アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 仕事



おとといの最悪な日に比べて



昨日はなんだ?ってくらい
良い一日でした。








職場のマネージャーが




おとといの
私の異変に気付いていたようで



なんかあった?って
声をかけてくれて。



クレーマーにあたり、
リーダーにもダメだしされたこと
話したら





それは申し訳なかったねと
理解を示してもらえたことで



少しでも分かってくれた人がいて
見てる人は見ててくれてるんだなと



それだけでスッキリした。




今回、
私は自分では何も動いていない。




流れるままにしていたら
向こうから運がやってきた。




落ち込んだり悩んだりしたとき




どうしてもあがきたくなるし
解決したくて
動きたくなるけれど




あえて不安を感じてみる。
落ち込みから逃げずに
その感情に気付くことで




流れが不思議と変わる。




恋愛も。




メジロ君の着信を放置していたのに







ちゃんとメールが来た。





しかもラブいやつ(;・∀・)




杖をつくような年になっても


ずっと飲んだりハグしたりしたい







嬉しいけどね




少しヘンタイとも取れる
メール(;゜∀゜)





それに対して




杖をついても飲むの?


定年したら豪華客船に連れてって
くれるんだよね😁




って返したら



2分後に着信が残ってた。




私は昼休み終わって仕事してたので
出られなかったので




終わってからかけ直したら




シロハトちゃん、忙しいんだね。



豪華客船は俺一人で行くよって
笑ってた。





彼女が忙しいと
追いかけてくる法則(笑)






わざとやっても効き目ないの。




以前ね、
忙しいふりをして

駆引きでメールや
連絡を遅らせたりしていたことも
あったけど



効き目もなく


自分が遅らせたりしてたから
返事ももらえず




逆に辛かった(笑)




本当に自然に忙しいと



不思議とそれは相手にも伝わる。





1ヶ月くらい前かな





日帰り豪華ツアー行きたい!って
さらっとメールに
書いたことがあったんだけど




それに対して
なーんのリアクションもなくて




やっぱりめんどくさいのかな。



と思ってそのまんまにしてたのね。




そしたら





昨日突然メールでメジロ君が




『日帰り豪華ツアーさ、



ネットで色々調べてたら




全部行きたくなっちゃった。


どうしよう?』




(;・∀・)ナゼ,イマゴロ?



時空間長すぎ…(笑)






なーんだ、彼は彼で1ヶ月
ワクワクと考えてたんか( ̄▽ ̄;)




これも





私から一旦行動して投げたあと




何にも動いていなかったけど





彼はちゃんと覚えてて





そのタイミングは何故か(笑)
遅いけど






放置してたら



向こうから何かがやってくる。






行動したあとは





相手の領域になるので




期待せずに
自分でも忘れてる位の感覚で





時間を置くと良いのかもなぁと
思ったりした。




友達もそう。




放置してると







向こうからやってくる。





その間は一人で楽しむ時間を
過ごす。





今日はおやすみだったので



一人でイタリアンに行って




ウマイもの食べてきた❤




結構お一人様の女性が多くて





それぞれが時間を有効に
楽しんでるように感じて




私もだいぶ変わったなぁって
ニヤニヤした。




一人で楽しむなんて



ついこの前まで出来なかったもん。






ムリに動かさないこと。




少しずつ分かってきたな。





人生は本当にバイオリズムのように




上がったり下がったりを
繰り返すんですね。
























月曜の朝、起きるときに


無意識になんか不安になって




胸が重い感じで起きる。




変な夢も見たり。




今の会社に入って



半年経つのに未だに馴染めない。




週3日の短時間なので




そこだけが救いですわ。



仕事自体は嫌いじゃないけど




行きたくないのは



心のどこかで




職場は馴染まなきゃいけないもの。



仲良くしなきゃいけないもの。



早く覚えないと気が引ける。





そんな具合に




自分の中の『~べき』に
囚われてることに


気付く。



気付いて



別に馴染まなきゃいけないもの。
ではないし




みんなと仲良くしなきゃいけないもの。
でもないと




その時は分かるんだけど





すぐにはその『べき』は




クセなのでなかなか離れない。






そんなときは、メジロ君だ。





今朝起きて、




憂うつさが晴れなくて




あまり良い方法ではないけど




メジロ君に電話してみた。





『シロハトちゃんオッハヨ~!!☀』





いつも朝から
トーンがすごーく明るい。




『シロハトちゃん、
昨日はお母さんに電話出来た?』





『は?』





『え、シロハトちゃん、母の日
電話しよ!って書いてたから』




『なんでそーなる(笑)

違うよ、メジロ君と電話しよって
意味で書いたんだよ。

月曜の朝は憂うつって言ってたから。』





『そーなのか。俺、読解力ないなぁ。』





てな具合で



どんどん話のポイントがずれていく(笑)




とにかく私の憂うつや悩みなんて




一瞬で吹き飛ばす威力を




メジロ君は持っているのだ。








職場の雰囲気が好きじゃなくて




私だけ仕事覚えてないし


時短だから気も引けるし




なんかゴタゴタも今あって
メンドーな状態で





憂うつなんだ。





そう言うと




『あ?なんで気が引けるの?
みんな頑張ってね~っで良いじゃん。
俺ならご機嫌だな~。』





『え( ̄▽ ̄;)
メジロ君は
気が引けることってないの?』





『ないよ。気なんて引けたことない。』




(;・∀・)スゲー
そーなのか。




こんな調子なので




私の悩みがバカバカしくなる(笑)






しばらく彼もプライベートが
確保されず






接待やら招待やらで




多忙らしいんだけど




『ま、暫くはしょうがないよ。』



とあっさり諦めてて




全然悩まない。





いつもながら感心させられる。





こないだのデートのときに





ショップのマネキンが着ていた




ちょっとハードなワイルド系の
カジュアル。




『これ、メジロ君
絶対似合うから着てほしい!』




そう懇願したら





『やだ。ダメです~』



とバッサリ断られたのですが





『シロハトちゃんの


くのいちの格好見たいな~。


俺、想像しただけで



興奮してきちゃうよっ💨』





( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)クノイチ?




