アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛のヒント


GRP_0085






 
昨夜はメジロ君から電話がありました。



いつも通り、お調子者でよく笑う彼からは



1週間のブランクは全く感じない。





どうしたの?とか



詰め寄る感じもなく






彼は私が風邪か


もしかしたら



コロナになって

隔離されたのか←跳躍しすぎ(笑)



何か体調が悪くなったのかなと

思っていたと。




それならそっとしておこうと


思っていたらしい。

→さすが、彼らしい思考(笑)






「メジロ君て、

メールが途絶えたとき、

私が心変わりしたのかな?とか


二人の関係に何かあったのかな?とか


そういうのは考えないんだね(笑)?」



そういったら



「一ミリも考えなかった…。


だって、もしそうならシロハトちゃんは


絶対俺に言ってくれると思っているから。」





一ミリも…(笑)



そうなのか(笑)



何かね、笑っちゃったよw



だって



本当に私を信じ切っているんだもん。




バカみたく信じている。





「うん、メジロ君らしいね(笑)



でもね、私は女性だから



ある日突然、心が変わっても


それを告げないで



距離を置くこともあるかもしれないし



メジロ君とは違うんだよ。



でもそうやって信じてくれていること


とても嬉しいけどね。」




そう言ったら





「だって、


そんなことで切れない


もうバッチリ、

ガッチリした関係だと思ってるから。」
→(何気なく韻を踏んでる(笑))



でも…



その時はその時だよ。


心変わりは仕方のないことだからね。」




そうキッパリと迷いもなく彼は言う。





「なんかさみしく感じるなぁ。」




そう言ったら





「だって、心変わりしたものを


追う方がヒドイでしょ?」





確かにね。






すごい人だわ、この人は。





本当にサッパリしていて


素敵だなぁって思ったので






「そういうメジロ君だから



私も自由に一緒にいられるんだよね。


ステキだと思う。」





そう伝えたら




「ありがとう。」って。








「あえてメール止めていた理由はね、



こないだのデートのときに

感じたことがあって。




それは



メールもデートも

当たり前のようになってきて



出会った頃のような



メールくるだけで嬉しい!とか


会えるだけで嬉しい!とか



そういう気持ちが薄れてきた感じが

したのと



忙しいメジロ君が



メールやデートが


負担になってきているんじゃないかなって

感じたの。




だから



ちょっと休息をしようって

思ったからなんだ」






「俺、負担に思ったことなんて全然ない!


でも、その気持ち、ありがとう。」




軽やかに言う彼は



本当に裏表もないまっすぐ。






彼はいつでもフラットで



いつも通り。




私がバイオリズムで揺れている間も




そこにフラットでいてくれるから



私は




安心して揺れることが出来る。




理不尽な揺れを



軽やかに受け止めてくれる彼がいる。





また感謝が溢れてきちゃった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


彼を解放する一方で



私はリクエストも

ちゃんと言うことにしている。






「今度はどこに行きたいですか?」






「あのね、イタリアンに行きたいけど


時間もね、昼間から会いたい!」





「え、昼間か。

分かった。前から言っていたもんね。」




「あと、土曜日もたまに会いたい!」




「休めるように今交渉しているよ。

会社にね。」




すぐには叶えられなくても



水面下では彼なりに努力していてくれてる。






「じゃあ、ビアバー行こうか。」




「え、だって17時からだよね?あの店。」




「だからさ、違うよ、


あの店は昼から16時までやっていて


夜の部が17時からだから



昼の部に行けるなと俺は思ったのっ。


13時半とかどうですか?」





「うん♡そのアイディアいいね!

その後、18時からイタリアン?」




「そうですよ。シロハトちゃん、

もう一人で決めちゃってるじゃんw


ホテルもロングステイにしたら

仮眠もできて

長く一緒にいられるんじゃない?」







ちゃんと考えてくれていたんだなぁ。


ごめんね、メジロ君。





シルバーウィークも

仕事の可能性があるのに



デート優先にしてくれたね。




あんなに忙しいのに



これが愛でなくて何なのだろう?





でも私のリクエストは更に続いて…(笑)



ここは素直に言わないとね。






「あのね、来月、私はパートナーと



お墓参りのついでに旅館に泊まるんだけど



メジロ君とも旅行に行きたい!


今年は相続関係でばたばたしてるのは


知っているから



来年の1月とか行きたいな~。」






「え、旅行?

