アラフィフ女の常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

タグ:アラフィフ


GRP_0085






 
昨夜はメジロ君から電話がありました。



いつも通り、お調子者でよく笑う彼からは



1週間のブランクは全く感じない。





どうしたの?とか



詰め寄る感じもなく






彼は私が風邪か


もしかしたら



コロナになって

隔離されたのか←跳躍しすぎ(笑)



何か体調が悪くなったのかなと

思っていたと。




それならそっとしておこうと


思っていたらしい。

→さすが、彼らしい思考(笑)






「メジロ君て、

メールが途絶えたとき、

私が心変わりしたのかな?とか


二人の関係に何かあったのかな?とか


そういうのは考えないんだね(笑)?」



そういったら



「一ミリも考えなかった…。


だって、もしそうならシロハトちゃんは


絶対俺に言ってくれると思っているから。」





一ミリも…(笑)



そうなのか(笑)



何かね、笑っちゃったよw



だって



本当に私を信じ切っているんだもん。




バカみたく信じている。





「うん、メジロ君らしいね(笑)



でもね、私は女性だから



ある日突然、心が変わっても


それを告げないで



距離を置くこともあるかもしれないし



メジロ君とは違うんだよ。



でもそうやって信じてくれていること


とても嬉しいけどね。」




そう言ったら





「だって、


そんなことで切れない


もうバッチリ、

ガッチリした関係だと思ってるから。」
→(何気なく韻を踏んでる(笑))



でも…



その時はその時だよ。


心変わりは仕方のないことだからね。」




そうキッパリと迷いもなく彼は言う。





「なんかさみしく感じるなぁ。」




そう言ったら





「だって、心変わりしたものを


追う方がヒドイでしょ?」





確かにね。






すごい人だわ、この人は。





本当にサッパリしていて


素敵だなぁって思ったので






「そういうメジロ君だから



私も自由に一緒にいられるんだよね。


ステキだと思う。」





そう伝えたら




「ありがとう。」って。








「あえてメール止めていた理由はね、



こないだのデートのときに

感じたことがあって。




それは



メールもデートも

当たり前のようになってきて



出会った頃のような



メールくるだけで嬉しい!とか


会えるだけで嬉しい!とか



そういう気持ちが薄れてきた感じが

したのと



忙しいメジロ君が



メールやデートが


負担になってきているんじゃないかなって

感じたの。




だから



ちょっと休息をしようって

思ったからなんだ」






「俺、負担に思ったことなんて全然ない!


でも、その気持ち、ありがとう。」




軽やかに言う彼は



本当に裏表もないまっすぐ。






彼はいつでもフラットで



いつも通り。




私がバイオリズムで揺れている間も




そこにフラットでいてくれるから



私は




安心して揺れることが出来る。




理不尽な揺れを



軽やかに受け止めてくれる彼がいる。





また感謝が溢れてきちゃった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


彼を解放する一方で



私はリクエストも

ちゃんと言うことにしている。






「今度はどこに行きたいですか?」






「あのね、イタリアンに行きたいけど


時間もね、昼間から会いたい!」





「え、昼間か。

分かった。前から言っていたもんね。」




「あと、土曜日もたまに会いたい!」




「休めるように今交渉しているよ。

会社にね。」




すぐには叶えられなくても



水面下では彼なりに努力していてくれてる。






「じゃあ、ビアバー行こうか。」




「え、だって17時からだよね?あの店。」




「だからさ、違うよ、


あの店は昼から16時までやっていて


夜の部が17時からだから



昼の部に行けるなと俺は思ったのっ。


13時半とかどうですか?」





「うん♡そのアイディアいいね!

その後、18時からイタリアン?」




「そうですよ。シロハトちゃん、

もう一人で決めちゃってるじゃんw


ホテルもロングステイにしたら

仮眠もできて

長く一緒にいられるんじゃない?」







ちゃんと考えてくれていたんだなぁ。


ごめんね、メジロ君。





シルバーウィークも

仕事の可能性があるのに



デート優先にしてくれたね。




あんなに忙しいのに



これが愛でなくて何なのだろう?





でも私のリクエストは更に続いて…(笑)



ここは素直に言わないとね。






「あのね、来月、私はパートナーと



お墓参りのついでに旅館に泊まるんだけど



メジロ君とも旅行に行きたい!


今年は相続関係でばたばたしてるのは


知っているから



来年の1月とか行きたいな~。」






「え、旅行?

いいよ、考えとく。」







「良いところがあるの。


いい宿は早く埋まっちゃうから

もう決めて予約したいな~。ダメ?」





「てか、


それも一人で


もう決めちゃってるんじゃん(笑)ww
→(すごい楽しそうに笑う♡)


分かりました。


12月か1月なら良いよ。」






やったー!




