アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛のヒント

DSC_0122




今年もあと数時間ですね。



皆様は誰とお過ごしですか?

  


私はパートナーと二人で    


大掃除して



美味しいもの食べて
   

上質なお酒も飲み



上質な音楽を聞いて年越しです。




色々あったけど



全て経験。



幸せだったね。




来年は



より良い未来にすべく



開示&チャレンジの年にします。 


どんなことも幸せへ繋げる年。






そして




メジロ君とも



今日もメールでコンタクト取りました。




離れて年越しでも




想いは届いてます。




お正月はデートなんだ❤





暮れゆくこの時間を



噛み締めて




来年も愛に満ちた更に輝く年へ。





そうなります。





皆様も良いお年をお迎えください。








DSC_0106




メジロ君は



やっぱり甲斐性がある〜





役員報酬減らされてもなお、





クリスマスも年始のデートも




ちゃんと応えてくれた。





私の好きなワインも



2本もw予約してくれたらしい♡






彼も人間だから一旦は落ち込む。





でも




その後の切り替えが鮮やかです。





彼の懐を


心配するのは失礼だなって思った。








人生を軽やかに生きていく




彼のそのたくましい力を





私は信じてる。





いろんな制約や忙しさの中で




精一杯に


私の希望を叶えてくれようとする。





その男らしさが私は大好き。






果たして





私は私の人生を



ここまで力強く生きてるかな?






ちょっとの変化にも弱いし




この先の仕事もどうなるか不安だし。







でも彼のように軽やかに




流れに任せるように進んでいきたい。









彼といると楽しいばかりか




学べることがたくさん。





私は彼に何をしてあげられてるだろう?




もらいっぱなしのような気がする。





彼がいて私は幸せだけど




彼は多分一人でも大丈夫な人で






その自立心は




時に寂しさを覚える。






将来は富士五湖の辺りに家を買って




釣り三昧で暮らしたいって言う彼に




妙に寂しさを感じた。







彼の将来のビジョンに




多分私がいないことが何か寂しい。






会社を辞めたら





いずれ風のように



気ままにどこかへ行ってしまうでしょうね。





今の仕事はあと数年で辞める。





そう前から言ってるもんね。








彼を愛するならば




引き止めて置いておくより





彼の望む人生を応援したい。






そこにわたしの姿が無くても。







それがきっと



私にしてあげられることだろうな。







それまで私は




彼との恋愛を謳歌する。





何があっても謳歌するよ。






ちょっとしめっぽくなっちゃいましたね。



話を変えましょう。







今週末のデートは




一応クリスマスデート‥ですが




プレゼントはありません。




素敵な旅行に化けました。






彼は相続税を年末までに支払うらしく

   



ケタが半端ないので




大変だなぁって他人事のように思う😨






報酬も減り、


そういう大変さもある彼だけど





デートは本当にいつも気前よくて



スゴイなって素直に思う。





独身ならではなんだろうけどね。






でも何年か前は




プレゼントもあったのになぁ💔






女って贈り物に弱いのよね。







欲しいけど




前から言ってるけど




今は叶えられないだけで




忘れた頃に彼にもベストなタイミングで




それはやってくるのでしょう。




そう信じる。






このコロナ禍で





ステキなレストランでデートが出来るだけでも




本当にありがたいことですもん。







デートのあとは




いつものホテル。






ほんとはね





年始は




東京ステーションホテルを予約してたのよ。







でもコロナで



一斉停止&自粛ムードになってしまい





泣く泣くキャンセルしました(T_T)






今週末は








いつものホテルで二人の時間を過ごせる。





でもその日は朝から付き合いの法事だの



ちょー多忙なメジロ君だから





おそらくまた寝落ちでしょうけど💔






それでも彼が好きだから




私も一緒に寝落ちしよう(-_-)zzz





その代わり




後ろからハグは絶対にやってもらうぞ。







彼の大きな体にスッポリ包まれたい。







そして年始もいつものホテルです。






でもね





彼のお家は本家なので




年始はたくさん人が来るらしく





お母さんが亡くなってまだ喪があけないので





お線香をあげに来る方のために




なるべくお家にいたいらしい。






その中で




午後から会ってお泊まりです。






私にホントに



良くしてくれてるなって感じます。






感謝だなぁ。







彼は多分




私と過ごさなくても本当は平気。







でも私のこの一緒にいたい気持ちを




何とかして叶えてくれてる。







そして





私と一緒に過ごしたい気持ちが




彼にも少しはあるからだと信じたいな。







私の恋愛謳歌は




あと残り時間が少ないのを




彼も知ってるのかもしれないね。






儚いからこそ




ときめくんだな。




























































































DSC_0113



今日たまたま休みの私ですが



さっきメジロ君から



今日おやすみ?


仕事で


近くまで行くから



これからこないだ借りた


(手料理を入れてた)


タッパを返しに行くね。




そう電話がキタ。





ちょ!!!(ʘᗩʘ’)



ノーメイクに部屋着



髪ボサボサなんですが…。





慌てて何とか見られる位には整えて





ついでに



野菜スープと



彼の好きな



ベーコンとゴマのおにぎりを



急いで作った。←今、まさにココ





彼を待ってるところです。




とりあえず



玄関に入ってもらおう。





リップクリームを塗って



香水をちょっとつけて



キスする気満々で



待機中(笑)





たった1分くらいの逢瀬だろうけど




私はドキドキしてる。



こんな気持ち、


彼は知らないだろうな。





彼が来たらまた続きをアップします♡



------------------------




彼がキタ!



