き合いの秘訣でもある。





でもね




彼に美味しくてバランスの取れた食事や




体調が悪いときに寄り添いたい思いもあって




すごく葛藤することがあります。





年を取ったときに




彼の支えになりたいし




看取り、看取られる関係でいたいと





最近、強く思う。






それを本気で叶えたい。




でもパートナーも大切。




そんなせつない思いがドロドロする。





この先もメジロ君の笑顔を守りたいなって




本気で思う私は




どこかで行動を起こしてしまうかも知れない。






でも彼は



一人が好きで




自由が好きで




私と一緒になることは多分望んでない。




私からパートナーを引き離すことも



考えていない。





それは



私の環境を



壊さないようにしてくれてるのもある。






でも



どちらかの音信不通をもって



体調が悪いことを知るのはイヤだし



最期を知るのもイヤで





このままの付き合いの果てには




必ずそれがついて回る。




こんなにも愛してる人を



そんな形で失くしたくない。





どこかで




彼かパートナーを選ばないとならない日が



来ると思う。




どっちも大切で


選べないのに。





メジロ君は一人暮らしで



ハードワークな上に



不整脈の要精密検査



無呼吸症候群もあるし



私は心配で仕方がない。




昨日、これを書いてるときに




いきなりメジロ君から電話がきて




「シロハトちゃん、

雨降ってきたよ!


洗濯取り込んだ方が良いよ!」





は?(´⊙ω⊙`)!?





私:

え??どこにいるの?





メジロ君:

シロハトちゃんちの前〜




私:

は?ウソでしょ?え、なんで?😱



メジロ君:

さっきLINEしたじゃん、

あとで健康診断結果持ってくねって





私:

はあ?😱

それって次回に会った時のことだと

思ってたよ!




メジロ君:

じゃポストに入れてくよ〜




私:

ちょ、ちょっと待ってて!




私はオフだったので




部屋着にノーメイク


髪はボサボサで




完全に油断してた💧




でもやっぱり一目会いたい!






外に車を止めてる彼を


待たせられないから




急いで着替えだけして




私:

玄関開けたから入ってきて!




ほどなく玄関にメジロ君が立ってて





思わず、抱きついてしまった。




私:

もー、突然訪問はやめて(笑)


今日って言ってくれたら


なんか作っておいたのに。






本当にそうしたかった。


彼の身体が心配で。




彼は私をギュって抱きしめてくれて



キスを交わした。




彼の健康を守りたい!


強く思いました。




不思議な感じ。



私の家でキスしたの、2度目だね。





しかし、彼も突然動く人だ(笑)。





その後はすぐ仕事にもどっていきましたが





私は今年の夏の彼の健康診断結果を




じっくり見て






やっぱり心電図は3年間、



引っかかってる。




しかも今年は要精密検査。


コブドST上昇、ブルガダ症候群の可能性…




ヤバそうだ。




ネットで調べまくったけど




不安要素しかない。






とにかく精密検査を受けてほしくて




日曜もやってる病院を探して



彼に電話した。




彼は彼でさすがにちょっと考えてたらしく




検診を受けた病院で




来月か再来月、精密検査してみるよと。




私:


来月にして、ね?

早めに受けてほしい。

私を安心させてください。




メジロ君:

なるべく来月にするよ。

仕事次第だけど



私:
ダメだよ、来月にして。 





笑いながら、


分かってますよ、ありがとう。




そういうメジロ君は



本当に重大さが分かってるのかな??



その日曜もやってる病院は



普段の日だけど



循環器内科の名医もいるので





一応、LINEでリンクを送った。






これほど怖さを感じたことはない。





彼にもしものことがあったら




私は生きていけないよ。




完全に今は、メジロ君一色。



彼のことばかり考えてる。





どうしたら



彼の健康を守れるのだろう?