てなわけで



近場へ旅行決定♡




彼の浴衣姿も拝める~~~💕






温泉入って


うまいもん食べたいなって


彼も結構乗り気な感じでよかった。





解放とラブラブの交互。




これが究極の付き合い方かもなぁ。


なんてねw





お宿選びが大好きな私は



次のデートまでに早速調べておくね♬



そう言ったら




ご機嫌だねぇw



そういって優しく笑ってくれた。





ひとまず断愛という名の解放は終了。




また今日からメール開始します。


よろしくねって


さっき、送信しました。





ずっと押すばかり



足すばかりでなく





時に引いていく。





新鮮さを手に入れて




既に二人の間にあった

繋がりへの気づきもあり




中々の収穫でした💛






















































今朝、

彼にメールを出しました。



この酷暑の中で


毎日働き


その一生懸命働いた尊いお金で


毎回私に美味しいものを


ご馳走してくれることへの感謝と





私という人間と


寄り添い、関り、


付き合ってくれてありがとうって


気持ちを伝えたくなった。




そして


メジロ君は


私に愛されてますよって。





書いていて


目頭が自然とうるっとする。






私の心からの言葉に



自分自身が触れて感涙する。





こういうとき


必ず伝えるようにしてます。




だって



心から自然に沸いてきた感謝だから。




自然に伝えたくなる。





彼と一緒に過ごせることが



とても嬉しい。





それが叶っている幸せを



私は余すことなく受けとります。




感謝と共に。




それは


パートナーにも言えることです。




二人に感謝してます。




爽やかで穏やかな

彼らがいてくれることは



私の人生に幸福をもたらしてくれる。



自分一人だけでは



味わえない幸福感。




彼らが寄り添ってくれることは



何よりも幸福なのだ。




外部で何が起ころうと




私は自分の居場所で


自分でいられて


笑って生きていける。





大切な存在に


いてくれてありがとうって



気持ちになります。




私は彼らに

何をしてあげられるかな?



どんなことで

喜んでもらおうかな?





彼らに寄り添い、関り、


愛を差し出していくことを



これからも意識していきたいです。




今日は感謝デーだ(笑)




🍃🍃🍃





メジロ君の前でこの前



無意識にガリガリと

ハイボールの氷をかじってたら






『氷、ガリガリ噛まない(笑)』




そう突っ込まれて



なんか恥ずかしくなった💦




私、無意識に


氷をガリガリかじるクセがある。




全部氷を食べないと気が済まない(笑)





メジロ君が続けて



『なんか、

氷をガリガリするイメージが

なかったから、なんか新鮮。

新しいシロハトちゃんを知れたよ。』





『え、

氷をガリガリするイメージがないって

どういうこと?』




『出会った頃とか

上品なおとなしいお姉さんて

イメージだったから…』




『😲





固まってたら




『でも

今のシロハトちゃんの方が

俺、好き。


ガリガリしてる時の素の顔が

なんか、良いよ(笑)』





そう言って



私を見てクスクス笑う彼の目と


口調に



愛情がこもってて




なんかドキドキしちゃった。






メジロ君の前では


上品でキレイでいたいし


ボロを出さないようにしてるつもりだけど





ボロ、出てますわ、無意識に。





そしてそのボロの部分が



なぜか愛されている。





男の人って



彼女の無防備なところに



けっこう目がいってるんだね。





何か知らんけど



氷ガリガリしてるところが



ツボらしいので



良かった(笑)




そんな感じで



私は素を少しずつ



さらしていられることに



またもや感謝です。

























































昨日のデートは



今までのベスト3に入るほど



イチャラブが充実しました❤❤



思いやりを持った上で

彼に遠慮しないことを意識して


いつになく


素の自分を出せてた。





一軒目は軽くHubで


涼みながらエールを飲んで




そこで


自分の願いと


メジロ君の都合がなかなか


折り合わないけど



私は一緒に過ごせることが


何より楽しいよって



淀みなく伝えられて



彼も


『いつも合わせてくれて

ありがとう。


全ては無理だけど


努力してみるよ。』



そんな風に言ってくれて



『私がお婆さんに

ならない内に叶えてね。』


そう言ったら


『俺、

お婆さんになったシロハトちゃんも
大好きだよ。』




最初から


なんか気持ちが重なってた。






で、




そのあとハプニングが。







メインのお店に着いたら




なんと


まさかのエアコン故障。





昨日も酷暑で



店内は外気とほぼ同じ温度💦





汗だくでビールを頼んでみたものの



…あ、暑い🔥☀





しかも



メインの活きイカも



お盆でまさかの入荷してなくて。






お店の人も申し訳なさそうに



冷房がきいてる部屋が

一つしかなくて

(その部屋のみ

エアコンが別になっているらしい)






