アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

恋愛のヒント

それぞれの絆(きずな)



前回からの



気持ちの低迷期は抜けました 。




今、回復期です⤴⤴⤴





私は仕事での落ち込みもあったし




メジロ君ともギクシャクしてて




それを吐き出せるような友達もいないし





親も兄弟も反りがあわないから




ずっと会ってないし





グツグツと煮詰まってた。






そういう時ってさ



電車遅延とか



些細なことも含めて



嫌なことが重なるもんで。





もー!

誰も私を大切にしてくれない!って




ごう慢にすねまくって落ち込んで





行き場がなくて。






唯一パートナーには



私は気持ちを吐露できるので




モヤモヤを吐き出したら




優しく話を聞いてくれて




包んでくれた。




温かい身内のような


お兄さんのような大切な人です。


本当に感謝している。




恋ではないけれど



私もパートナーにもっと感謝を伝えて



もっと大切にしたいと改めて思った。








吐き出したら全てが



回復方向へ一気に回りだした。





メジロ君とも




ギクシャクは抜けて




お互いの絆を確認し合いました。






それまでは



3日ほどお互いメールを止めてて。




実は彼も仕事で色々あって



落ち込んでいたようで。




彼はそういう時ほど



メールは極力しない。





仕事でイライラした気持で



私にメールは書きたくないという人だから。






3日経ってやっと来たメールには






今も


トラブルを抱えて乗り越えてる最中らしく



何があったのか分からないけど



「仕事で最悪に凹んでます。


でもシロハトちゃんとの絆を

俺も大切にしたいです。」




メールで書いてあった。





こんなときは誰でも




誰かに吐き出して聞いてほしかったり




背中を押してもらえたら嬉しいよね。






メジロ君なら出来るよ。



よく頑張ってるよ。




そう励ましました。




自然とそういう気持ちになれた。





そしたら



『シロハトちゃんにすごく会いたくなった。

声も聞きたくなった。

思いきり抱きしめたくなりました。

応援ありがとう。見ててください。』






そんなホットなメールが来ました。




氷解…🍧




長年の絆があって良かったなと思った。




誰にだって



落ち込むことや低迷期があり





そんなとき側にいてくれる人がいたら




乗り切れることもある。




必要な低迷期だったんだなと思いました。




回復してまた低迷してを繰り返して



それは生きている限り続く。





その度に絆は深まっていくんだ。




良いことばかりでは



絆って育たないのかもね。





今は彼に



楽しいことを提案してます。




あ、私にとっても楽しいことです。




例えばデートのこと。




彼は土曜日は基本休めないので



ダメ元だけど





バレンタインは土曜日にデートしたい!




っておねだりをかけてみたり




今度は東北へ温泉♨行きたい!って




提案したり




仕事とは全く関係ないことを話す。




今はそれどころじゃないだろうけどって



謙虚な気持ちも乗せてね。





怒られるかなって思ったけど




彼は




「バレンタインデート、


もう少し返事待ってて。



でももし叶えられたら


※カボチャの馬車コースだね。

もー、お金かかるんだから(笑)」


って返事をくれた。



※カボチャの馬車コースとは

帰りは遅いから

タクシーで一緒に私の家まで

送ってくれることです🎃

その日はたまたま私が家に一人なのでね。






土曜のバレンタインデートを


叶えてくれるかは分からない。




でも


優しさがあふれてるなって思った。




出来ることはしてあげたいけど



無理なときはごめんね。

 
そういうスタンスのメジロ君。




安請け合いは一切しない、正直者。




でも



例えその時には叶えられなくても





いつか違う形で必ず叶えてくれる。




彼はそういう人だ。





それも長年の絆が教えてくれてる。





現実はさほど変わってないのに




自分の心が回復して


周りに感謝と謙虚な気持ちを取り戻したら




なんか穏やかです。




私に欠けていたのは



感謝と謙虚な気持ち。




ここんところ



それを忘れて



自分さえ良ければって



ギスギスしていたから




うまく行ってなかったんだ。





もちろん



感謝と謙虚な気持ちを持ってても



嫌なことは普通に起こるけど



学びとして捉えられる。









自分の利益のことばかり考えてもダメだし



他人のことを優先し過ぎてもダメだし





低迷期は



バランスが偏ってるよって



神様が教えてくれてるのかもね。





今、これ書いてるときも




彼からメール来た。



何とか頑張ってるみたい。



良かった。




大切な人との繋がりは時に面倒で



傷つくけど





それを乗り越えたときに




最高のギフトがある。



それが絆だね。




さてさて





私はまだ行けるかどうかも分からない



温泉旅行のお宿でも今日は探そうかな♡




ワクワクすることは



いつか叶うと信じてるから。




探すのに早すぎることはない(笑)
























































