アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛

DSC_0020


メジロ君の体が好きで


私は彼とのセックスが好き。





あ、彼は淡白です。



イイ体を持っているのに…。


しかも


ものすごく絶倫なのに…。





🐤🐤🐤




でも



嗜好と体が連動していないところに


また萌えたりもする(笑)



これで彼がギラギラしていたら



なんかイヤ💧←ワガママ(笑)




そういった意味で(どういった意味だ…)





朝ドラ「エール」の


窪田クンに萌え萌え♡




あの色白のベビーフェイスに


あの体のギャップ萌え♡




そういう方もいるのではないでしょうか。





窪田クンの体が好きすぎて、

ドラマの内容が頭に入ってこないこともある(笑)




先週のタンクトップ姿、見ました?



あの上腕二頭筋♡






先週は悲しいお話で


がっつり泣きながら見つつも



体はしっかり見ていました、ええ。






で、体と言えば



メジロ君♡



彼も窪田クンと同じように



ええカラダしとるわけで。





182cmの長身で



ムキムキ過ぎず、


でも筋力があって



カヌーで鍛えたメジロ君の体は



私を魅了します。

(私の体はぷよぷよですけどね💧)






あの体とあの顔に



私はめっぽう弱くて




彼に見つめられるだけで




脳内がパンクします、いまだに。





セックスは



私は好きな人じゃないと萌えない。




しかも




ギラギラしているとダメなの。





ちょっと奥手ぐらいがいいということに



最近気づいた。





前は



ムード作りが下手なメジロ君が



もどかしくて



私から仕掛けないとならないことに



なんか哀しさがあったり。





今でも少しはそう思う時もあるけど





もしギラギラと性欲全開で迫られたら



私はやっぱりいやだなって気づいた、


今頃(笑)







彼のちょっともどかしい感じが



私はまた好きで、感じるんだな。





そりゃね、



もう少しムードは勉強してほしいけど




彼が無意識に作るムードが



なんか色っぽく感じることがあって





その彼の計算されていないムードの中で



見つめられたり、触れられたり




そういうのに私は感じるみたい。






セックスって




別に男性優位じゃなくていいし



女性優位でも成り立つのに




なんか世間の価値観に



私もまだまだ押されて




男性から来てほしいって



男性から来るのが当然って



どこかで刷り込まれている。





私が欲しいならするはず



私が好きなら求めてくるはず




そんな風に思い込んでいる怖さがあるね。






セックスレスではないけど



彼ともっとセックスを楽しみたいって



そういう気持ちは相変わらずあるけど




相手にそれを強要したらいけないよね。



私の嗜好に合わせなさい、


そうしなきゃ愛さないとか、



ダメなんてことはない訳で。





でもそれって



何でも共通で言えることで





大なり小なり



自分の嗜好に合わない、


自分の思い通りにしない相手を



怒ったり、嫌いになったり





ワーガーマーマ(笑)




自分だって相手に合わせないのに



相手だって同じだよ。





それに気づけない人もいる。



そして別れたりする。



もったいないわ~って思うよ。




ありのままの相手を愛することで




ありのままの自分で愛されるのにね。





話が、脱線した🐤🐤






エールの窪田クンが



奥さんを抱きしめたりする仕草を見ると





ふわーってメジロ君とのことを思い出す。




お手軽な私(笑)






彼の大きな手が私の頭を支えて




キスとハグをする光景が浮かぶ。






体って正直で




彼を求めている。いつでも。







体に触れたくて



包まれたくて




笑顔が見たくて



見つめられたくて





それと同時に





見つめたくて




包みたくて





お互いのその想いが



ピタッと重なったとき






最高のセックスになる。





テクニックとかじゃない。





『想い』なのだ。





彼はテクニックはないけど




私への溢れる想いが全身から伝わるから




抱きしめられると



恍惚感がある。




昨日メジロ君がメールで



何の気なしに最後に





「大好きです。シロハトちゃんが。

おやすみ。」






そう締めくくられていたんだけど





一人でニヤニヤして



悶絶して寝ました(笑)






その言葉で私は今日1日を生き延び、



嫌なことも帳消しになったもん。







その彼の何の気なしの



ムードも計算されていないときの




愛の言葉だからこそ




グッときて



心と体が更に彼を求める。




子宮が恋をしているって



きっとこういうことを言うんだな。





この盛り上がった気持ちのまま




今週末、メジロ君に会って



またピタッと気持ちが重なって




最高のセックスをしたいな♡




メジロ君は




そんな私の肉女子的なところも




知っていて受け入れてくれているけど





今からこんなこと考えているなんて



思ってもいないだろうけどね(笑)