いいよ、考えとく。」







「良いところがあるの。


いい宿は早く埋まっちゃうから

もう決めて予約したいな~。ダメ?」





「てか、


それも一人で


もう決めちゃってるんじゃん(笑)ww
→(すごい楽しそうに笑う♡)


分かりました。


12月か1月なら良いよ。」






やったー!




てなわけで



近場へ旅行決定♡




彼の浴衣姿も拝める~~~💕






温泉入って


うまいもん食べたいなって


彼も結構乗り気な感じでよかった。





解放とラブラブの交互。




これが究極の付き合い方かもなぁ。


なんてねw





お宿選びが大好きな私は



次のデートまでに早速調べておくね♬



そう言ったら




ご機嫌だねぇw



そういって優しく笑ってくれた。





ひとまず断愛という名の解放は終了。




また今日からメール開始します。


よろしくねって


さっき、送信しました。





ずっと押すばかり



足すばかりでなく





時に引いていく。





新鮮さを手に入れて




既に二人の間にあった

繋がりへの気づきもあり




中々の収穫でした💛






















































GRP_0030


私から突然メール止めてから6日目。





断愛の途中で




彼からメールきたら


さてどうする?









『シロハトちゃん、おはよ。』




たったこれだけですが



明らかに様子伺いのメールが(笑)w


朝にきました。






彼の自発的な行為で



私との現実の繋がりを求めてる。






断愛を始めたのも私なので


終わらせるのも私にしたいと思う。





なので


いつ断愛を終わらせるかは


私が決めます。



ただし



彼を巻き込みすぎない。




彼の同意なしに

あくまで私の意思で


始めたんだからね。





約1週間




彼との現実の繋がりは全くなくても



私は安定してた。







それを知れた、体験できたことは



とても大きかったよ。





自分との繋がりを続けて



彼への執着もうすれて
(完全ではない)





自分が持ってるものに気付けた。




彼への気持ちもね。




そして彼もきっと



1週間連絡を絶たれたことで




私との関係も


ゆっくり静かに見直せたのでは?





答えなんて出さなくて良い。




ただ気付けたことが




大きいのだ。





今日の終わりまでに



断愛を続けていくか


終わらせるかを決めます。





終わらせたら



彼にも連絡をしますよ。



しれっとね(笑)





彼は強い。




私に1週間連絡を絶たれても



オロオロもしない。


何かあったと感じない。



私を信じている証拠。







そんな彼だから




私も自由に一緒に生きていける。




改めて


ステキな男性だなと感じます♡




----------------------



結局





『今夜少しお話できますか?』って


メールしました。



すぐ返信があって



『大丈夫だよ。


何時にかけたら良い?』



優等生な返信(≧∇≦)




夜の電話を待つことにしました。




続く~
















PAP_0141




順調に?(笑)


5日間こちらからメール止めています。




このまま彼との現実の繋がりは


ちょっとお休みして



心と心の繋がりを続けていこうかなと



思ってますよ。




2週間でも、3週間でも。



私の気のすむまで(笑)








彼からしたら


突然私からのメールが止まってるので



何だろ?とは思ってるかもね(笑)






そのうち彼から来たら来たで



それも良し。






でも元々彼は



メールなくても平気だし




むしろ忙しい時のメール返信を


早く返さなきゃなって



プレッシャーになるところが

あるみたいで




私が早く返すと



ちょっと戸惑いぎみに


早く返ってくるよねって


言うから





メールってそういうものだよ。


早く返すのが礼儀なんだよって

言ったら



そっか。


努力します。



そんな風に言ってたのでね。





読むのは嫌いじゃないと思う。



でも彼みたいな律儀な性格だと


返さないと罪悪感みたいになるようで。




それってさ



本来のメールの使い方は


もちろん伝達ツールだけど





恋人の場合


特に女性は


彼からの愛の言葉や


愛されてる実感をメールに


求めるじゃない?





それなのに




義務みたいになられちゃうと


ちょっと違う。





でも



よほど女子的思考の男性じゃない限り



本音は男性って


メールは面倒くさいし


不要に思っているのよね。





彼女に怒られると面倒だから



男性は半ばムリしてメールしてると思う。


LINEもしかり。



それを愛情と勘違いしてる彼女たち(笑)




(それに応えようとするのも
もちろん彼の愛ですが

もし彼が負担に感じてれば
いずれは重くなります。)





それに気付くか気付かないかです。



気付かないでいると



多分窮屈になってくるよ、相手がね。




それでも



好きなんだからもっとメールして!