強さと自信に差がある二人





私とメジロ君の大きな違いは



自己肯定感の差だと思う。




彼は何があっても


どうせ俺なんて…などのネガな感情は



一切もたない。




自己肯定感がハンパないのだ。






だから例え私が別れを切り出して



去っていったとしても





執着もないので




あっさり身を引いて手放せてしまう。
(ように見える)





ダメージが少ないのが分かる。




かたや私は…



お分かりでしょう?(笑)




そこの違いに寂しさも感じる。



彼は嫉妬もしない人なので




無敵だよ(笑)




どうやっても敵わない。




彼は無自覚にも



私が去れないことを知ってるし




逆に彼は私に嫉妬も執着もないので



 
いつでもフラットで



穏やかで



そしていとも簡単に手放せてしまう。




こんな最強なひとと恋愛をしていると




そりゃ自信喪失気味になるわ。



私ばかり寂しいからね。




同じくらい自己肯定感を持ってないと




釣り合わない。




彼への怖さはそこにある。





別れを匂わすという切り札が


もはや使えないのだもの。




そんなことをしても



彼にはそよ風程度だし



ヘタしたらこちらが自滅する。





付き合い始めは確かに彼にも




私を失うことへの怖さがあって



それが言動にも現れていた。




しかしこの頃の彼からは




そんな怖さは感じられない。




去るならどうぞ。


俺は追わないよ。



そんな雰囲気さえ感じる。




私にがっつり愛されている自信に

満ち溢れていて




私に興味が失せたら



私から去ることも平気そうだ(に見える)





私はそれがもしかしたら不安なのかな?




これからご飯なので🍚続きます…










いつまでも好き?




私はメジロ君のどこが好きなのかな。




容姿とお金だけ?






(°Д°)(°▽°)(°▽°)(°▽°)(°Д°)





わー、私、最低?(笑)







でももし



彼の容姿とお金が無くなったら?




今のメジロ君では無くなる。





だからその『もし』は




絶対起こらない。




根拠はないけど起こらない。






その『もし』になったときに



考えるだけで良い。





私はお金のある人が好き。




ただお金があるのではなくて



お金を大切にしていて



ムダに散財はせず(私がそうなので)



本当に好きなことに


きちんと惜しみなく使える人が好き。






そこにはお金だけじゃなくて



やはり性格というか性質もセットで入る。





性質的にギラギラしてない


礼節のある人が好き。





メジロ君みたいにね。





容姿は私ビジョンの好みだから



これはもうどうしようもない。





彼が歳を取って剥げたりする頃には



私もおばあちゃんだし




あー、ただ身体ねぇ…。




彼のがっしりして



程よく筋肉があって引き締まった身体が



年齢によって変わってしまったら…。





んー、その時に考えるけど




今、想像した範囲では



ちょっとムリかも知れない💧




ものすごく彼の身体が好きなので



かなりショックかも?





自分も女性として体型が変わるのに



メジロ君には同じでいて欲しいという




女のワガママはこれだから、もう(笑)







いつまでも好きでいるって




割りと努力だ。




今の彼で無くなっても好きか?




好きでないと愛でないのか?




そうねぇ




好きということと




愛って




なんかちょっと違う気がします。





好きって好みでしょ?


嗜好でしょ?





愛は…



なんというか元々本能に備わってるもの。





何かを育てるとかに似ている。



注ぐものというか。







私ごときに


愛なんて壮大なものを語れないから




うまくは言えないし



実体も分からないけど




愛は自分も持ってることは分かる。




好きって感情の塊で




愛は普遍的で感情とは違うように思う。





その私の価値観の観点から言ったら





いつまでも好きって定義は




対象物に変化があれば


そこで私の『好き』は


終わる。





でもまた新たな好みも




対象物に追加され、生まれるから




○○の切れ目が縁の切れ目とは


多分ならないな。




メジロ君のことも



パートナーのことも



付き合いが長くなればなるほどに




新たな魅力が追加されていく。






自分の好きが対象物から


感じられなくなったとき




恋は終わるかもしれない。




でも人間としての魅力が消えない限り




一緒にいて楽しみたいなと思う。






容姿は必ず変化していくものだから



今の彼を隅々まで堪能したいんだ。




改めて、恋は刹那だなと思う。



なんて甘美なんだろうね。




そういえば

メジロ君がクリスマスデートの時にね




『1回目のデートでの気持ちと


50回目のデートでの気持ちとでは


明らかに違うのは仕方ないよね?