彼は淡白なので




美味しい食事とワインと


私の笑顔で満足の人だから。




お互い違ったままで一緒にいるって




一見チグハグだけど





一番自然体でいられて




お互い満足するんだと思う。







とめどなくなってきたので、この辺で。




またね♡


























DSC_0029




私は世代的にも、育った環境も手伝って



男性は



元々甲斐性があって




女性を養い、


幸せにする能力が備わっていると



思っているところがあります。





それは男性にとっては苦労ではなく




女性の笑顔を見たいから頑張る。



そういう生き物なんだと。






だからなのか





私はそういう男性と出会う。





これは世代や育った環境によるもので




これが正しいとか悪いとか



そういう話ではない。





ただ、



私はそういう男性が好きなんだよね。






今度のデートはメジロ君の誕生日。




プレゼントは高額なものはあげられない。



女性から男性に高額なものをあげることに


私は違和感がある。




それを正直に彼に言いました。






だから、



私が出来る限りのことをしたいけど



金銭的にも私はパートで余裕もないし



しかも



私はどんぶり勘定で



お金とか貯められない性格で


パートナーに家計管理を任せている以上、




そこにお金をかける概念もなく…






しょっぱい話でごめんね。





そう配慮しながら




良い悪いとかじゃなくて



そういう価値観なんだって伝えた。







だからといって



プレゼントを全くあげないとかじゃない。




私の出来る限りの精一杯をしたいと伝えた。






だって



メジロ君と私では年収が段違いだからね。




私が出来ることでお祝いしたい。




15,000円ぐらいまでが限界突破だよって(笑)




それと手作りの栗ご飯もつける。








彼は



うん、うんって仕事中だったので





何となく聞いている感じがしたので





電話を切った後に




改めてメールを出した。








『私の勝手な理想と、



メジロ君が考える私への理想とは



全然違うかもしれないけど



お互い違うままで、



貴方と一緒にいることが私は好きです。




デート楽しみにしてます💕』







そしたらね




夜にステキな返事がきました。






『シロハトちゃんは、


今のままでいてください。


全部受け止めるから。そーっとね(笑)』





なんて男前なことをいうのでしょう…。






思わず駆け寄って



抱きつきたくなりましたって返信した(笑)












今度のデートは



彼の誕生日なのに



彼の奢りで私の好きなフレンチです(笑)







私からのプレゼントは




眼鏡です。




最近、字が小さくて見えないらしく




老眼鏡です(笑)





一緒に買いに行こうって伝えといた。








私は私のままで良いんだ。




そう改めて思わせてくれた。






私も




彼のまんまが好きだ。





甲斐性のある彼が好き。





もし甲斐性が無くなったら…




それは無くならないので




あり得ない(笑)






そう信じて生きていると




そういう風になっていく。





人生は自分の想念が作り出し、




自分の思い込みで世界が見える。






だとしたら




都合の良い思い込みで




生きていくのも悪くない(笑)






彼が私の願いを叶えるとき、




私のありのままを受け止めるとき、





この上なくカッコいい男性になっている。






男性は



カッコよくいたい生き物。



多少の差はあれど、絶対そうだと思う。






カッコよくさせるのは





女性の役割でもあるのだよ。







大らかで



受け止めてくれる男性以外は




私は知らないし



私にとってはそれ以外は男性ではない(笑)







そういう人以外


好きにならないから、きっとこれからも。






こういうのを



あげまんというらしいけど(笑)








自分で言うか(笑)

























GRP_0085






 
昨夜はメジロ君から電話がありました。



いつも通り、お調子者でよく笑う彼からは



1週間のブランクは全く感じない。





どうしたの?とか



詰め寄る感じもなく






彼は私が風邪か


もしかしたら



コロナになって

隔離されたのか←跳躍しすぎ(笑)



何か体調が悪くなったのかなと

思っていたと。




それならそっとしておこうと


思っていたらしい。

→さすが、彼らしい思考(笑)






「メジロ君て、

メールが途絶えたとき、

私が心変わりしたのかな?とか


二人の関係に何かあったのかな?とか


そういうのは考えないんだね(笑)?」



そういったら



「一ミリも考えなかった…。


だって、もしそうならシロハトちゃんは


絶対俺に言ってくれると思っているから。」





一ミリも…(笑)



そうなのか(笑)



何かね、笑っちゃったよw



だって



本当に私を信じ切っているんだもん。




バカみたく信じている。





「うん、メジロ君らしいね(笑)



でもね、私は女性だから



ある日突然、心が変わっても


それを告げないで



距離を置くこともあるかもしれないし



メジロ君とは違うんだよ。



でもそうやって信じてくれていること


とても嬉しいけどね。」




そう言ったら





「だって、


そんなことで切れない


もうバッチリ、

ガッチリした関係だと思ってるから。」
→(何気なく韻を踏んでる(笑))



でも…



その時はその時だよ。


心変わりは仕方のないことだからね。」




そうキッパリと迷いもなく彼は言う。





「なんかさみしく感じるなぁ。」




そう言ったら





「だって、心変わりしたものを


追う方がヒドイでしょ?」





確かにね。






すごい人だわ、この人は。





本当にサッパリしていて


素敵だなぁって思ったので






「そういうメジロ君だから



私も自由に一緒にいられるんだよね。


ステキだと思う。」





そう伝えたら




「ありがとう。」って。








「あえてメール止めていた理由はね、



こないだのデートのときに

感じたことがあって。




それは



メールもデートも

当たり前のようになってきて



出会った頃のような



メールくるだけで嬉しい!とか


会えるだけで嬉しい!とか



そういう気持ちが薄れてきた感じが

したのと



忙しいメジロ君が



メールやデートが


負担になってきているんじゃないかなって

感じたの。




だから



ちょっと休息をしようって

思ったからなんだ」






「俺、負担に思ったことなんて全然ない!