そればかり考えて



夜もあまり寝れなかった。






出来事は気付きをもたらす。





私はメジロ君のこと愛してるんだ。





彼を思う気持ちは



また以前のように濃くなってる。





バンビ君は遠のいて




古巣に戻った感じ。




彼の優しい性格を思うとき




愛しさがこみ上げる。





とにかく早く



検査して欲しい。





彼のこと守りたいです。
















































































メジロ君との旅行から帰ってきたよ。




今の正直な想いを綴る。




一緒に旅行して思ったのは




あ、メジロ君のこと本気で愛してるなって



深く、深く感じたこと。





バンビ君のことは



今は、吹っ飛んでます(笑)





メジロ君といると




魂レベルでホッとするし




彼を好きな気持ちが



私の細胞の隅々から



じわ〜って滲んで溢れ出してくる。




説明のつかない




愛しい気持ち。





そして




無条件に彼の体も顔も好き。





私、景色よりも彼の方に目がいく自分に



改めて気付いた。






彼の広い肩幅も





無骨な時計が似合う腕も





形の良い首も




大きな背中も





何もかもが好き。





こんな気持ちを何年も継続してるのは




メジロ君だからなんだなって





彼を好きすぎる自分がちゃんといたよ。





気の迷い?でバンビ君にも逸れたけど





私の中の



メジロ君の存在感の大きさは




彼の比じゃない、





無限に大きくて



あまりに大きくて見えてなかったのかもね。





旅行ハイなのか?




今は本当にバンビ君に対して



このまま会わなくても平気だなって思える。





早くも次回のメジロ君といく旅行の計画で



頭がいっぱいだし




バンビ君と行こうと思ってた




都内のバーも




年始にメジロ君とお泊りして



行くことになったから




なんかもう満足しちゃってます(笑)





彼は私の望みを出来る限り叶えてくれる。





年齢も関係してるのかも知れませんね。





彼自身も独身のアラフォーで



食生活も不規則なので



いつまで健康で一緒に行けるか



不安も出てくる年齢でもあり、




しかも




彼は健康診断で


不整脈が要観察で指摘されてるのに



忙しくて再検査に行けてないらしいので




絶対秋までに行ってきてほしいと


約束させましたが






彼と会えなくなるなんて




今の私には考えられないし





既に私の人生の一部の彼を失いたくない。




程度の差はあれど、それは彼も同じだと思う。






お互いの健康無くして


恋愛は成り立たないのよね。





せめて会うときは




野菜多めな手料理を持参するくらいしか



私には出来ないけど





彼にはこれからも健康で幸せでいてほしい。





その想いはこの旅行で益々強くなりました。




旅先では



ちょっとしたトラブルに見舞われたけど




その時の彼の優しい対応に




私は惚れ直した。





私の気の強い一面をも



ふわっと包み込むあたたかさにも。




彼の人柄に尊敬せずにはいられない。





時々



彼のいい加減さにイラッとしたりもするけど




悪意がないので許せてしまう。





てか



私が短気なんだろうな(笑)





旅行はこれからも時間と体が許す限り



一緒に体験していくと思う。






宿のお部屋の大きな半露天風呂で





イチャイチャするのが最高(笑)♥




今回のエッチは



お風呂の中でしたんだけど





灯りを消して




半露天で目の前が山なので



遠くのライトアップで緑が浮かび上がって






まるで自然の中で行うみたいな





ちょっとゾクゾクするエッチで





二人共コーフンしまくった(笑)







部屋が3部屋あったので




ちょっとしたプライバシーも保てて



お互いより寛げたの。




もちろん寝室は同じだし




基本は一緒に過ごすんだけど



恋人同士でも




生活スタイルが違うので






たとえばテレビ観る派と



観ない派があって




部屋それぞれにテレビがあったので



観たい人は別室で見たり



観ない人は



別室で寝てたり



ボーッとしたりする時間があると




更にリラックス出来たりする。




好きな事が出来る時間が少しあると



煮詰まらないよね。








なんか面白みのない、



旅行記になってしまった(笑)







それだけ今回は



穏やかでリラックスした旅行だった。






お部屋って大切だなって思ったので



これからも広めのお部屋にしたいな。






バンビ君への恋心はもう



今は感じられないです。




メジロ君への想いでいっぱい。


旅行ハイかも?だけどね(笑)