全然違う話になってる…。





子供の頃から
くのいちが好きなんだって。



その格好にムラムラするらしい。

マニアックやな~💧




ヘンタイとも言うか(笑)



えと何の記事だったけ?






あ、職場に馴染めない話だった(笑)





こんな風に




メジロ君が絡むと




なんかどーでもよくなってくる。




不思議な人なのだ。




今は会社の昼休み。




ニュートラルな気持ちに
切り替えられるように





頑張れ私(* ̄∇ ̄*)







こないだの続きの友達編



最近新しい職場になって




そこでも
人間関係の
練習になっております。




まあ本当に色んな人がいるなと。





私が入社して



笑顔で迎えてくれる人


無表情で挨拶もしない人


仕事は教えてくれるけど
深く関わってこない人


挨拶をちゃんとする人



私に関心を持ってくれて
誘ってくれる人


(上司の癖に)
目も合わせようとしない人



根掘り葉掘り聞いては
裏ではなんか言ってる人



本当に色んな人がいる。



でもこれって


すべて私のビジョンから
見ている勝手な想像でもある。




過去の経験から
こーゆー人だと思い込み
決めつけて



人を判断する。



これは私だけではなく
みんなそうだ。




あちらも私のことを勝手な想像や
偏りで見て判断している。




だとしたら



私も含めて



人の判断なんてなんて
当てにならないものだろう。








以前の私なら



というか最近まで



人の機嫌や顔色が気になって




挨拶もしない人とか


目も合わせようとしない
無視する人とか



陰でなんかこしょこしょ
話してる奴らとか




もー、気になって気になって
仕方なくて



まるで片想いみたいに
昼夜そいつらのことが頭から
離れなくて



キモい私でしたけど




今は




あまり
気にしないでいられるように
なりました。




気にしないというより
気になったままで


放置する。

放っておくということが
最善だなと思うようになった。






時々ちょっと凹むことはもちろん
あるけど




自分を
好きでいてくれてる人にだけ



フォーカスするようになった。



たってさ


私のこと興味ない人の機嫌や



私のこと嫌いとかどーでも良いと
思ってる人のことなんて




こっちが気をとられるだけ
大損だもん。




それなら



私のままで好いてくれる人や




いつでもフラットな人に



時間を使いたい。



大抵の人は自分にとって

好きでも嫌いでもどっちでもない



敵でも味方でもないと思うのだよ。



みんか勝手な判断なのだから。




だから私も私の大切な心を



下らないことに
磨り減らしたくないし




自分の心をいじめたくない。




そう思ってると不思議と



落ち着いてくるし


自分にとって心地よいものだけを
選択していくようになった。



もちろん人間だから



心が凹めば
不安になったり落ち込んだりする。



その時はその感情を
なかったことにしないで



そのまま感じてると



これまた不思議と必ず消えるから



そうやって少しずつ訓練する。



なにも怖いものは本当はない。
怖いものは心の中だけに存在する。



人の判断ほど
あやふやで信じられないものはない。


そのままの私でいこう。









居心地の良い今の部署から




最初に契約した一応希望の
部署へ来月から。





短期なので初めはこんなに
居心地が良くなるなんて
思ってもいなかった。




だから
上司に契約と話が違う!って
去年の暮れにわざわざ直談判して




希望の部署に行くことに
なったというのに。




今の部署で
短期間で友達もできてしまい
今更ながら



他の部署に行きたくない…




あーあ…
やっちまったかな…です。





バカだよね。
上司は今の居心地の良い部署に
ずっといてもらおうと
していたのに。




わざわざ契約と違うぞって
自分から異動を申し出てしまった。




でも元々の契約は
その部署ではなかったので




こうなる運命だったのかな。




希望の部署は




うーん、



なんか人も多いし




冷たい雰囲気な感じもするし


仕事も複雑そうだし




お昼も2時とかになるようだし





良いところがなかね!





これが
自然に抗って焦って
自分で掴みにいってしまうと
上手くいかないってことの
典型駅な例なのかしらね。





でも私がその時は
良いと思って決めたことだから



決めた自分に自信を持って
花丸をあげようと思います。




きっと回りまわって
なるようになっているはず。




私はそこで自分の役割を
淡々とこなしていけば良い。



例え居心地の良さは
雲泥の差でも


自分で決めたことだから
信じてあげよう。




物事や他人に期待しないこと
常に中立でいようと意識すること




同じ会社にひとりでも
自分を好きでいてくれる人が
いるならば



それでよし。




それにしても
緊張はします。



一から人間関係と
仕事を覚えることは




やっぱり疲弊する。
なんで私だけこんなめに?





それでも



まだ先の話だけど




月に何回かは
今の居心地の良い部署へ
ヘルプに入る契約なので




たまの
気分転換にはなるかな。





流れに逆らわず
身を任せるって怖いし




つい抗ってしまうけど





今度から身を任せてみようと
思った事柄でした。






どうなっていくんだろうな…。




やっぱり怖いです。




最初から希望の部署に行ってたら
こんな不安にならなかったのに。



でも今の部署に行ったからこそ
友達も出来たと言えるから




やっぱり
なるようになっていたのかな。



考えても仕方ないことだから
あとはどんなことも受けいれて
自然に任せるのみ。




深刻になりすぎないように
さらっとしていたいです。

































↑このページのトップヘ