アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛

DSC_0058

 
日本て結婚を


明治か昭和時代の感覚で


いまだに見ているところがある。



男と女の在り方にしても



世界的に見ても


本当に遅れている。





そこからはみ出すものは



悪者扱い。



制度自体が古すぎ。


時代錯誤も甚だしいね。




少子化になる根本な理由は



結婚の制度自体が窮屈で



気軽に結婚してみようと


思えないところにあると思う。




昨日はメジロ君とデートでした。



たっぷりと愛されて



身も心も潤沢。



結婚は考えてない彼。



私も彼との結婚は


時々夢見るけど




この距離感だからこその



恋愛感だなって思う。



身内でもなく



家族でもなく



私と彼は紛れもなく



『恋人』なのだ。



一人の時間が



たっぷりあってこその



恋する気持ち。




私が望んでいるのは




こちらだということに



気付いてる。



月に2度の逢瀬だからこそ



キスもハグもときめき、



セックスも飽きない。





日本では



結婚したらまず



ほとんどの人が



セックスレスになっていく。




ずっと恋人でいたいなら




距離感が大切なのだ。



貴方ならどちらを取りますか?




私は身内的なパートナーと



恋人のメジロ君の



両方を手にしています。




恋愛と生活を分けています。







その気になれば可能です。





世間的な代償を伴う覚悟と



勇気を引き換えに。





自分でどちらも選べます。



たった一度きりの人生。




私は2つを選び




幸せです。


どちらにも全力だから




パートナーも彼も幸せです。




時代錯誤だの



相手への裏切りだの



そう思うなら



それを貴方は貫いてください。




貴方の責任を私が負えないように




私の人生の責任も




外野は負えません。




無責任に批判するだけ。





そんなのは簡単なの。



批判なんて誰にでも出来る。




自分の望むことを貫くことの方が




実はとても難しいのだよ。




世間に流されるべからず。



昨日は



私の方が

メジロ君のこと好きだよ。




俺の方が

シロハトちゃんのこと好きだよ。




バカップル全開でした♡




この上なく幸せな時間は




自分を貫くことでやってくる。




とてもとても




難しいけど




得たものはかけがえのないもの。






結婚はただの制度。




管理しやすいから作られた制度。




もっと本当の想いだけで




恋愛してみたら




孤独なんてなくなります。




これはね




結婚と結婚しないことの





どちらが悪いとかじゃなくて



自分の望むことは



どちらなのかってこと。






世間に流されて



世間体に負けての結婚なのか




本当に自分で望んでしたいのか




その差は歴然です。





私は恋愛を取ったに過ぎない。




女として



どんどんキレイになる今の自分が




私は好きなのよね。





この人生になんの悔いもない。





愛する好みの男と



恋愛も体も味わいつくすわ。








昨日のメジロ君




前髪が少し伸びてて



ちょっとセクシーで




力強いハグにもクラクラして





何度も昇天しました👼




彼の体は何度味わっても良いな❤




年を取ったら…


そのときはそのときです。





大切なのは今なんだ。



そしてその積み重ねの先に


未来がある。



今と未来は繋がっているのよ。













































DSC_0057


久しぶりのブログですが




ちゃんとメジロ君と繋がってますよ❤
 


彼は相変わらずトロトロに優しいけど



こないだは少しイライラさせたみたいで



ちょっと怒ってた❤



なんかね、



それが少しびっくりして

そして嬉しかった(笑)←マゾw



私の見たことのない


ちょっとブラックなメジロ君。





お互いの価値観の違いで


意見を言い合ったので



二人とも悪くないのに






私の方が気が強いので



謝るのは彼が先。



そして



数日してから私が謝った。





彼は私のある小さな願いを叶えるべく



前向きな努力をすると言ってくれた。





こんなとき



彼を好きにならずにいられない。




大きい人だなって改めて思うから。



対立をしても


すっと下がってくれるから



こっちも素直になれる。






このブログをお休みしてる間に




2回デートがあり



今週は3回目のデートです。





何度会っても飽きない。




どんだけ話してても退屈しない。
(いや、ま、時々は退屈しますが…(笑))




