アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛

 私が思う愛情表現と、
彼の思う愛所表現は
当然違う人間なので異なります。

私は彼に聞いてみました。  
例えば私の場合、
メールが少ない= 愛情が減った
となるけれど、  

彼は疲れている時にメールをすると、
余裕がなくて自分の思うことと
違う表現になったりして、
傷つけてしまうかもしれない時は、
メールをしないのだそう。

よって彼の場合、
メールをしない=愛しているになる。  

例えば私の場合、
デートの約束を
中々してくれない=愛情が減った
となるけど、

彼は仕事の予定が立たないのに
軽はずみに約束して、
私をガッカリさせたくない。

確実に決まってから、
デートの約束をしたいとなるのだそう。

よって彼の場合、
すぐにデートの約束をしない
=愛しているになるらしい。    


例えば私の場合、
彼が落ち込んでいる時に

「電話少ししていい?」って聞いたら、
自分でもう少し考えたいから。

ありがとうって断られると、
私の声を聞いても、
元気でないのかな=愛が減ったと
捉えがちだけれど、  

彼は私の声を聞くと
会いたくなってしまうから、 
自分で考えて答えを出すことが、
私に対しての誠意と思っているのだそう。  

なので彼の場合、
電話を断る=愛している になる。  
(しかし、私どんだけ
ネガティブに 捉えているんだろう。
アホだ。)  

私が思っている愛情表現と
違うからといって、
彼が愛していないとは限らない。

彼は彼なりの価値観で
愛情を表現している。  
他にも
「シロハトちゃんと いると幸せだよ」
「シロハトちゃんを ギュッとしたいなぁ」
などの言葉も
【愛している】の返還バージョン。  

「シロハトちゃん風邪ひかないように」
「シロハトちゃん飲んべさんだからなぁ」
も、【愛している】の変換。  

時々仕事の弱音を吐くのも
私を信頼しているから。

時々私に苦言を言うのも
私を信頼しているから。  

そう思うと、
どんな場合でも【愛】は
存在しているんだなって思うし、

「ない」ばかりに焦点が行っていないか、
自分の目が曇っていないか、
疑ってみることも大切なんだな。  

形を変えたギフトを
ちゃんと受け取れるか。
それが幸せのカギなのかも
知れないって最近思います。

 

彼は自分軸かと思いきや、会社や組織に対しては【我慢の人】です。

元々休みが超少ないのに、その休みさえ出ざるを得ない。何故か?

それは彼の会社がとても小さくて人も少ないのに、社長がそれを考えも無しに仕事の受注をしてくるから。

そしてそれを社員一丸となって捌くのが当たり前と思っている、言わば【団塊世代】の社長。

今時、頑張らない世の中で、頭古いなと思う。

彼は40代前半なので、その社長の言っているアホみたいな理論も分かるし、

頑張らない理論も恐らく分かっている世代なのだが、

自分の用で休みたいと言えない人。

しかも有休じゃないのよ?当然与えられている週一日の休みなのに、

イエスマンで出てしまう。歯がゆい!!!

 

私とのデートの時は、次の休みには用があるってキチンと申告できるのに、自分の楽しみの為には言えない人。

この辺りは私と価値観がまるで違う。

以前の私なら、理解できない!で切り捨てていたけれど、

人それぞれの価値観があるから、どれも間違いとは言えない。

 

今週も休みがないと、かなりがっかりした様子のメールが入ってました。

下手すると月に一度しか休みがない。それも丸々ではない。

 

彼女の私としては胸が痛むし、休んで欲しいと思っているからこそ

「何故そんなに我慢する?会社の判断に従うのではなく、自分で決めないとね。休めないなんてことない。自分の身体は自分で休ませてあげなきゃ、誰が休ませてくれるの?心の声に従ってね。」ってメールしました。

 

そしたら、

『心の声に従おうと思ったけど、忙しくてそんな暇もなく一日が過ぎた。

こないだのシロハトちゃんのカレー美味しかったよ。俺、あの味大好きだな♡』

って、あのねぇ(^_^;)(笑)呑気というか、一体どこまでが真剣なのか。

 