この次はまた2週間後に会える。





私がメジロ君と会いたいから



2週間後が良いなって言ったの。





そしたら



良いよ、ありがとうって



一応(笑)言ってくれた。






不思議と悔しさもない。





プライドもなく




私が会いたいから



会おうよって素直に言えることは




とても幸せだなと思ったわ。

































































LINEは連絡ツールと考えてる男性は多い。



バンビ君も、メジロ君もそうです。





男性同士で




キャッキャ♡と、


LINEのやり取りラリーなんてやらないし、(笑)




要件のみで端的で終わるのが




男性にとって好むLINEなのだ。




だから彼らは女性にも



端的が良いと思ってるので



短くて端的。



ラリーはダラダラしない。





彼らの価値観で



それが女性にも好まれると思っている。





なので




女性とやり取りのラリーなんて




出来ないんですよね(笑)






女性はばっぱと会話をするように



LINEも出来るから




彼らもそうだろうと思いがちだけど




出来ない人が多いです。





脳の作りの違いもある。




ホストみたいに女慣れしてる男は



出来るかもだけど





女性が喜ぶような文も思い付かないし





何を喜ぶのかも知らない。





私達女性もそうですよね?




男性が本当に喜ぶことなんて分からない。





お互い様なのに




それぞれの基準に




当てはめてしまうから




女性はLINEが来なくて悲しくなったり




男性は女性のダラダラ長いLINEに



辟易したりするわけで。




お互い



自分が好むやり方しか浮かばないし



当然良かれと思ってやってる。




自分が喜ぶので




相手も喜ぶだろうと思っている。




悲しませようとか




焦らしてやろうとか




大抵の人は


作為的にはやってないんだよね。






でも




頭では分かってても




心が伴わない。




だってそうよね、





女性の脳で




男性の価値観を考えても思いつかない。





それは男性側にも言える。



これだけ違うので



お互いに察するなんて無理ですよ。





この違いがあるから




すれ違いが起こる。




でも




男と女は違っているから良いのだ。





分からないから惹かれ合う。





お互い分かってしまったら



恋は生まれない。





そもそも



互いに理解出来ない生き物なのだよ。




そしてそれが良いのですよね。








LINEを女性基準に合わせてたら




多分めちゃくちゃ不安だろうし



イライラすることもある。




私なんて分かっていてもイライラする(笑)





相手が彼氏ならば



私が何を喜んで



何が嬉しいのか


何が不安で



何が嫌なのか




ちゃんと素直に言うことで



彼も知るようにはなる。





もちろん




その価値観までは理解出来ないと思うよ?





例えば



私たちがジュエリーとかが好きだけど




男性にはあまり分からなかったりする。




逆に男性は



車や、メカが好きだけど



女性にはあまり分からない。



概ね、ね。





それと同じように



女性が喜ぶ事柄は覚えても




真に理解は出来ない。




例えば



女性がLINEが頻繁で長めが好きなんて



そうなんだ〜って知ることは出来ても



彼らは真に理解は出来ていません。





人は腑に落ちないことは




習慣になりにくい。




それですれ違いは起こる。




LINE1つとっても



全然違いがあることを頭に入れとかないと。





だから彼氏には



きちんと伝えないとね。




彼女が何を喜ぶのか



それを知って努力してくれる彼は



付き合っていて嬉しい。






厄介なのは



バンビ君みたいな関係性の人だ。




彼氏でもないから




LINEないと不安〜とか言えないし



何が嬉しいのかも伝えにくい。





そうなると 



彼らの脳の傾向を認めて





こちらが基準に合わせていくしかない。




もしそこまで好きならね。






私は…バンビ君に合わせるというよりも

 


もう手放し始めてるかな。





本当に彼とご縁がほしいなら






積極的にLINEしてると思う。





彼(男性)のLINE基準に合わせて



片側通行で送って




その端的な返信をもらい




繋げていくだろう。





でも今、私はそれをしたくない。





何故なんだろうね。




小さなプライドからなんだろうな、きっと。



あとはね、



緊急事態宣言が、終わってから




彼から飲みのLINEが来るのか?