かなり大型個室だけど


よろしければ案内しますって






通されたお部屋が


確かに涼しいけど





果てしなく、ひろっ!!(笑)






その広々とした個室で





二人でポツンと角に座って





並んで(笑)飲みました。






私はなんか笑ってしまい






『なんか楽しいね❤(笑)』






そう言ったら





彼が




『エアコン故障も

まさかの活きイカ未入荷も


シロハトちゃんがいつもの通りに

対応してくれたから


俺も楽しめてるよ。

シロハトちゃん、

大人だなって改めて思った。』




そう言って



私をそっと抱きしめてくれた。




ドキドキした…。




個室とはいえ、


外でのハグは滅多にしない彼が





気持ちが溢れて



抱きしめてくれるなんて。








その広々とした個室で



二人きりの甘い時間が流れてく。






『私は

メジロ君と一緒に過ごせることが

何より楽しいから

どんなハプニングも楽しいよ。』





そう伝えたら




『良かった。ホッとした。

機嫌悪くなられたら

どうしようかと思った(笑)


俺が予約したときに

確かめなかったから、ごめんね。』





そう言う彼の肩に


ちょんと持たれたまま


お酒をゆっくり飲んで



めずらしく彼も私に持たれて



顔を上げたら


ちょっと見つめられたあと


キスしてくれた。




なんなのこのラブ❤な状況(笑)




ハプニング万才❗‌🙌





そこそこ飲んで



お店変えようかって



次のお店は行きつけの



割烹屋さんで



無事涼しく(笑)お酒も進んで



そのあとホテルへ行きました。



((私はさっきのハプニング状況が

良かったけど…👉👈って内心…))







でもなんとお部屋でも



ラブラブは続いてたのですよ。





自主的に


あの淡白なメジロ君が



私に積極的に攻めてきて




しかも



ヤバいくらいのテクで



とろけそうになった😵




((こんなテクあるのに

なんでセックスに自信ないの?))

((しかも、めちゃ大きいのに…))


心のなかでブツブツ呟いてた。





背中へのキスも


首すじに触れるキスも



持って生れた才能なのか?


ズルいほど上手い(笑)




いつもムード作りがヘタで


セックスに自信もなくて(彼いわく)




エッチには消極的な彼とは



全然違った。




いつもと何が違うのだろう?



そう考えたとき





あ、今日は二人の気持ちが


いつになく


ピッタリ重なりあってるからだ。
(ハプニングもあったし)




そう確信した。





気持ちが伝わりあって



自然と愛情があふれてくる。





お互いに安らげてる。




だから


こんなに気持ち良いんだ。





私も彼の髪をなでるとき


愛しさでいっぱいになって




私の上機嫌が



その波動が彼に伝わり




彼の行為に反映されていく。






行為が終わっても



ずっとキスをしていました。



それは



内側からあふれる想いが


キスという行為になり





私の体を包む彼の体温からも



ビンビン伝わってくるような



そんなトロトロな状況。




私は素直に



『恥ずかしいけど

私、メジロ君とのセックスが好き。

飲むことよりも、実は一番好き(笑)





この告白は

本当に恥ずかしかったので



シーツに隠れながら伝えた。





彼は

『へぇ、そうなんだ。

そこまで好きなの知らなかった。

男女逆だね(笑)』





彼は私が隠れているシーツに


一緒に潜り込んできて





『でも俺、

そんなシロハトちゃんが好きだよ。』


『俺はセックスに

自信もなかったけど

満足させられたのは初めて?だから

良かったなって思ってる。

毎回、俺だけが先に気持ちよく

なっちゃってたから。』




そしてまた


シーツの中でキス❤

(さすがに2回戦は年齢的に彼がムリ)





『私がイったら

あんなもんじゃないよ。

もっとメジロ君が気持ち良いと思う。



彼は


『いっ⁉あれ以上に?