なんだろう?ただ愚痴りたかっただけなのかなと思えてきた。

確かに自分が週末に計画していたことがおじゃんになり、かなり凹んでいたようだけど、解決を求めていたわけではなかったのかなって。

 

このまま行くと、彼は本当に年間休日は極少の【労働基準法】完全無視の会社で、間違いなくボロボロになってしまうだろう。

それでも彼は深く考えることも、頑張らない勇気を持つこともしない。

それなのに休めない愚痴を、これからも時々吐くのだろう。

なんて非生産的と思ってしまう私。

 

でも、

 

私は我慢しない、頑張らない方が良いとアドバイスはしたので、

もうそこから先は彼の問題。彼がそれを実行するのか、しないでボロボロになるか、私にはどうする事も出来ない。

見守るしかない。だけど信じていたい。彼はちゃんと自分に合った答えを出すだろうと。

それが正しいか正しくないか、それは私が判断することでなく、

彼が判断することなんだ。

 

どっちを選んでも彼の素晴らしさには変わらない。そんな気持ちで少し見守ろうと思う。

こちらの気持ちを伝えた後は、放っておくことも愛情の一つなんだ。

 

ちなみに私は絶対的に我慢しない人です。誰の為の人生だと思うか?それで判断しているから。

そんな真逆な二人だからこそ、もしかしたら出会ったのかもしれない。

最近ハマっている心屋仁乃助さん。

またもや、実践後にミラクルですわ。



これね、なんだろね?
私はオカルト信者でもないし、

わりと物事を冷めた目で見る
現実主義なんだけど、


本当にミラクルが起きたので、
これはもう信じるしかないわ。
 

前回の記事で彼にもう愛をもらってる!

愛されてることを
ハッキリと自覚したので、
まだ足りない~のクレクレ星人はやめて、

もうすでに愛されてること前提で、

彼に求めないことにしてみたの。
(会いたい欲求とか、メールやら、セックスやらね。)

いわゆる、心屋さんで言う【断愛】てやつ。


そう自分の中でだけ決めて行った先日のデート。

会ってそうそうに突然、

ホワイトデーのお返しを
いち早くもらった(笑)
びっくりです(・○・)


彼はね、お返しとかプレゼントとかの

概念がない人なの。

(※今ではだいぶプレゼントの概念は
学んでくれるようになったけど)


出会った当初、
昨年は忘れててバレンタインのお返し
もらえなかったのよ。




付き合って1か月目の
ラブラブ時期にも関わらずよ?




女の子が好みそうな雑貨屋にも
恥ずかしくて決して行かない。

そんな人なの。
(食事やホテル代は全て
今も出してくれてるけどね。)




だから正直言って、
ホワイトデーもらえると思ってなかったし、

断愛を決めてたから
期待もしてなかったのですよ。




そしたら会っていきなり、

『はい、これホワイトデーに会えないから。
今渡しておく。』って…。


しかも、めちゃ女子的な


ピンクカラーのハンカチやら、

フレーバーティーやら、

色んなものが入ってる(・∀・)





「可愛いねっ
これセットになってるの買ったの?」って
聞いたら、




『ううん、自分で選んだ。』

 


ええええええっ!!?(゜▼ ゜)アリエネェッ 



何がどうなってるんだ~と思いながらも、


嬉しさを素直に表現して、

お礼も沢山言って上機嫌なデートの始まり。
ところがこれから、次々と奇跡が起こる…

(笑) 

いつも決まったお店で
食事したり飲んだりすることが好きな彼なので、

大体、
3,4か所のお店のパターンを
繰り返している私たち。



愛をクレクレと求めている時は、
違うお店にも行きたい!と言っていたけれど、


「今度ね。」と
あっさりとスルーされていた私だったのに、


なんと彼の方からこれまた突然、

『シロハトちゃん、満足している?
俺は良いけどさ、

違うお店とか
行きたいんじゃないかなと思って。』


って言ってきて。


その場で固まりました(゚ロ゚;)





その日は全然満足していたので、

行きつけのお店になったけど、


次回は違う行きたかったお店に
行くことになり、その日に予約まで。



何これ?魔法かよっ!? 