そういうのもアリですが(笑)




私も時々

そうリクエストしたりするし。




でもたまに解放も必要。



彼も自分だけのペースで


進める権利がある。




彼の


男性の



領域を守ってあげる、




守ってあげたいなって思う。





それには


彼依存から脱出し




自分と繋がりにいかないとね。




そういう意味でも


瞑想はとても役に立ってます。




今の私は


彼との現実の繋がりはなくても


穏やかに過ごせてる。



以前なら3日で情緒不安定になって

悶絶してたもんね(笑)



瞑想してから

潜在意識が変わってきてるんだなって

実感する。



あえて自ら断愛することで



よりたくさんの愛に気づける。



彼と密にしてなくても


愛は無くならないことに気づける。




むしろ


ディスタンスで


愛は深まったりする。





メールや連絡が無かったら


消えてしまうような愛ではないことに


気づける。


これね


残念ながら


やってみないと分からんのよ。


他人の経験を


体験することは出来ないからね。



そんなの怖くて出来ない?









じゃあその程度の愛だと


思ってるんだね。




ずっと一緒で



毎回連絡がないと不安になるような恋愛。



最初は良いよ。




でもだんだんと


相手は負担に感じてくる。




なんで

そんなに自信がないんだろうね?




なんで

離れていきそうに感じるんだろうね?




私も通ってきたから分かります。




それって彼の自分への愛を



なめてるんだよね(笑)



連絡ごときで図ってみくびってる。


それとも私の彼は連絡密でも平気だから


断愛なんて不要?




でもそれも良い。





これは良い悪いの話じゃない。


自分で決めて良い。





女性はバイオリズムの生きもの。


ときどき密。


ときどき断愛。


揺れまくる。




でもたまに


断愛おすすめしときます。




慈愛の気持ちを養うためにも。


彼とだけじゃなく


自分と繋がるためにも。



ラブラブしたり離れたりの
 

バランスは必要ね。












CA3C0052



秋にはパートナーが

秋休みを10日ほど取る。



お墓参りのついでに

ちょっと旅行でも行こうか。



そんな話が出て


お宿探しが大好きな私は



ウキウキしながら選ぶけど







どの宿も


どの温泉も



浮かんでくるのは


メジロ君といる私。






ああ、



彼と旅行したいんだな、私。











パートナーとの旅行も


気を遣わないし好きだけど





なんでだろ、



お宿を探すたびに



メジロ君の笑顔が浮かぶ。







豪華な食事の画像を見るたびに



ああ、彼なら


迷いなく一番良いお部屋で


最高のものをパッと頼むだろうなと


彼と楽しんでる私が浮かぶ。





浴衣着てそぞろ歩く二人が見える。



手を繋ぎながら



じゃれあいながら



その時の私は


間違いなくキラキラで




夕暮れの風が


彼の髪を揺らすのを



恋する目で見つめてるだろう。




そのときの風まで感じられる。











今年は彼は喪中で


相続もお金がかかるから





旅行はムリ。




でも来年の1月とか


行けたら良いな。



一番お気に入りの


いってみたいお宿は


彼と行くために


取っておく私がいる。






恋旅行は



家族旅行とは違うんだな。






いずれ


私はパートナーと多分、

籍を入れる。



パートナーが


定年退職する前に


年金とか相続も考えてのこと。




本当は迷ってる。



メジロ君にも言えてない。




色んな思いが浮かぶよ。





この心は


この体は



メジロ君を呼んでる。




でも



一緒には暮らせない。




彼とは恋人でいたい。




こうして悩める幸せを



味わう。




結論はまだです。

その時の心に任せます。











パートナーも


大切な存在です。



彼のことも楽しませてあげたいな。





ちょっと頭を休めてきます。






でもきっと


どこへ行っても


彼とここにいたらなって



見るもの聞くものすべて




想いを馳せるだろうけど





パートナーに罪悪感はわかない。



だって


悪意はない気持ちだから。



パートナーへの思いとは


全然別物。



常識をとっぱらった想いは



ウソがない。



しかもそれが良いか悪いかは



他人がきめることではないよね。






心に浮かんだ思いは


どうにかしようとするとかえって



暴れだす。



じっとして静観してると


サラサラ流れ出すもの。



浮かんだものは


コントロール不可です。


その代わり



そのままにしておけば


自然淘汰します。




彼のことが


24時間浮かびっぱなしなんて



そんなヒトもいないよね



無意識でも


ちゃんと浮かんだり



消えたりもしてる。




さてさて


多様なこの人間の脳をつかって



お宿探し再開です。。



















































↑このページのトップヘ