5年という月日が経ってるとは

思えないほどの



こゆい恋心。





あと何年一緒なのか



誰にも分からないけど



とりあえず10年を目指してみっか。




旅行も来月です。






幸い目的地は、感染拡大地域でもなく



前から予約している旅行なので



気を付けながら行ってきますよ。




こう見えてもコロナ対策はバッチリの慎重派。






移動は行きかえりの電車は個室を予約したし、



現地の移動もバスには乗らず




貸し切りタクシーです。






こういう時こそ、リスクヘッジ。




そこを安く済ませたらダメだから。






そう言うメジロ君に甘えました。





早く会いたいです。



明日、デートで会うけど




さっきから



彼の温かい手や



広い肩幅ばかり思い出してしまう。






みんなもそうなんだろうな。




恋はどんな形でも





心が潤沢になるね。





このひと時が好きです。




流れていても潤沢…。




なるべくまた書きますね。


いつもありがとうございます。




DSC_0020


メジロ君の体が好きで


私は彼とのセックスが好き。





あ、彼は淡白です。



イイ体を持っているのに…。


しかも


ものすごく絶倫なのに…。





🐤🐤🐤




でも



嗜好と体が連動していないところに


また萌えたりもする(笑)



これで彼がギラギラしていたら



なんかイヤ💧←ワガママ(笑)




そういった意味で(どういった意味だ…)





朝ドラ「エール」の


窪田クンに萌え萌え♡




あの色白のベビーフェイスに


あの体のギャップ萌え♡




そういう方もいるのではないでしょうか。





窪田クンの体が好きすぎて、

ドラマの内容が頭に入ってこないこともある(笑)




先週のタンクトップ姿、見ました?



あの上腕二頭筋♡






先週は悲しいお話で


がっつり泣きながら見つつも



体はしっかり見ていました、ええ。






で、体と言えば



メジロ君♡



彼も窪田クンと同じように



ええカラダしとるわけで。





182cmの長身で



ムキムキ過ぎず、


でも筋力があって



カヌーで鍛えたメジロ君の体は



私を魅了します。

(私の体はぷよぷよですけどね💧)






あの体とあの顔に



私はめっぽう弱くて




彼に見つめられるだけで




脳内がパンクします、いまだに。





セックスは



私は好きな人じゃないと萌えない。




しかも




ギラギラしているとダメなの。





ちょっと奥手ぐらいがいいということに



最近気づいた。





前は



ムード作りが下手なメジロ君が



もどかしくて



私から仕掛けないとならないことに



なんか哀しさがあったり。





今でも少しはそう思う時もあるけど





もしギラギラと性欲全開で迫られたら



私はやっぱりいやだなって気づいた、


今頃(笑)







彼のちょっともどかしい感じが



私はまた好きで、感じるんだな。





そりゃね、



もう少しムードは勉強してほしいけど




彼が無意識に作るムードが



なんか色っぽく感じることがあって





その彼の計算されていないムードの中で



見つめられたり、触れられたり




そういうのに私は感じるみたい。






セックスって




別に男性優位じゃなくていいし



女性優位でも成り立つのに




なんか世間の価値観に



私もまだまだ押されて




男性から来てほしいって



男性から来るのが当然って



どこかで刷り込まれている。





私が欲しいならするはず



私が好きなら求めてくるはず




そんな風に思い込んでいる怖さがあるね。






セックスレスではないけど



彼ともっとセックスを楽しみたいって



そういう気持ちは相変わらずあるけど




相手にそれを強要したらいけないよね。



私の嗜好に合わせなさい、


そうしなきゃ愛さないとか、



ダメなんてことはない訳で。





でもそれって



何でも共通で言えることで





大なり小なり



自分の嗜好に合わない、


自分の思い通りにしない相手を



怒ったり、嫌いになったり





ワーガーマーマ(笑)




自分だって相手に合わせないのに



相手だって同じだよ。





それに気づけない人もいる。



そして別れたりする。



もったいないわ~って思うよ。




ありのままの相手を愛することで




ありのままの自分で愛されるのにね。





話が、脱線した🐤🐤






エールの窪田クンが



奥さんを抱きしめたりする仕草を見ると





ふわーってメジロ君とのことを思い出す。




お手軽な私(笑)






彼の大きな手が私の頭を支えて




キスとハグをする光景が浮かぶ。






体って正直で




彼を求めている。いつでも。







体に触れたくて



包まれたくて




笑顔が見たくて



見つめられたくて





それと同時に





見つめたくて




包みたくて





お互いのその想いが



ピタッと重なったとき






最高のセックスになる。





テクニックとかじゃない。





『想い』なのだ。





彼はテクニックはないけど




私への溢れる想いが全身から伝わるから




抱きしめられると



恍惚感がある。




昨日メジロ君がメールで



何の気なしに最後に





「大好きです。シロハトちゃんが。

おやすみ。」






そう締めくくられていたんだけど





一人でニヤニヤして



悶絶して寝ました(笑)