逢瀬は1分も無かったかも‥




玄関に入るなり




彼は私の顔をじっと見て




『今日はメイクしてないんだね。』





ヽ༼⁰o⁰;༽ノヽ༼⁰o⁰;༽ノヽ༼⁰o⁰;༽ノ





だって、やだ…💦




恥ずかしくて下を向いた私を




笑いながら抱きしめてくれた。





顔を上げたら




キスされました。



軽いやつ。





いちいち、キュン( ꈍᴗꈍ)











もっと話したかったし



一緒にいたかったな。





でもお仕事モードの彼は




じゃ、俺、まだ仕事だから。





そう言って




あっという間に車で去っていきました。





でも、笑顔で手を振ってくれた。





何年経っても




今だに私の中では



彼はアイドル級(笑)







手料理喜んでくれて良かった。




私はつくづくオンナだなぁ。




惚れてるのがダダ漏れです。





でも平日の昼間に



わずかでも会えたことが



いまだにこんなに嬉しいのは




頻繁に逢ったり出来ないからこその




ギフトだよなぁって思います。





これが週1とかで会えてたら




何年間も


ここまでの気持ちは保てない。






最初は良いけど



必ず慣れてしまう。



飽きられたり、飽きたりね。






ましてや一緒に暮らしてたら




いちいち1分の逢瀬でこんなに



ときめかないでしょう。






何年も


こんなに小さな事で



ときめくことが出来るのは




普段会えない寂しさとセットだ。






2つを同時に叶えることは出来ない。





私はこの関係と距離感を





自ら選び





彼を長く堪能していく術を




こうして無意識にも知っている。






私は彼を最後まで




トキメキと共に愛するだろうな。







次回のデートが待ち遠しいです。








彼は私とのデートを充実させるために




いっぱい働いてるんだよって





こないだの旅行で言ってた。






お宿の部屋のソファで




腰掛けている彼の太ももに




私は頭を乗せて仰向けで寝転んで




彼のことを下から眺めながら




話を聞いていた。






そのひとときは






至福のひとときで




リラックスして



穏やかな空気が流れてて




毎日この空気を味わいたいと



心から思うけど




それは叶わない夢で。





なぜなら






近い距離と



トキメキは比例しないもの。





どちらかしか選べません。








私は



寂しさと引き換えに


トキメキを選んだから





そのひとときも




とても貴重で愛しく思えるんだ。





今日の突然の訪問も




神様がくれたギフト。





1日中嬉しい。





恋ってすごいね。


















































DSC_0058

 
日本て結婚を


明治か昭和時代の感覚で


いまだに見ているところがある。



男と女の在り方にしても



世界的に見ても


本当に遅れている。





そこからはみ出すものは



悪者扱い。



制度自体が古すぎ。


時代錯誤も甚だしいね。




少子化になる根本な理由は



結婚の制度自体が窮屈で



気軽に結婚してみようと


思えないところにあると思う。




昨日はメジロ君とデートでした。



たっぷりと愛されて



身も心も潤沢。



結婚は考えてない彼。



私も彼との結婚は


時々夢見るけど




この距離感だからこその



恋愛感だなって思う。



身内でもなく



家族でもなく



私と彼は紛れもなく



『恋人』なのだ。



一人の時間が



たっぷりあってこその



恋する気持ち。




私が望んでいるのは




こちらだということに



気付いてる。



月に2度の逢瀬だからこそ



キスもハグもときめき、



セックスも飽きない。





日本では



結婚したらまず



ほとんどの人が



セックスレスになっていく。




ずっと恋人でいたいなら




距離感が大切なのだ。



貴方ならどちらを取りますか?




私は身内的なパートナーと



恋人のメジロ君の



両方を手にしています。




恋愛と生活を分けています。







その気になれば可能です。





世間的な代償を伴う覚悟と



勇気を引き換えに。





自分でどちらも選べます。



たった一度きりの人生。




私は2つを選び




幸せです。


どちらにも全力だから




パートナーも彼も幸せです。




時代錯誤だの



相手への裏切りだの



そう思うなら



それを貴方は貫いてください。




貴方の責任を私が負えないように




私の人生の責任も




外野は負えません。




無責任に批判するだけ。





そんなのは簡単なの。



批判なんて誰にでも出来る。




自分の望むことを貫くことの方が




実はとても難しいのだよ。




世間に流されるべからず。



昨日は



私の方が

メジロ君のこと好きだよ。




俺の方が

シロハトちゃんのこと好きだよ。




バカップル全開でした♡




この上なく幸せな時間は




自分を貫くことでやってくる。




とてもとても




難しいけど




得たものはかけがえのないもの。






結婚はただの制度。




管理しやすいから作られた制度。




もっと本当の想いだけで




恋愛してみたら




孤独なんてなくなります。




これはね




結婚と結婚しないことの





どちらが悪いとかじゃなくて



自分の望むことは



どちらなのかってこと。






世間に流されて



世間体に負けての結婚なのか




本当に自分で望んでしたいのか




その差は歴然です。





私は恋愛を取ったに過ぎない。




女として



どんどんキレイになる今の自分が




私は好きなのよね。





この人生になんの悔いもない。





愛する好みの男と



恋愛も体も味わいつくすわ。








昨日のメジロ君




前髪が少し伸びてて



ちょっとセクシーで




力強いハグにもクラクラして





何度も昇天しました👼




彼の体は何度味わっても良いな❤




年を取ったら…


そのときはそのときです。





大切なのは今なんだ。



そしてその積み重ねの先に


未来がある。



今と未来は繋がっているのよ。













































↑このページのトップヘ