でも、その気持ち、ありがとう。」




軽やかに言う彼は



本当に裏表もないまっすぐ。






彼はいつでもフラットで



いつも通り。




私がバイオリズムで揺れている間も




そこにフラットでいてくれるから



私は




安心して揺れることが出来る。




理不尽な揺れを



軽やかに受け止めてくれる彼がいる。





また感謝が溢れてきちゃった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


彼を解放する一方で



私はリクエストも

ちゃんと言うことにしている。






「今度はどこに行きたいですか?」






「あのね、イタリアンに行きたいけど


時間もね、昼間から会いたい!」





「え、昼間か。

分かった。前から言っていたもんね。」




「あと、土曜日もたまに会いたい!」




「休めるように今交渉しているよ。

会社にね。」




すぐには叶えられなくても



水面下では彼なりに努力していてくれてる。






「じゃあ、ビアバー行こうか。」




「え、だって17時からだよね?あの店。」




「だからさ、違うよ、


あの店は昼から16時までやっていて


夜の部が17時からだから



昼の部に行けるなと俺は思ったのっ。


13時半とかどうですか?」





「うん♡そのアイディアいいね!

その後、18時からイタリアン?」




「そうですよ。シロハトちゃん、

もう一人で決めちゃってるじゃんw


ホテルもロングステイにしたら

仮眠もできて

長く一緒にいられるんじゃない?」







ちゃんと考えてくれていたんだなぁ。


ごめんね、メジロ君。





シルバーウィークも

仕事の可能性があるのに



デート優先にしてくれたね。




あんなに忙しいのに



これが愛でなくて何なのだろう?





でも私のリクエストは更に続いて…(笑)



ここは素直に言わないとね。






「あのね、来月、私はパートナーと



お墓参りのついでに旅館に泊まるんだけど



メジロ君とも旅行に行きたい!


今年は相続関係でばたばたしてるのは


知っているから



来年の1月とか行きたいな~。」






「え、旅行?

いいよ、考えとく。」







「良いところがあるの。


いい宿は早く埋まっちゃうから

もう決めて予約したいな~。ダメ?」





「てか、


それも一人で


もう決めちゃってるんじゃん(笑)ww
→(すごい楽しそうに笑う♡)


分かりました。


12月か1月なら良いよ。」






やったー!




てなわけで



近場へ旅行決定♡




彼の浴衣姿も拝める~~~💕






温泉入って


うまいもん食べたいなって


彼も結構乗り気な感じでよかった。





解放とラブラブの交互。




これが究極の付き合い方かもなぁ。


なんてねw





お宿選びが大好きな私は



次のデートまでに早速調べておくね♬



そう言ったら




ご機嫌だねぇw



そういって優しく笑ってくれた。





ひとまず断愛という名の解放は終了。




また今日からメール開始します。


よろしくねって


さっき、送信しました。





ずっと押すばかり



足すばかりでなく





時に引いていく。





新鮮さを手に入れて




既に二人の間にあった

繋がりへの気づきもあり




中々の収穫でした💛






















































GRP_0030


私から突然メール止めてから6日目。





断愛の途中で




彼からメールきたら


さてどうする?









『シロハトちゃん、おはよ。』




たったこれだけですが



明らかに様子伺いのメールが(笑)w


朝にきました。






彼の自発的な行為で



私との現実の繋がりを求めてる。






断愛を始めたのも私なので


終わらせるのも私にしたいと思う。





なので


いつ断愛を終わらせるかは


私が決めます。



ただし



彼を巻き込みすぎない。




彼の同意なしに

あくまで私の意思で


始めたんだからね。





約1週間




彼との現実の繋がりは全くなくても



私は安定してた。







それを知れた、体験できたことは



とても大きかったよ。





自分との繋がりを続けて



彼への執着もうすれて
(完全ではない)





自分が持ってるものに気付けた。




彼への気持ちもね。




そして彼もきっと



1週間連絡を絶たれたことで




私との関係も


ゆっくり静かに見直せたのでは?





答えなんて出さなくて良い。




ただ気付けたことが




大きいのだ。





今日の終わりまでに



断愛を続けていくか


終わらせるかを決めます。





終わらせたら



彼にも連絡をしますよ。



しれっとね(笑)





彼は強い。




私に1週間連絡を絶たれても



オロオロもしない。


何かあったと感じない。



私を信じている証拠。







そんな彼だから




私も自由に一緒に生きていける。




改めて


ステキな男性だなと感じます♡




----------------------



結局





『今夜少しお話できますか?』って


メールしました。



すぐ返信があって



『大丈夫だよ。


何時にかけたら良い?』



優等生な返信(≧∇≦)




夜の電話を待つことにしました。




続く~
















↑このページのトップヘ