その言葉で私は今日1日を生き延び、



嫌なことも帳消しになったもん。







その彼の何の気なしの



ムードも計算されていないときの




愛の言葉だからこそ




グッときて



心と体が更に彼を求める。




子宮が恋をしているって



きっとこういうことを言うんだな。





この盛り上がった気持ちのまま




今週末、メジロ君に会って



またピタッと気持ちが重なって




最高のセックスをしたいな♡




メジロ君は




そんな私の肉女子的なところも




知っていて受け入れてくれているけど





今からこんなこと考えているなんて



思ってもいないだろうけどね(笑)




彼は淡白なので




美味しい食事とワインと


私の笑顔で満足の人だから。




お互い違ったままで一緒にいるって




一見チグハグだけど





一番自然体でいられて




お互い満足するんだと思う。







とめどなくなってきたので、この辺で。




またね♡


























DSC_0029




私は世代的にも、育った環境も手伝って



男性は



元々甲斐性があって




女性を養い、


幸せにする能力が備わっていると



思っているところがあります。





それは男性にとっては苦労ではなく




女性の笑顔を見たいから頑張る。



そういう生き物なんだと。






だからなのか





私はそういう男性と出会う。





これは世代や育った環境によるもので




これが正しいとか悪いとか



そういう話ではない。





ただ、



私はそういう男性が好きなんだよね。






今度のデートはメジロ君の誕生日。




プレゼントは高額なものはあげられない。



女性から男性に高額なものをあげることに


私は違和感がある。




それを正直に彼に言いました。






だから、



私が出来る限りのことをしたいけど



金銭的にも私はパートで余裕もないし



しかも



私はどんぶり勘定で



お金とか貯められない性格で


パートナーに家計管理を任せている以上、




そこにお金をかける概念もなく…






しょっぱい話でごめんね。





そう配慮しながら




良い悪いとかじゃなくて



そういう価値観なんだって伝えた。







だからといって



プレゼントを全くあげないとかじゃない。




私の出来る限りの精一杯をしたいと伝えた。






だって



メジロ君と私では年収が段違いだからね。




私が出来ることでお祝いしたい。




15,000円ぐらいまでが限界突破だよって(笑)




それと手作りの栗ご飯もつける。








彼は



うん、うんって仕事中だったので





何となく聞いている感じがしたので





電話を切った後に




改めてメールを出した。








『私の勝手な理想と、



メジロ君が考える私への理想とは



全然違うかもしれないけど



お互い違うままで、



貴方と一緒にいることが私は好きです。




デート楽しみにしてます💕』







そしたらね




夜にステキな返事がきました。






『シロハトちゃんは、


今のままでいてください。


全部受け止めるから。そーっとね(笑)』





なんて男前なことをいうのでしょう…。






思わず駆け寄って



抱きつきたくなりましたって返信した(笑)












今度のデートは



彼の誕生日なのに



彼の奢りで私の好きなフレンチです(笑)







私からのプレゼントは




眼鏡です。




最近、字が小さくて見えないらしく




老眼鏡です(笑)





一緒に買いに行こうって伝えといた。








私は私のままで良いんだ。




そう改めて思わせてくれた。






私も




彼のまんまが好きだ。





甲斐性のある彼が好き。





もし甲斐性が無くなったら…




それは無くならないので




あり得ない(笑)






そう信じて生きていると




そういう風になっていく。





人生は自分の想念が作り出し、




自分の思い込みで世界が見える。






だとしたら




都合の良い思い込みで




生きていくのも悪くない(笑)






彼が私の願いを叶えるとき、




私のありのままを受け止めるとき、





この上なくカッコいい男性になっている。






男性は



カッコよくいたい生き物。



多少の差はあれど、絶対そうだと思う。






カッコよくさせるのは





女性の役割でもあるのだよ。







大らかで



受け止めてくれる男性以外は




私は知らないし



私にとってはそれ以外は男性ではない(笑)







そういう人以外


好きにならないから、きっとこれからも。






こういうのを



あげまんというらしいけど(笑)








自分で言うか(笑)
























↑このページのトップヘ