そしてまだ奇跡があった(笑)



彼が激務&年齢&早漏により

付き合って1年になるのに、

2回しか結ばれていない私たち。



私に魅力がないのかなとか
本当に色々悩んでいたけれど、

これも断愛しようと決めたので
その日は全然求めなかった。というかね、求めなくても満足していたの。 




そしたらいつになく彼がやる気に…(゜▼゜)アラ…


結局、
私が気持ちよくしてあげている最中に
彼がまた先にイッてしまったので、



結ばれなかったけれど、
(ここはお約束(笑)残念)




今までコンプレックスで
乗り気じゃなかった彼が、

ゴムのサイズを変えてみようというので、

次回、買って試すことになった。

(彼が買っておいたゴムが小さくて入らなかったので。) 

胡散臭いとか思われても良いわ。

たまたまでも良い。

だって私には効果があったことは事実。

心屋マジック、恐るべし!
 

求めようと
必死になっていた時には得られなかったものが、

もういいや、
愛でお腹がいっぱい♡って気付いて、

求めるのやめた途端に手に入る。


彼にこれを伝えているわけでもなく、
私の心で決めただけなのに。

 

まだ実践始めたばかりなのですが、
これからも
《既に愛されている・既に上手くいっている》の


魔法の言葉を続けてみようかと
思っておりまする。

 


他にもマジックが起きたらまたお話しますわ~





この前酔った勢いもあり、

電話で彼のちょっとした冗談が
冗談に聞こえなくて、
失言をしてしまった私。



後味悪く、
「もうサヨナラね!
イヤになった。きらい!」って
ガチャ切りした後、
3日間メールがなかった。



いつもなら、彼から
『ごめんね。冗談だよ。』
ってメールがあるのに… ない! 

ああ、やってしまった。
もしかしたら、怒ってるのかな。
それとも傷つけたかな。


モンモンとした私は
その日の夕方にメールをした。

「電話で話したい。
どちらも悪くないって
気付いたこと伝えたい。
○時~○時の間に電話するから、
出て下さいね。」と。 


そのメールの返事もないまま
電話する時間になった。 

出ない。
何度コールしても彼は出てくれない。 
電話に出てくれないなんて、
こんなこと初めてだった。


相当怒ってるか、
もう別れを受け入れて
しまったんだと焦る私。
(本当に自分軸が簡単にブレます(笑)) 

仕方なくショートメールで
ちまちまと(笑)

「話だけでも聞いて欲しい。
こんな形で終わりなんて私達らしくない。
終わる時は音信不通に
しないって約束したでしょ?
どうして?」と

何通にも分けて電話で話したいと
送ってみた。 

それでも返事もない。
少し時間を置いて
もう一度コールするが
一切出てくれない。 


私は絶望的な気持ちになった。
もう彼は話すら私としたくないんだ。
終わってしまったんだ。
私のたった一回の失言で。

今まであんなに大切にされ
愛されていたのに。信じられなかった。
でも、目の前の現実が物語っている。

電話すら拒絶されている現実が
私にはどうしようもなく辛かった。 


友達にパニくってメールをして、
その友達にも
何度か頑張って電話してみなよって
励まされながら
一時間私は彼に何度かコールし続けた。 



でも、同じだった。
出てくれなかった。 


話が飛ぶが
私は《心屋仁乃助さん》が最近好きでね。


彼の言う
《どうせ愛されている。
どうせうまくいく。》に共感があるので、
それをずっと取り入れていたの。
彼に電話する前も。

それなのに
結局上手くいかなかったじゃん。って
その時一瞬思ったけれど我に帰り

ああそっか。
どんな事があっても
どうせうまくいくんだった。


どうせ幸せになるんだったなって
思い直して現実を受けいれた。


(そうは言っても
目の前の現実は辛いので、
心臓はバクバク
血圧上がっているのが
分かるぐらい苦しいのだが…) 


そうして彼に対して腹括りました。
最後のメールのつもりで


「今までありがとう。
楽しかったです。Xマスや夜桜見物、
バレンタイン、
どれをとっても良い思い出ありがとう。
貴方を応援している想いは変わらない。
それだけは伝えておきます。」 
と打ち、