理想はいつまでも


1回目の気持ちでいたいよ?


でもね、1回目と同じでいろと言われても


それはムリだよ。』



そんなことを言うから




『それはもっともだけど


女性は1回目のときの気持ちを


ずっと大切にしてるの。


例えそれがムリだと分かっていてもね。』





そう言ったら



『ふーん…。

俺は大切にしたい想いは

変わらないんだけどね。





『それは私もそうだけど、

そういうんではないんだな。』



で、



そのあとも暫くは



いや、でも…


え、でもね、




とやり取りをしていましたが


男女の脳は違うから


平行線をたどったままで




その内


イチャイチャし始めて


それでその話は終わりました(笑)





面白いなと思ったのは


考えが違うところに惹かれ合ってる点。




異質なものとして愛せる。




男女は元々異質なもの。




やはり愛は本能に近いなって思う。





私の『好き』はいつまで続くのかな。








最初の好きを通り抜けて




今は好きと愛の中間地点なのかもね。




これからもっと変化していくだろう。




最近ちょっと寂しい気持ちなのは



その変化が少しずつ見えてるからなのかな。

































































その後



あれから…








メジロ君からメールが来た。



明日だと思っていたのに



想定外に早かったよ。




結論から言うと



もう来週に


お店を予約してくれてました。




その前に


黒ビール飲みに行く計画もしてると。





つまり



来週にデート🙌




素直に嬉しかったから



わーい!



来週にまた会えることが嬉しい!って




大好き丸出しのメールをしました(//∇//)





だってもう素直になりたかったんだもん。




そして


嬉しいのはそれだけじゃなくて

メジロ君のしてくれていること全て、

予約も計画も

貴重な時間を一緒にいることも

そこに存在してくれていることも


そんな初心の気持ちを忘れずにいたいです。



もう好きが駄々漏れてる熱い思いも伝えた。




ちょっと



駄々漏れし過ぎたかなと



恥ずかしくて後悔もありますが…





私のこの圧がすごい気持ちは(笑)



嘘偽りないものだから




隠したくなくて、伝えたかった。




拗ねて困らせたから



もう素直に。






その返事?






来てませんよ。





彼はね



私がそういう熱いことをしてくれたから


自分も気を遣って返すとか




そんな風な打算?で


自分の心を動かさない人で





彼が本当に心から



私への想いを感じたとき




ふとしたときに



ポンっと伝えてくる人なのだ。



これがグッとくる。





そりゃあ、わたしとしては




もー、


このノリのまま



ラブラブを返してくれたら良いのにって



勝手に期待もするんだけど




そこの期待は見事に裏切られます(笑)





彼からぷつっと止めることに



なんの悪意もないので



私がぷつっと止めても



逆に彼は何とも思わないし




勝手に傷ついたり


すねたりしないから



ある意味とても付き合うのが楽です。




尊重してくれるからね。





あ、来た♡と思ったら



お店のDMメールだったりはお約束(笑)




悔しいくらいに



ヤキモキさせられるので




ますます彼にハマります。





でも



その代わり



彼が気持ちを伝えてくれるときは





本当に心から思ったときだから




嬉しさも増すってことでもあるんだ。





大抵、月を見てるときに



想いが募るらしくて(かぐや姫かっ)




月と絡ませてポエムなメールが来たり。




え、ちょっとポエム過ぎって




思ってしまうようなメールとかもある。




だからそのぶん、私の熱いメールも



彼は引いたりとかしないで



そのまんま、受け取ってくれる。



有りがたいことです。




今の若い世代は冷めてるから



引いてしまうんだろうけど




本来、



恋ってこんな風にバカになることよ。





それを避けてるから



恋愛がつまらなくて


恋愛しない人が増えてる。




もったいないね、本当。




恋は冷めた目で引いてたら




絶対つまらないからね。





メジロ君の全てが良いわけでもないし




そこは違うなと思うこともあるけど




それはお互いにそうだからって




結局、許せてしまうのは




彼の人柄と




私が惚れた人だからです。




それでも好きだから仕方ないもん。




恋してバカになってみることは



人生を数倍楽しくさせる。




良い歳してバカップル、




最高じゃない。


良い歳だからやる価値があるんですよ。





それを見て嫌悪感を抱く人は



羨ましいか


抑圧してるのか


どっちにしてもその人の問題ね。





仲良きことは美しきかな。


本来は誰にも迷惑じゃないのよ。




日本ももっと恋愛先進国にならねばね。





さて



明日に備えてお風呂入ろう。




メジロ君、おやすみなさい。








































楽天市場
最新コメント
記事検索