ゾッとする(笑)』


じゃ次回に取っておくね。』



そう言ってまたキスとイチャ×2…








ハプニングさま、万才(笑)🙌🙌







でもきっと


ハプニングだけのせいじゃない。



素直になれたからだと思う。





彼は言ってた


『シロハトちゃんは


どこへ行きたい、何がほしい、

欲望のままに言うよね(笑)

でもそこが好きなんだ~。





自分の願いに忠実になることは


決して悪意がないことを


彼は知ってる人。




そんな彼こそ


いつもおだやかで大人だなって思う。


→それも伝えたよ。





『結婚したり

一緒に暮らしたらどうかな?とか


メジロ君が好きだから

夢見ることもあるけど


あと少し近づきたいけど

でもこの辺でやめとくって

そんな距離が良いの。』




『あと少し近づきたいけどって

なんか良いね。』




『うん。

私は不動の一番て信じてるからこそ

メジロ君が何してても大丈夫なの。

ちょっとは妬くけどね。

その自信がなければ

メジロ君みたいな人とは

付き合えないと思ってるから。』




『すごい自信だよね、

シロハトちゃん(笑)

前もそんなこと言ってたね。

でも

不動の一位ですよ。



『自由に泳がせてるもん(笑)』


『かなり自由に泳がせてもらって

ラクだよ。




そんな赤裸々な気持ちを



話したりもした。







彼といると


自分がどんどん好きになる。




誘導瞑想してる話もしたら



『瞑想って良く分からないけど


それでシロハトちゃんが

気持ちがリラックスするなら

良かった。』




どこまでもおだやかで優しい


メジロ君には


瞑想なんて必要ない。




私は瞑想をして


やっとその穏やかな彼に追いつく。


🍃




今度は2週間後に会おうって



言ってくれた。



彼なりに


私の願いを叶えてあげようって



思ってくれてるのが伝わる。




またあんなデートが良いな❤





















だって彼氏だもん。



遠慮しないで



好きなモノを伝えて



嫌いなモノも伝えて




メールなければ


メール少ないよ😣って文句言って




行きたいところがあれば


ここ行きたいから行こう!って






会いたいときは



会いたいよ!って



感じてることを抑えずに



伝えたら良いんだよね。





私はなるべくそうしてる。





もちろん



願いを叶えさせるために



伝えるんじゃなくて




自分の気持ちを大切にするために



伝えるんだよ。




だから




伝えたらあとは



彼にお任せだ。




メジロ君も


リクエストを



色々忘れてることもある。




でもこの前言ったら



約束するよ。一つ一つ叶える。




そう言ってくれた。




あ、




いつまでにとか



そんな期限は無い(笑)




それは彼の叶えたいタイミングで


叶えられますので





ときどき



つつきながら



待つ。




メジロ君が約束するよって


自分から言うとき



時間がかかっても



必ず実行してくれます。



それを信じていることも



彼女のリクエストを


叶えてあげたいって思う要素かも。




でも


何度も言うけど



叶えてあげたいって気持ちに



させるために言ったらダメ。




コントロールを感じてしまうからね。



そうすると逆効果。



伝えたら


あとはどっちでも良いや位の



ゆるやかな気持ちで待つ。



それが大事。






それでもさ



私も



ほぼ


彼の都合に合わせて会っている。



日にちも曜日も時間も。





本当は






昼間から会いたいし


週一で会いたいし


土曜や金曜に会いたい。



お酒以外のデートもしたい。





それは遠慮しないで


伝えてるけど





彼は



彼の意思でそれを叶えない。




彼は叶えられないことは



出来ないときちんと言う。







物理的に叶えられないし


彼の価値観が違うからなんだ。






彼が考えた末に出した結果まで



こちらが無理やりコントロールは



出来ない。







そのときはこっちの番だ。





リクエストが叶えられなかったとき




負けたように感じる?



自分が我慢してる?






じゃあ私はどうしようか?って

考えてみる。





🍃





それでも一緒にいたいか


それとも


叶えられないなら別れるか?



----------------------




それでも私は一緒にいたい。


だって大好きだから。





私の心はそう言ってる。




だから



叶えられなかったときも


私は自分の気持ちを大切にしてるよ。




目先のリクエストの



そのず~っと先に



何があるのか?


どんな想いがあるのか?




それは



大好きな彼と一緒にいたい


きっとその気持ちですよね?






それを



自分に叶えてあげよう。




彼の都合や意志を尊重して


譲り合うことは




結局は


私の願いを叶えてることになる。



それは

負けてないし


我慢でもなくなる。






不思議ね(笑)







彼氏に遠慮しない。




結局



自分の本当の願いと


本当の私の姿と


私に対する彼の愛し方が




遠慮しないことで



分かったりするのだ。




良いことづくめだよ♡






でね




この先



環境や状況が変われば



そのムリなリクエストも



叶うことがあるかもしれない。






自分の理想や



思い通りにならないことで




イチイチ彼と別れを選んだら



それは永遠に叶わない。





でも



程よい距離感で繋がっていたら



捉え方で、どうとでもなる。





自分の根底にある想いを



大切にしていきたいね。




さて




今日も彼の時間に合わせたデート。




支度して楽しんできます❤





























































↑このページのトップヘ