携帯を居間に放置し
傷心のまま寝室へフラフラと行き
就寝しました…が、



一睡も出来ないし
ウトウトしては
不安や悲しみが
こみ上げてきて目が覚めてしまう。


地獄のような一夜の中で
私は呪文のように
「大丈夫。どうせ幸せなんだから。
どうせうまくいくんだから。」
目が覚めるたびに呟いていた。 


それでも当然
気持ちはすぐに晴れるわけもなく
夜が明けて行く。 



朝も起きられない。
10時過ぎまでウダウダと布団にいた。



現実がつら過ぎて別れが突然過ぎて
身体が重くて
起きあがる事が出来ない。 


やっとの思いで
置きあがり居間に向かった。
食欲もなく何もする気が起きない。


ふと携帯を見ると
メールが来ているサインの
ランプがチカチカしている。

でも
これは昨日メールした友達からの返信。
彼からの筈もない。 
と、携帯を開いた。 




うそっ!!!!!!????? 





なんとメールは彼からであった!! 
恐る恐る開くと
夕べ遅くに私が寝たあと
メールが入っていたようだ。

『ごめんなさい。
接待で今解放されたよ。
車に携帯を置いてったから今、
メールと着信を確認した。
いっぱいメール入ってビックリした(笑)

シロハトちゃん
またマイナスに一人で考えてたでしょ!
俺はね、絶対に逃げたりなんかしないよ。
約束するよ。
シロハトちゃんの話、
いくらでも聞くよ!』 


へなへな~~と力が抜けた。
こんな奇跡が起きてしまったんだ。
これ夢?って本当に何度も思いました。



その後返信したら
仕事中にもかかわらず、
すぐに折り返し電話してくれて
彼の声を聞いた途端
ホッとして泣けました。 



接待で電話取れなかったこと
○時に電話するねってメールを
送った時は既にもう接待に入っていたこと


(私が昼間にそのメールをしていたら
こんなことにならなかったのに、
変に駆け引きして
夕方に送ったからこんなことに
なったんだな。反省。) 

彼は笑いながら
謝って説明してくれた。



しかもこないだの失言の事は、


『シロハトちゃん、
酔っていたし
俺も少し酔っていたから
話半分に聞いていたよ。

週末会った時に
話せば大丈夫かなって思ってたから。』
と言われて
ふにゃんと気が抜けた…。


メールが3日来なかったのも
単なる仕事が忙しかったからだとも。 

私が勝手に妄想・イルージョン見て、
心屋流で言ったら、
「コント」を一人でしていただけだった。 


どうせ私は愛される。
どうせ私は上手くいく。
ハイ、上手くいってしまいました。


何でか分からないけれど。
恐るべし、心屋流!ていうか、
元々うまくいっていたのに
勝手に妄想してたんだ。

だから奇跡というよりかは
元々そうなっていたということね。 


そして違う結果だったとしても
それはそれでやっぱり
うまくいくようになってるってことなんだ。 

 『シロハトちゃん
いつも強くて大人の女性なのに、
こんな脆い一面も持っているんだね。
また新たなシロハトちゃんを発見したよ。』

と彼に言われました。


私は「カッコ悪くても
惨めでも迷惑がられても

好きな人に音信不通にされたら
全力で自分をさらけ出すよ。
それが覚悟を決めた恋愛ってものでしょ?」
と答えたら

『そうだね。
俺はイヤじゃないよ。
そういうところもね。』と。 

私はもう十分、
彼から愛をもらっていたことにも気付いた。

それなのにもっともっと頂戴!
と騒いでいたことにも。

そして、彼は素晴らしい人であることも。
自分が信じていないだけだったことも。 

奇跡って
こんな風にして起こるんだなって
初体験した一日。

そして
ああまだまだ自分は他人軸(彼軸)
で一喜一憂しちゃってる。
自分軸ではないんだなと反省。 


いや、そんな私だから
愛されているってなるんだけどね。
だって
今夜、改めて彼から電話を
もらえる私だから

どのみちどうせ幸せに
なることが決まってるのね。



↑このページのトップヘ