それを知りたいから。




殆ど手放してるけど




まだどこかで




しぶとく期待も少し残してるからなの。







本当にバンビ君が欲しいなら




プライドなんて


気にしてられないはずなんだけどね。




でも




今はもう少し静観していたい。




私は動くときは突然動くけど(笑)





今はカメさんだね🐢





臨機応変で



気楽にしてても良いのだ。




相手は人気スターでもない、




ただのどこにでもいる普通の男だもん。




みんな好きな人を崇めすぎなのよね(笑)





私もそうだけど



好きな人には気楽にLINE出来ない。




考え過ぎてしまうから。




でもこれが恋なんだな。


























































緊急事態宣言、延長〜💦



またバンビ君との飲みは遠のいた〜(泣)





チャンスがどんどん潰される。






これもご縁に関係があるのかしら?





それとは真逆に




メジロ君とはめちゃくちゃ会えている。




二人共幸い、



ワクチン2回接種が済んでるし




週末の旅行先は長野県。



お天気まで味方してくれてる。




もちろん、


気を付けて行くことには変わりないが



他の地域より行きやすい。




これもご縁あってこそなのかも…。





コロナ禍での恋愛は難しい。





かたや、中々会えなくて




かたや、会えてるのは




タイミングや関係性も影響してるけど




そもそも



酒類提供の良いお店もやってないし




行くところが限られる。




独身の彼氏ならば



泊まり飲みも出来るけど



そうじゃないと難しいよね。




バンビ君は恋愛関係ではないから




泊まりは無理だし




彼氏ではないからこそ




酒なしのデートみたいな外出が難しい。



酒絡みなら




二人共お酒が好きなので





飲みにでも行こう!って誘いやすいのに




それが出来ないのは痛いわ。




今週末は




メジロ君と旅行だけれど





彼は忙しい中で時間を作って



しかもですよ?




旅行の帰りに



地元で軽く食事してから帰ろうって




その店の予約までしてくれてる。




バンビ君とのこの差(笑)



笑っちゃうよ。





最近、バンビ君への気持ちは




かなり落ち着いた。




そりゃそうよね




相変わらずLINEも来ないし



唯一の頼みの綱のお酒飲みも



緊急事態宣言延長で



全然会えてないどころか




接点がない。



LINEは2週間前に彼発信で終わらせたまま。





まだ2週間しか経ってないとは思えないけど




されど2週間だ。




自然消滅していってもおかしくない。



でもそんなに焦ってないのは




恋心がだいぶ落ち着いたからだと思う。





コロナ禍でも、




縁があれば会える人は会える。





縁のない人は会えない。




とてもそれが浮き彫りになるなって感じる。





コロナ禍を理由に会えないというのは




結局は会わなくても良い人なのだ。




コロナ禍でも会いたいと思える人




そして何とかしてでも会おうとするので




それが叶う率は高い。






たとえそれで中々会えなくても




この努力をするかしないかで



全然情熱が違う。






そんな風に




自分にとっての会いたい人が




どんどん削ぎ落とされていく。





怖いね、コロナ禍の恋愛(笑)





相手の気持ちの度合いも




それで分かってしまうのだから。







相手が何も行動しない場合、






では


自分がプライドを捨ててまでも



会いたい人なのか?




コロナ禍だからねって



自分に理由をつけて会わないのか?





ここで自分の気持ちも分かってしまうね。





さて、どうしましょうか。





ちなみに私とメジロ君は




コロナ禍であろうと




会えないという選択肢は一切考えたこともない。






恋人は



会うのが当たり前だからだ。




そこに疑問すら持たない。




だから神様も味方してくれる。


…多分ね(笑)





そこの気持ち、二人が一致してないと




会うことは叶わなくなる。






なんかこうして書くと




当たり前のことだね(笑)




バンビ君は



緊急事態が終わったら飲もうと言う。





つまり



私は会っても会わなくても



どちらでも良い人。





彼にとっては




嫌いではないけど



めちゃ好きでもない人。




浮き彫り〜((泣))





緊急事態宣言延長は





バンビ君とは縁がないよって





神様から言われているかのようでもある。





今後、会えるのか?





それすらも全く見えない関係。






メジロ君との差があまりに激しくて





ご縁の恐ろしさ(笑)を



強く感じてる今日このごろ。







ちょっと寂しいね。





でもこれが




彼氏と元同僚の「差」なのだ。







縁がないために



始まる前に終わる恋もある…。






















↑このページのトップヘ